ドコモメールが勝手に消えるのはなぜ?原因と復元方法を知ろう

ドコモメールに保存していたメールが、ある日気づいたら勝手に消えていた!と、ビックリしたことはありませんか?大切に保存していたメールが無くなると、予定や情報など分からなくなって困りますよね。

ではなぜ、保存していたメールが消えるなんてことがおこるのでしょうか?

ドコモメールが消える原因や復元する方法について詳しく解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

目次

ドコモメールはクラウド対応

まずはドコモメールの仕組みを理解しておきましょう。

ドコモでは2013年、スマートフォン向けに展開していた『spモードメール』をクラウド化して、『ドコモメール』となりました。

クラウドとは?

ドコモメールの情報が保存されているのは、ドコモのサーバー(クラウド)です。あなた自身の個々のPCやスマートフォンではありません。

あなたは『ドコモメール』というメールソフトを使って、あなたのPCやスマートフォンでドコモのサーバー(クラウド)にアクセスして情報閲覧し、端末で表示しているだけなのです。

ドコモメールが勝手に消える原因

コモのサーバー(クラウド上)にドコモメールのデータは保存されています。

そのため、PCやスマートフォンになにか不具合(壊れたり、紛失したり)が起こった場合でも、ドコモのサーバに情報が残っているので、ドコモのIDやパスワードがあれば情報を引き出せます。

このため

  • データを削除した
  • 上書きした
  • 保存容量を超えた

など、何かサーバーで不具合が起こった場合に、メールが消えるなど影響を及ぼすことが考えられるのです。

ドコモメールが消えるタイミング

1.解約や解約に近い手続きを行ったとき

  • FOMA/Xi/5Gサービスの解約
  • 電話番号保管
  • spモード契約の解約
  • 改番
  • 名義変更

上記の手続きを行うと、クラウド上のデータはすべて削除され、復元できません。

電話番号保管とは

長期間番号を使わない(海外赴任・留学など)が、利用中の電話番号やメールアドレス(spモード)を残しておきたい場合、最大3年間保管できるサービスです。
手数料が1,000円かかります。

改番とは

利用中の基本契約内容をそのまま継続して、番号だけ変更(改番)するサービスです。迷惑電話や間違い電話などの自己都合ではない理由に限ります。ドコモショップで改番が可能か理由をきいた上で、判断しており、必ずできるわけではありません。
手数料は理由によって異なり、0円~2,000円かかります。

2.自分のUIMカードを別のUIMカードに差し替えたとき

ドコモUIMカードを、別の番号で契約しているドコモUIMカードに差し替えた時、その番号でドコモメールの利用設定があると、新たに入れたドコモUIMカード側の契約回線のクラウドサーバと同期されます。

そのため、すべてのデータが上書きとなり、消去されます。(端末上に保存されていたデータは残ります)

3.データ容量がオーバーしてしまったとき

ドコモのクラウドサーバは送受信合計で1GBまでしかドコモメールを保存できません。もし容量をオーバーしてしまった場合、一番古い日時のドコモメール(未読メールを含む)から自動的に削除されます。(※保護しているドコモメールを除きます。)

メール保護できるのはどれくらい?

ドコモメールが保存できるのは1GBですが、受信したドコモメールを保護できるのは約800MBまでです。

1GBという単位は
1KB(キロバイト)=1024バイト
1MB(メガバイト)=1024KB(約100万バイト)
1GB(ギガバイト)=1024MB(約10億バイト)

動作ごとの消費バイト数は以下の通りです。

動作 内容 消費バイト
メール 500文字 1024KB
動画視聴 5分 約10MB
音楽(ストリーミング再生) 1曲 約10MB
アプリ 1個 約100~200MB
ドコモメールの受信件数

初期設定では「最新300件」となっています。設定(『本文保持件数設定』と言います)は
・0件
・最新300件
・最新1000件
・最新5000件
・すべて
上記のいずれかを選択できます。

4.ドコモクラウドサーバーのデータに何かあった時

ドコモメールアプリのデータ取扱いには注意が必要です。

データ同期

対象のデータに対して、ドコモが定めるタイミングで、ラウドサーバと端末との間で同期が行われます。

ただし、

  • データ量が多い場合
  • 圏外
  • 電源断

など

通信ができない場合、一度に同期が完了しなかったり、正常に同期が行われない場合があります。

データ削除

対象のデータに対してクラウドサーバへの同期時に、以下の操作が反映されます。

  • 閲覧
  • 編集
  • 保護
  • 削除
  • 移動
  • フォルダ作成

など

端末で削除したデータは、クラウドで同期され次第削除されてしまいますので、過って削除した場合は注意が必要です。

ドコモメールを復元する方法

ここまで、ドコモメールが勝手に消える原因やタイミングについて確認してきました。それでは、消えてしまったメールを復元する方法はあるのでしょうか?

