iPhone/Apple

iPhoneの画面を消えないように付けっぱなしにしたい時の設定方法

iPhoneの画面はつけっぱなしにしておくとバッテリーの消耗が早くなるので、なるべく消しておきたいという人もいると思います。

しかし、その逆に「iPhoneの画面がいちいち消えるのがうざい!」という悩みを持った人もいると思います。iPhoneでは初期設定で一定時間画面にタッチしなければ画面が消えるようになっています。

今回はiPhoneの画面をタッチしなくても、ずっと点灯させておく設定方法を、実際の手順画像を見せながら一緒に解説していきます。



iPhoneの画面をつけっぱなしにする方法

iPhoneで画面をつけっぱなしにしたい理由は「いちいちロック画面になって、パスコードを入力するのがめんどくさい!」という理由だとおもいます。

そんなときにできる対処法としては2つあります。

対処法
  • 勝手に自動ロック(スリープ状態)にしない
  • パスコードを入力せずにiPhoneを使えるようにする

この2つについて解説していきます。

iPhoneの自動ロックをOFFにする方法

まずはiPhoneを操作してないときに自動ロック状態(スリープ状態)にしない方法についてです。ちなみに私も職業柄、iPhoneをよく利用するので自動ロックをしない設定しています。

バッテリーの消耗は多少早いかもしれませんが、いちいちロック画面になるよりはマシなので、同じようにiPhoneの画面をつけっぱなしにしておきたい方にはオススメです。

step1.「設定」を開く

step2.「画面表示と明るさ」をタップ

設定メニューの中から「画面表示と明るさ」をタップします。

step3.「自動ロック」をタップ

メニューの中から「自動ロック」をタップします。

step4.「なし」をタップする

30秒/1分/2分/3分/4分/5分/なしという表示が出てきます。これらは、iPhoneを操作しない状態で放置しておくと画面がロック状態に切り替わるまでの時間を表しています。

たとえば、30秒にするとiPhoneを操作しない状態で30秒待つと自動的にロック画面に切り替わります。初期設定では1分になってりるので、iPhoneの画面をつけっぱなしにしたい場合は「なし」にしておきましょう。

もちろん、「なし」にしてもバッテリーがなくなるまで画面が強制的に点灯し続けるわけではありません。

iPhone6以前の機種であれば上部ボタン、iPhone6以降であればサイトボタンを押すことで画面を手動でロック状態にすることができます。

パスコード要求までの時間を設定する方法

次にパスコード要求までの時間を設定する方法について解説します。「画面がロック状態になるたびにパスコードの入力をするのがめんどくさい!」という方は、以下の設定でパスコード要求までの時間を調節することができます。

step1.「設定」を開く

ホーム画面から「設定」を開きます。

step2.「Touch IDとパスコード」をタップする

設定メニューの中から「Touch IDとパスコード」をタップします。Face IDが搭載されている機種であれば、「Face IDとパスコード」をタップします。

step3.iPhoneのロックを解除のスイッチをOFFにする

iPhoneのロック画面でTouch IDやFace IDを利用をONしている場合は、画面をロックするたびに本人認証のための動作(Touch IDやFace ID)が必要になります。

そのため、もし画面ロック状態からTouch IDやFace ID、パスコードなどの入力なしにiPhoneを即時利用したい場合は、「iPhoneのロック解除」のスイッチの部分をOFFにしておきましょう。OFFにすることで、ロック画面でのTouch IDやFace IDの機能を停止することができます。

step4.「パスコードを要求」をタップ

下にスクロールしていき「パスコードを要求」をタップします。

step5.パスコード要求までの時間を選択する

iPhoneのロック状態をパスコードで解除してから、「どのくらいの時間が経過すると、再度パスコードの入力が求められるか?」を設定することができます。

たとえば、「即時」に設定するとiPhoneがロック状態になるたびにパスコードの入力が求められます。「1時間」にすると、パスコード入力から1時間以内であれば、ロック状態になってもパスコードの入力はなしでiPhoneを利用することができるようになります。

step4で解説したように、ロック解除にTouch IDやFace IDを使えるように設定している場合は「即時」のみしか選べず、ロック状態になるたびにパスコードの入力が求められます。

つまり、パスコードのみを有効している場合のみ、時間を設定できるということです。

画面の自動OFF設定は戻しておこう

iPhoneを頻繁に利用する方にとっては、画面が自動的に消えてしまう機能は鬱陶しいと思います。しかし、画面の自動OFFの機能にはiPhoneのセキュリティを向上させたり、バッテリーの消費を少なくする役割があります。

もし、自動ロックの必要がない場合は紹介した設定は元に戻しておきましょう。その理由をもう少し簡単に解説します。

バッテリーの消耗が早くなるのを防ぐ

iPhoneはバッテリーを充電するたびに、バッテリーの寿命が縮んでいきます。そのため、iPhoneを長期的に利用するのであれば、なるべく1日にバッテリーを何度も充電しなくていいようにすることが大切です。

iPhoneの自動ロックをOFFにしていると、切り忘れによりずっと画面が消えない状態になってしまうことがあります。それが結果的にバッテリーの消耗につながってしまいます。

たとえば、仕事前にiPhoneを使用し、始業と同時にiPhoneをロッカーに入れ8時〜12時の間は仕事をしていたとします。

iPhoneを手動でロック状態にしていなければ、iPhoneはつけっぱなしになるのでその間バッテリーの消耗が激しくなり、お昼休みにiPhoneをみると大幅にバッテリーが減ってしまっているということもあり得ます。

そのため、iPhoneの自動ロックを「なし」に設定るすのであれば、常に自分でiPhoneをロック状態(画面をOFFにする)にする必要があります。

第三者の不正利用を防ぐ

自動ロックを「なし」に設定すると、セキュリティ上の問題もでてきます。iPhoneはいろいろな機能があるので、生活にとって重要な要素の一部になっていますよね。

たとえば、

  • プライベートな写真
  • 個人情報
  • おサイフケータイ
  • クレジットカード情報
  • 知り合いの連絡先

などなど他人にみられたくないものや、勝手に利用されると大問題になるものまであります。

もし、自動ロックを「なし」にして画面がつけっぱなしのままiPhoneを盗難・紛失すると第三者による不正利用により被害を受けてしまう可能性があります。

そのため、不用意にiPhoneの自動ロック設定を「なし」にするのではなく、「自宅にいる時だけ」などと限定するといいでしょう。



まとめ:自動ロック解除は簡単!セキュリティ管理は注意しよう

今回紹介した方法で、iPhoneの画面が勝手に消えることはなくなります!

しかし、iPhoneの画面がつけっぱなしになることデメリットとしては下記の2つがあります。

自動ロック解除のデメリット
  • バッテリーの消費が早くなる
  • セキュリティの安全性が低くなる

このデメリットがあることを理解し、外出先など不正利用される可能性がある場所でiPhoneを利用する場合はiPhoneの設定を元に戻しておきましょう!