YouTubeに高画質動画をアップロードできる形式はavi?mp4?

今回は「YouTubeに高画質動画をアップロードできる形式はavi?mp4?」についてご紹介をしていきます。

YouTubeに動画をアップロードするとなぜか画質が悪くなってしまう。。。画質が悪いから映像も汚いし小さい文字も読めない!

どうすれば高画質な動画をそのまま高画質でアップロードできるのか。その方法をご紹介しましょう。

 
目次

YouTubeに高画質動画をアップロードできる形式はavi?mp4?

拡張子がAVIの動画をアップロードすると高画質動画になる!いやいや、MP4の動画をアップロードすると高画質になるぞ!

という情報をよく見かけますが、実際のところ・・・

AVIもMP4も同じなんです。拡張子が違うからと言って高画質かどうかというのは判断できないんです。

そもそも動画を撮影した段階で高画質に録画できているかどうかでアップロードした画質は決まります。

元々画質の悪い動画を高画質にできない

アップロードする動画を高画質にするために拡張子を変換してからアップロードする人もいますが、それはすべて無意味です。

もともと画質が荒く、汚い低画質の場合はどんなことをしても高画質になりません。

元々が悪い状態ですので撮影方法を変えない限りは高画質にできないんです。

40万画素の昔のガラケーで撮影した写真を1000万画素に変換することは無理っていうのと同じです。

なので、高画質で動画をYouTubeにアップロードしたいなら高画質で動画を録画しないといけません。

SDではなくHDで撮影をする

アップロードする画像の解像度を確認しましょう。

1280×720以上の解像度であればHDの高画質でアップロードできます。

でも、アップロードする動画が1280×720以下のものであればHDではなくSDで自動変換されるので画質が荒くなってしまいます。

最低条件として1280×720以上の解像度で動画を撮影することが条件です。

ちなみに、もっと画質をアップさせたい場合は

  • 4K:3840×2160
  • 2K:2560×1440

4K動画をアップロードするには解像度が3840×2160以上必要です。

このようにYouTubeに動画をアップロードするときは解像度によって画質が決まることを確認しておきましょう。

 
いつもありがとうございます!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事のコメントを書く

コメントする

目次
閉じる