今回は「iPhoneでYouTube動画が見れない時の原因と解決方法」についてご紹介をします。

  • 全然見れない!
  • iPhoneで動画見たくても
  • なかなか再生されずにうざい!

iPhoneでYouTube動画が見れないのはどんな原因があるのか?

その場合はどのように解決をすればいいのか。

調べてまとめてみました。

 


iPhoneでYouTube動画が見れない時の原因と解決方法

iPhoneで動画が見れないと言ってもいろんな原因が考えられるし、解決法も原因によっては変わるので、原因として考えられるものからピックアップしてご紹介します。

1.YouTube動画が削除された

前からお気に入りだった動画が、いきなり前触れもなく削除されていることがあるんですよね。

「エラーです。再生できません」

と表示されるだけで、動画が見れないだけなのか削除されて見れないのかが分かりにくい時もあります。

一度動画のタイトルで検索をしてみると一発でわかりますね。

もしかすると似たような動画が他にアップロードされてるかも。

たまに同じ動画が3つも4つもアップロードされてる時があるので、1個消されても大丈夫な場合もあります。

2.ネットの環境があまり良くない

動画が見れないというのは再生ができているけど、途中で止まったりカクカク動いたりして、スムーズに見れないことでしょうか?

であれば、ネット環境が悪い可能性が非常に高いです。

動画はかなり通信量が必要なので、ネット環境が悪ければ読み込みも遅いし、画質も悪いし、途中で止まることも多々でてきます。

その場合は、ネット環境が良い場所に移動するしか方法は無いですね・・・

一度スマホの電源を切って再起動をしたり確認するとたまーに接続が良くなることもあります。

一度お試しください。

3.アプリアップロードでiOSに未対応

iOSって更新をすると昔の機種になると、かなりモサモサして使い物になりませんよね。

iPhoneが最新のモノでない場合、iOSを更新せずに使い続けてる場合、そして、YouTubeアプリを最新に更新してる場合、

iOSとアプリの互換性が取れなくなり、YouTubeアプリが開かなくなり動画が見れないというケースもあります。

もし、その場合であれば、iOSを最新の状態にするか、YouTube動画を再生できる公式アプリ以外の他のアプリを使う必要が出てきますね。

他のアプリであれば昔の機種であったとしても対応されていることが多いです。

4.iPhoneなのにモサモサしている

iPhoneを定期的に電源切ってますか?

電源つけっぱなしで充電したり何日も使い続けてませんか?

たまには電源を消して再起動してあげてくださいね。

iPhoneも機械ですし、24時間ずーっと動き続けてます。

データやキャッシュなども保存蓄積されてiphone内部がいっぱいいっぱいになってただ単純に読み込み速度が遅くなっているだけの可能性もありますね。

その場合は、一度電源を消してリセットし、再起動をすればサクサクに戻り、動画もスムーズに見れます。

まとめ

iPhoneでYouTubeが見れない!

という一言だけでは具体的にどんな原因で見れないのかがわかりにくいので、思い当たる原因と解決策をずらりとまとめてみました。

この中で解決策があれば幸いですし、もしなければ遠慮なくコメントからご相談ください。