LINE

自分のLINE IDが悪用されてるかも?確認・予防・対策する方法

LINE ID(正しい呼び名はアカウント)が悪用された場合、どんな事が起きるのでしょうか?

今までに起きた事例から、被害の内容と、乗っ取られていないかの確認方法、予防策をご紹介していきます。



1. どういった状況でLINE IDを悪用される恐れがあるのか?

LINEのログインIDとパスワードが判明してしまい、第三者に悪用されている場合は、ご自分のLINEと繋がっている友達に被害が出る可能性があります。

乗っ取ったアカウント主を装った悪意の第三者は、アカウントに紐付けされたユーザーたちに、電子マネーを買ってきてほしいとか、ウィルスがタップリ入ったアプリをダウンロードしてほしいと、被害を与えていきます。

アプリをダウンロードしてしまった方は、個人情報が抜き取られ、ネット犯罪者のカモリストに乗ってしまいます。

普段から連絡を取っていない相手には、あまり被害は出ないかもしれませんが、普段から繋がっている人には、被害が出てしまうことが多いです。

成りすました第三者は、電話番号やSMS認証番号を聞き出し、悪用するといった被害報告がされているとLINEが発表しています。(2015年)

一時話題になりましたので、今は騒動が収束したかのように見えますが、様々な手口でいまだに被害は出ているようです。

2. LINE IDが悪用されているか確認する方法・予防する対策方法



LINE IDの不審者確認方法

スマホ版LINEから、外部の端末がログインしているかどうかを調べることで確認できます。

確認方法は、ホーム画面から【・・・】をタップします。

《設定》をタップします。

 

《アカウント》をタップします。

《ログイン中の端末》をタップします。

《現在ログイン中のPCはありません》と表示された場合は、アカウントは乗っ取られていません。

ご自分のPCでない、違うPCが表示されている場合は、アカウントが乗っ取られている可能性があります。

心当たりがないPCがログインしている場合は、すぐに《ログアウト》をタップし、登録メールアドレスとパスワードを変更しましょう。

乗っ取り予防対策

LINEのパスワードを推測されにくいものにする。

ユーザーIDやパスワードを特定されて、アカウントを乗っ取られるケースが多いです。ですので、LINEのログインIDはパスワードを使いまわしていない複雑なIDにしましょう。

LINEパスワード変更の方法は・・・

ホーム画面から【・・・】をタップします。

《設定》をタップします。

《アカウント》をタップします。

 

《メールアドレス変更》をタップします。

《パスワード変更》をタップします。

現在使われているパスワードを入力して、新しいパスワードに変更してください。

乗っ取られている可能性のある相手には情報を与えない。

ご自分の友達が乗っ取り被害にあっている可能性もあります。

何か変な日本語、普段のテンションじゃない相手、ちょっとおかしいなと思ったら、ご自分の情報は何も与えるべきではありません。

友達に他の方法で連絡してあげるなど、確認を取ってみるべきです。

ログイン許可の設定をオフにする。

スマホ版LINEアプリで、ログイン許可の設定をオフにすることで、PCやiPadから、LINEにアクセスすることを制限できます。

※この設定をすると、当然ですが、ご自分のPC版LINEソフトからもログインは出来なくなります。

LINEを起動します。右下の【・・・】マークをタップします。

右上の《設定》(歯車マーク)をタップします。

《プロフィール》をタップします。

下にスクロールし、《IDで友だち追加のオプション》をオフにします。

以上で、PCやiPadなど他の端末から、このアカウントにログインすることが出来なくなります。

3.まとめ

LINEなどのSNSは、繋がりを増やすためのツールですので、中には迷惑な人と繋がってしまう場合もあります。

大人数とつながりを持つSNSなどのパスワードは、ご自分が普段から使っているものを使うと、パスワードを特定されたときに、出る被害は計り知れません。

IDを乗っ取られたときのためにも、SNS系のパスワードは、普段使いのものではないパスワードにすることを、おすすめいたします。