iPhone/Apple

iPhoneのiOSアップデートをWi-Fi無しでもできた4つの方法とは?

「Wi-Fiが無いからiPhoneをアップデートできない」という人がiPhoneをアップデートをする方法をまとめました。

せっかく購入したiPhoneなので、どうせなら最新の状態にしたいですよね。しかし、家にWi-Fi電波が無い人だっています。

でも安心してください。家にWi-Fi電波が無くても、iPhoneのアップデートする方法はあります。今回の記事をぜひ参考にしてください。



iOSのアップデートにはWi-Fiが必要、但しダウンロードさえすればWi-Fiは不要

iPhoneのアップデートにはWi-Fiが必要です。

iPhoneのアップデートは、アップデートファイルのダウンロードと、更新の二段階に分かれています。Wi-Fiが必要とされているのは、アップデートファイルをダウンロードする前半だけで、後半はWi-Fi電波が無くても実行できます。

Wi-Fi無しでもアップデートをする方法

自宅にWi-Fi環境が無い人が、iPhoneのiOSをアップデートする場合、4つの方法があります。

Wi-Fi無しでアップデートする方法
  1. iTunesを通してアップデート
  2. キャリアのWi-FiスポットやフリーWi-Fiを使う
  3. 白ロムにSIMカードを刺してテザリング
  4. カフェ等Wi-Fi設備が使える店舗

自宅にWi-Fiが無いという人は、インターネットに接続したパソコンでitunesを使うか、ダウンロードの短い時間だけ利用出来るWi-Fi電波を探せばいいという事です。

4つの方法をそれぞれ解説するので、自分に合った方法でiPhoneをアップデートしましょう。

iTunesを通してiPhoneiOSを更新

iTunesを使ってWi-Fi電波が無くてもiOSの更新が可能です。

iTunesは古いmacOSのパソコン(マックブック等)WindowsPCで利用できます。iTunesはiOSの更新だけではなく、iPhoneのバックアップが簡単に出来るので、データが破損した時はバックアップから復旧できます。

自宅にインターネットに接続出来るパソコンがある人は、一度iTunesを試してみましょう。

iOSアップデート前のバックアップ作成方法

iPhoneのバックアップは、5つのステップで簡単に作成できます。

iOSのアップデート、特に最新版のリリース時に不具合はよくああります。不具合にひっかかる事自体は稀なケースですが、いざという時の為に、バックアップを作成しておきましょう。

iTunesでバックアップを作成
  1. iPhoneとパソコンをLightningケーブルでつなげる
  2. iTunesを起動
  3. iTunes内にあるiPhoneのアイコンをクリック
  4. 画面のバックアップの項目に表示されている「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れる
  5. 「今すぐバックアップ」をクリックしてバックアップ作成

この5つのステップで、バックアップデータが作成できます。

初めてバックアップを作成する時は、途中でパスワードを設定します。設定したパスワードを忘れるとデータの復旧ができなくなるので、必ず忘れないパスワードにするか、メモを取る等してください。

iTunesを使ってiOSをアップデートする手順

バックアップデータを作成したら、次はiOSのアップデート作業に進みます。

iTunesでiOSをアップデートする手順
  1. iPhoneとパソコンをLightningケーブルでつなげる
  2. iTunesを起動
  3. iTunes内にあるiPhoneのアイコンをクリック
  4. 画面左側にある「概要」をクリック
  5. 画面右の「更新プログラムの確認」をクリック
  6. 「ダウンロードしてアップデート」が表示されたら選択
  7. 以後画面の指示通りに進めていく

今回紹介しているのは、Windows版iTunesの操作方法です。

Windows版とmacOSのiTunesは、若干表記が異なる部分がありますが、操作で大きく違うところはありません。

iPhoneのiOSアップデート時の不具合で、「文鎮化」という現象があります。文鎮化は、一切の操作を受け付けなくなる不具合ですが、iTunesでバックアップデータを作成しておくと復旧・リカバリーできます。

自宅にインターネットが利用出来るパソコンがある人は、是非iTunesを使ってiOSのアップデートをしてください。

 新しいmacOSはFinderを使用

パソコンを経由してiPhoneをアップデートする場合、iTunesが有名ですが、新しいmacOS「Catalina」の場合は、iTuneではなく「Finder」を利用します。

FinderはmacOS専用ですが、使い方に大きな違いはありません。

FinderでバックiOSをアップデートする手順
  1. Finderの左にある「iPhone」をクリック
  2. 画面上部の一般をクリック
  3. 「アップデートを確認」をクリック
  4. iOSの最新版が表示されるので「アップデート」をクリック

