はじめに安心して欲しいのは、LINEをブロックして相手を拒否したとしても、相手には『ブロックした』というお知らせが届くことはありません。

また、ブロックした相手は友だちリストに出てこなくなるため、心も穏やかに過ごせるでしょう。

ただ何点か、気を付けなければならない動作や影響が考えられます。

この記事ではLINEブロックをした時、自分や相手のLINEの動作には、どのような影響があるのか紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

【ヒルナンデスでも話題に】無料アプリをダウンロードしてポイントもらえるポイ活サイトがSNSで大ブーム!

【会員数800万人突破】無料登録でポイントもらえるキャンペーン実施中!13歳以上なら誰でも登録OK♪

モッピー!お金がたまるポイントサイト

↓ 私もモッピーのポイ活サイトで毎月たくさんポイント貯めてます♪


たった1分で無料登録できます!!今すぐポイント貯めよう!!

※ 1P=1円でポイント貯めることができ、楽天ポイントや、dポイント、Tポイントなどに交換できます。




1LINEブロックした相手とのやり取り動作別・できる/できない

1-1メッセージのやりとりはできない

ブロックをする前のトーク画面は以下です。

通常画面

次に相手をブロックをした後のトーク画面を見て下さい。

メッセージを入力する場所に『ブロック中』という表示が出てしまい、メッセージの送信ができなくなります。

しかし一方で、ブロックされた相手側はブロックしている相手にメッセージが送れています。

画面上の変化もありませんし、ブロックした側には『ブロックされたよ!』という表示も通知もされません。

そして、ブロックをされたことを知らずにメッセージを送り続けると、未読のメッセージが連打で積み上がります・・。

未読連打

まとめると

  • ブロックした側:ブロックしているためメッセージは送れない
  • ブロックされた側:見た目では、まったく影響はないが、実際にはメッセージが届いていない

という状態になるのです。

 

1-2過去のメッセージは消さない限り確認できる

ブロック相手からはブロック以降のメッセージは一切とどかなくなります。
ただしブロック以前のトーク履歴は、そのまま確認ができます。

1-3グループの中だとメッセージはやりとりできる

ブロックをしている相手がグループのメンバーに含まれている場合、ブロック関係なくメッセージが送れます。

1-4LINE通話ができない

相手をブロックしているときは、リストから消えてしまうので、自分から相手にLINE通話で発信すること自体ができなくなります。

1-5タイムラインは更新されない

タイムラインに今まで更新されていた相手の投稿はすべて表示されなくなります。
ブロックされた場合、自分のタイムラインからブロックされた相手のすべての投稿が消えてしまいます。

1-6さまざまなプレゼントができなくなる

ブロックされた場合

  • スタンプ
  • 着せかえ
  • 絵文字

これらのプレゼントができなくなります。

※ただし相手がすでに同じプレゼントを持っていた場合でも『プレゼントできない』という動作がおこります。

1-7LINEのゲームは一定の範囲で制限がかかる

ブロック側(拒否した側)

相手がランキングやリストから消えます。
プレゼントやメッセージなど送れなくなります。

ブロックされた側(拒否された側)

表示や動作かわりません。
プレゼントやメッセージなど送れます。

1-8LINE Payでお金を送れない

友だちを選択するとき、ブロックしていると相手の表示自体出てこないため、LINE Payでお金を送ることはできません。
しかしトークと一緒で、ブロックされた側はブロックした側(あなた側)にお金を送れます。

1-9LINEギフトはプレゼントできる

ブロックされている相手(あなたを拒否した相手)にLINEギフトを贈れます。
しかし、メッセージや通知は届きませんので、相手がLINEギフトの受け取りをしないかぎり、ずっと気づかれない可能性も考えられます。

【注意:ギフトとスタンプ(絵文字・着せ替えなど含む)の違い】

友だちにプレゼントできるものとして、ギフトやスタンプがあります。

ブロックされていた場合、ギフトは贈れますがスタンプは送れないという特徴があります。

 

  • LINEスタンプとは
    LINEアプリを通して友達にスタンプを有料・無料で取得し、LINE上で送ることができる仕組みです。

ラインスタンプ

 

  • LINEギフトとは
    LINEアプリを通して友達にさまざまな物販品(プレゼント)を購入し、LINE上で贈ることができる仕組みです。

ラインギフト場所

 

2LINEブロックした相手を完全に消してしまいたい場合

削除

2-1ブロックしたのち、相手を削除する

LINEブロック削除とは、拒否したい相手をブロックしたあと、ブロックリストから情報を消しさってしまう方法です。

ブロックした段階でおこっているのは、ブロック相手を自分の目にふれない別の場所に移し替えただけであり、実際にまだ、情報は存在している状態なのです。

したがって、元のリストに戻そうと思えば戻せます。(このことをブロック解除といいます)

しかしLINEブロック削除の場合、友だちの情報を完全に消してしまい、LINEでつながる前と同じ状態にしてしまうのです。

2-2ブロックリストからの削除だけでなく、トーク履歴も削除する

相手の情報が残っていると不愉快なので、完璧に情報を消し去りたい!と思うなら、トーク画面も消去をすれば完璧でしょう。

ただし元に戻したくなった場合、LINEトーク履歴の復元作業を行わなければなりません。

この場合、あらかじめバックアップをとっておくことが必要ですので注意しましょう。


3LINEブロックで消した相手をやっぱりもとに戻したい場合

LINE削除を行ってしまったあとで、友だちとしてもとに戻すには、なかなか手間がかかります。

そのため、ブロック後に削除を行う場合、慎重に、よく検討してから行うようにするとよいでしょう。

ここではなんらかの事情ができてしまい、LINEブロック→削除に至った友だちを、LINE友だちに戻す方法をお伝えしていきます。

3-1過去のトークルームを使う

トーク履歴が残っていれば、簡単に元に戻せます。
しかしトークを削除していた場合、バックアップからトーク履歴の復元を行ってから、友だち追加となるため、非常に手間がかかります。

 

簡単なトーク履歴のバックアップ方法
  • ホームから設定に入り、トークを押します。
  • トークのバックアップを選び、バックアップ頻度を押します。
  • 自動バックアップをオンにします。
  • バックアップ頻度を押し、自動でバックアップする頻度を選びます。

これで設定は終了です!

 

 

3-2共通の友だちから削除した相手のアカウントを紹介してもらう

共通の友人がいる場合、削除してしまった相手のアカウントを友人からトークルームで教えてもらう方法があります。

  1. 共通友人があなたとのトーク画面を開く
  2. トーク画面左下の+から連絡先を選択
  3. LINE友だちから選択を押す

 

4.紹介してもらいたい(削除した)アカウントを選んで送信

5.あなたとのトーク画面に共通友人が紹介で選んだアカウント(削除した相手)が届く

6.届いたアカウントを押す

7.追加を押せば完了

 

3-3ID・電話番号・QRコードを使う

相手の情報を控えておいたなら、自分だけの操作で『友だち追加』をすればもとに戻せるので非常に簡単です。
ただし、削除した相手が友だち追加を許可していなかった場合は、利用はできません。

 

ブロックしただけでは相手にバレることはほぼ無い

相手をブロックしたことによって、相手にお知らせやメッセージなど知らせが届くことはないため、普段はブロックに気づかないことが多いでしょう。

ただ一定の動作からブロックの存在がわかってしまったとき、自分側にも相手側にも動作だけでなく、少なからず他の影響がでることも考えられます。

ブロックする前、削除する前は、より慎重に検討を重ねることが必要だ、と言えるのではないでしょうか。