ここでは、ドコモメールが消えてしまった時あわてないよう、確認しておきたいポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1.ドコモメール設定を確認しよう

ドコモメールの通信設定で『本文保持件数設定』を行っていますか?

ドコモメールに接続したら、画面右下の「その他」へ。

「本文保持件数設定」へ進めます。

本文保持件数設定の件数は以下の種類から選べます。

本文保持件数設定

  • 0件
  • 最新300件
  • 最新1000件
  • 最新5000件
  • すべて

デフォルトの初期設定は「最新300件」です。

もし設定で0件にしていた場合、アプリ内のメール件数0なのでメールがない状態となりますので、「すべて」に変更してみましょう。

本文保持件数設定
無いと思っていたメールですが、サーバーにデータが残っていれば、端末に受信することができます。

2.ドコモのサーバーにデータがあるか確認しよう

直接サーバーにデータがあるかどうか、最新の情報を確認してみましょう。

メールの受信には、自動でサーバーに確認が行われる方法と、自分で更新操作を行い新着メールを確認する方法があります。

この時、サーバーにはメールが届いているのに、PCやスマートフォンで情報の更新がされておらず、一見情報が届いていないと思うことがあります。

対処方法
  • 「更新」ボタンを押して、新着メールの問い合わせをする
  • 電源を入れなおす

最新情報に更新した時、メールが受信できる可能性があります。

3.SDカードなど別媒体に保存されていないか確認する。(Androidのスマホのみ)

AndroidのスマートフォンはSDカードにデータを保存しておくことができます。(iPhoneはiCloudというクラウドサービスで保存します。SDカードは利用できません。)

SDカードに保存できるデータ
  • 画像
  • 音楽
  • 文書
  • アプリ
  • 電話帳(連絡先)
  • 通話・メール送受信履歴

など

ドコモメールが消えるのを防ぐには

一度サーバーから削除したり、更新して情報を上書きしてしまった場合、消えてしまったメールを復元することはできません。

普段から『消えないように予防をしておく』ということが大事になります。

最後にドコモメールが消えるのを防ぐための手順をご紹介していきましょう。

1.予防

自動受信設定をしておいて、サーバーからこまめに本体へデータを更新しておきましょう。

メール自動受信設定

【Androidの場合】
・ホーム画面でドコモメールに接続
・画面右下にある『その他』
・メール設定から『通信設定』を押す
・『自動通信設定』をONにする

【iPhoneの場合】
・設定(歯車マーク)を押し『パスワードとアカウント』を選択
・画面一番下にある『データの取得方法』を押す
・プッシュが『ON』になっているか確認

2.バックアップ

普段からデータのバックアップをしておいて、こまめにデータを残すようにしておきましょう。

バックアップ種類

【Androidの場合】
・Googleアカウントでデータを保存
・SDカードにデータを保存
・携帯キャリアのバックアップサービスで保存

【iPhoneの場合】
・iCloud でデータを保存
・デバイスをコンピュータに接続してデータを保存

3.普段からこまめに整理してメールを保護

不要なメールが増えてしまうと、必要なときに探せなくなってしまうことがあります。こまめに不要なメールの削除と必要なメールの保護をしておきましょう。

メール保護の方法

【Androidの場合】
・ホーム画面でドコモメールに接続
・メールの設定から保護したいメールがあるメールBOX(フォルダ)を選ぶ
・メールを選択し『保護』を選ぶ

【iPhoneの場合】
iPhoneにはメールを保護する機能はありません。しかし設定で保護と同じようにメールを残しておくことができます。

・保存したいメールを表示する
・『アーカイブマーク』を押す
・『メッセージをアーカイブ』を選ぶ
・保存したいメールがアーカイブフォルダに保存されます。

いつもありがとうございます!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事のコメントを書く

コメントする

目次
閉じる