この4ステップでアップデートが完了します。

キャリアのWi-FiスポットやフリーWi-Fiを利用する

DocomoauSoftBankの携帯電話各社は、Wi-Fiスポットを設置しています。

Docomoユーザーやauユーザー、SoftBankユーザーは、それぞれのWi-Fiを無料で使えるので、街中のWi-Fiスポットを利用してiOSのアップデートをしましょう。

 d Wi-Fi以外は有料

d Wi-Fiは全ユーザーが無料で利用できますが、auやSoft BankのWi-FiはauユーザーとSoftbankユーザー以外は数百円かかります

格安simを利用しているユーザーは、無料で利用出来るd Wi-fiを利用すると良いです。

参考までに携帯キャリア各社のWi-Fiの料金です。

携帯キャリア 料金
Docomo
  • 全ユーザー無料

*Docomoユーザー以外、dアカウントの登録とdポイントカード発行が必要

au
  • auユーザー基本無料
  • Wi2 300 for auマルチ デバイスサービス 月300円*

*auユーザー以外は必須

SoftBank
  • フラット型データ定額サービスプラン:無料
  • その他定額サービス・プラン:月467円*

*加入から2年間無料

d Wi-Fiの利用に必要なdアカウントやdポイントカードは、ドコモショップで発行できます。

近場や行動範囲にドコモショップが無い人は、dアカウントはインターネットから、dポイントカードはローソンやファミリーマートと言ったコンビニで発行できます。

白ロムにSIMカードを挿してテザリング

白ロムの端末を利用してiOSのアップデートができます

契約していないスマホや既に解約したスマホ、例えば機種変更やMNPをして使用していないスマートフォンの事を、白ロムと呼びます。テザリングは、スマホ端末を即席のWi-Fiルーターにできるサービス・機能です。

これまでiPhoneを使い続けてきたユーザーであれば、iPhone5cや5sを含めたそれ以降の機種がテザリングに対応しています。ロックを解除した端末にSIMカードを挿せば、テザリングが利用できます。

  1. インターネット共有をタップ
  2. 「ほかの人の接続を許可」を有効

2ステップでiPhoneのアップデートができます。

テザリングと言ってもギガを使う事になるので、ギガが足りない状況にならないように注意する事と、テザリングが可能な端末と不可能な端末があるという二点に注意しましょう。

ドコモ以外のテザリングは有料

端末をモバイルWi-Fiルーターに出来るテザリングは、ドコモは無料で利用できますが、auやソフトバンクは契約プランにもよっては無料ですが、基本的に500円のオプションです。

ドコモユーザーの方は、テザリングを利用したiOSのアップデートを手軽にできますが、auやソフトバンクユーザーは料金がかかる可能性を覚えておきましょう。

カフェや家電量販店のWi-Fiを利用する

スターバックスやドトール等のチェーン店のカフェや、家電量販店でWi-Fi電波を利用できます。

友人や恋人とのちょっとした休憩の間に、アップデートファイルのダウンロードが出来ます。Wi-Fiルーターやキャリアのwi-fi契約をするのとは違って、「ついで」にアップデートが出来るのは地味に大きいですね。

カフェみたいなお洒落なお店が苦手な人は、家電量販店のWi-Fiを利用するのも良いです。

 無料でWi-Fiが使えるカフェ10店と家電量販店3店

スターバックスやドトールでと言ったカフェを例として挙げましたが、日本で展開しているチェーンのカフェ店は、簡単に接続出来る店と、設定や登録が必要な店の二種類あります

【簡単に接続可能なカフェ5店】

  • スターバックス
  • タリーズ
  • ルノアール
  • WIRED CAFE
  • サンマルクカフェ

この5つのカフェはWi-Fi電波にロックはかかっていないので、iPhoneの設定からWi-Fiをタップして、各店舗の電波を選べば接続できます。

【設定や登録が必要なカフェ5店】

  • 上島珈琲
  • エクセルシオール
  • コメダ珈琲
  • ドトール
  • ベローチェ

この5つのカフェはWi-Fiの利用に、バーコードを読み取りやメールアドレスの登録、ゲストコードの取得等の手順が必要です。

簡単に接続可能なカフェ5店が無い場合は、こちらの5店を選べば良いですね。

【フリーWi-Fiが利用可能な家電量販店3店】

  • ヨドバシカメラ
  • ビッグカメラ
  • 上新電機

この3店舗は、フリーWi-Fiを一般向けに開放しています。家電・電化製品が好きという人は、商品を色々見ながらiOSのアップデートできます。



iOSアップデートはWi-Fi無しでもできる!Wi-Fi契約してない人も安心して

今回はWi-Fiが無い人の為のiPhoneiOSやアプリのアップデート方法について解説してきました。

まとめると次の通りです。

方法 特徴
iTunesでアップデート
  • iOSの更新だけではなく、バックアップデータも作れる
  • いざという時に復元できる
  • Wi-Fiルーターを購入すれば自宅では動画見放題等のメリットもある
キャリアのWi-Fiスポットでアップデート
  • d Wi-Fiは完全無料
  • auとSoftBankは各ユーザー以外は有料
白ロムのテザリングでアップデート
  • 利用していない端末が必要
  • テザリングが出来る端末と出来ない端末がある
カフェ等のWi-Fi設備がある店舗でアップデート
  • 日本中にあるのでアップデート出来るところが多い
  • 店舗によって簡単か手続きが必要かが分かれる

以上4つのやり方の中から、自分にとって一番やりやすい方法を使えば、自宅にWi-Fiが無くてもiPhoneのiOSはアップデートできます

注意しなくてはいけないのは、無料で利用できるWi-Fiだからと言って出所の分からないWi-Fi電波は利用しない事です。

大事なiPhoneを守る為にも、上手にWi-Fi電波を選んで、スムーズなiPhoneのアップデートを実現してくださいね。