今回は「【エラーが発生しました】YouTube動画が見れない原因」についてご紹介をしていきます。

エラーが発生しました。しばらくしてから後でもう一度お試しください。

という表示が出てきて動画が砂嵐となってしまい見れなくなりました。

この場合は何が原因なのか、どんな対処法をすればいいのか。

また、パソコンやスマホ、WindowsやMacなどそれぞれの状況でも同じような症状がでているそうです。

エラーが起こる原因は主にこんな感じ。
  • Youtube側に問題がある
  • 利用者側のネット回線の環境に問題がある
  • 利用者側のデバイスに問題がある
  • アクセス集中などの避けられない一時的な問題

エラーを解消するために行うべきことは、まず原因の特定です!原因がわかればそれに合わせた対処法を行うだけです。逆に原因がわからないと、対処のしようがありません。

今回の記事では「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示されたときの原因として考えられることと、対処法について解説します。

 

「エラーが発生しました。しばらくお待ちください」とは?

Youtubeをみていると、クリックした動画が見れないことがあります。Youtubeが見れないときに画面に表示されるものには下記のようなものがあります。

Youtubeが観れない原因
  • 読み込みのグルグルがずっと表示されている
  • 投稿者によって動画が削除されている
  • 投稿者のチャンネルが削除されている
  • 権利申立によって動画が削除されている
  • 日本では見れない動画になっている
  • 公開範囲が限られている
  • 「エラーが発生しました」という表示がでる

この中で原因が特定しにくいのは、「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」という文章が表示されたときですよね。「エラーって何が原因なの?」と感じると思います。

結論からいうと、この表示がでたときには、いくつかの原因があります。

原因の特定はある程度自分で探ることができるので、「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」という表示がでたときの考えられる原因と対処法について解説します。



エラーが発生する8つの原因

まずは「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示されたときの、考えられる原因についてです。

考えられる原因
  • Youtubeの読込みエラー
  • ネットワークの設定ミス
  • ネットワークの回線トラブル
  • ネット回線が速度制限にかかっている
  • ネットが混雑している時に利用している
  • Youtubeアプリの不具合
  • スマホのストレージに空きがない
  • 高画質設定で読込みに時間がかかっている

これらの原因について解説していきます。

Youtubeの読込みエラー

Youtubeは動画をクリックすると読込みが開始されます。その読込みの最中に何らかのトラブルによって、動画が読込めないことがあります。

高画質な動画や、長時間の動画で起こりやすいエラーで、再試行によって解決することがほとんどです。もしくはネットの通信速度が遅いことや、回線トラブルによって起こっている場合もあります。

Youtube側のトラブルとして、アクセスが集中していたり、サーバーがトラブルを起こしているということも考えられるエラーです。

ネットワークの設定ミス

ネットワークの設定ミスによってYoutubeにエラーが発生することがあります。

たとえば、iPhoneの「機内モード」を押してしまって、ネット回線が切れてしまったり、ネット通信がOFFになっていたりしていないか確認してみましょう。

よくあるのが、デバイスが勝手に知らないWi-Fiを検知してしまい、接続しようとしてネット回線が不安定になるというパターンです。指定したWi-Fi以外は接続しないような設定に変えておきましょう。

ネットワークの回線トラブル

自分が利用しているネット回線のトラブルによってエラーが起こっている可能性があります。たとえば、docomoのiPhoneで4G回線を使ってYoutubeをみているときにエラーが起こったとします。

もしdocomoの回線が大規模なエラーに陥っている場合、それが理由でYoutubeで「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示されることがあります。

自分が利用しているネット回線が正常に機能しているか確認してみましょう。

ネット回線が速度制限にかかっている

ネット回線に速度制限がかかっている場合や、Youtube視聴中に速度制限にかかった場合にエラーが起こる可能性があります。

3G/4G/LTEやWi-Fiなど、利用しているプランによって一定のデータ通信量を超えると速度制限がかかる場合があります。

たとえば、私はポケットWi-Fiを利用しているのですが、3日間のデータ通信量が10Gを超えると、速度制限がかかる仕様になっています。※速度制限の条件は個人が契約しているプランによって異なります

Youtube視聴中に速度制限がかかった場合、いきなり通信速度が遅くなるので、一気に読込みが遅くなって「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示され再生が止まることがあります。

ネットが混雑している時間に利用している

ネットが混雑する時間帯に利用している場合も、データ通信が遅くなる場合があります。そのために「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示されることがあります。

具体的には下記のような時間帯はネットが混雑しており、Youtubeが一時的に重くなる可能性があります。

時間帯原因
8:00~10:00
  • 通勤、通学時のスマホ利用
  • 朝一のスマホ利用
12:00~13:00
  • 会社のお昼休憩時のスマホ利用
18:00~19:00
  • 帰宅ラッシュ時のスマホ利用

Youtubeアプリの不具合

iPhoneなどのスマホで、Youtubeのアプリを利用して視聴している場合はアプリ側の不具合という可能性もあります。

たとえば、アプリのバージョンが古かったり、iPhoneのOSのバージョンが古かったりすると、システムがうまく起動せずにエラーが発生することがあります。

アプリやiPhoneのバージョンを最新に保つことで解決できる問題です。

スマホやパソコンのストレージに空きがない

スマホやパソコンのストレージに空きが少ないと、Youtube動画を再生するときにエラーを起こす可能性があります。

スマホやパソコンには「キャッシュ」という機能があります。「キャッシュ」とは一度開いたページを簡易的に保存することによって、再度同じページを開いた時に読込みスピードを早くするための機能です。

キャッシュの機能によって、データ通信量を削減できるというメリットがありますが、キャッシュを保存するためにはデバイスのストレージを利用します。

そのため、iPhoneやAndroid、パソコンなどのストレージが少なくなっている場合は、キャッシュを貯めるための空きがなくなっているため、ページの読込みが遅くなってしまいがちです。

ストレージに空きを作ることで、読込みスピードを解消することがあります

高画質設定で読込みに時間がかかっている

Youtubeは画質選択をすることができ、最低は144p〜2160p(4K)までの画質を選択することができます。画質の選択は動画の投稿者によって選択できる範囲が異なります。

高画質と呼ばれている720p(HD)、1080p(FHD)、2160p(4K)でYoutubeを視聴していると、その分データ通信量が多くなります。その結果として読込みにも負荷がかかり、読込みエラーの原因となることがあります。



エラーが発生した場合の8つの対処法

Youtubeが観れないときの原因に、当てはまるものはあったでしょうか。原因が特定できれば対処法も見えてくると思います。

次は、Youtubeが観れないときに試してみるべき対処法について解説します。下記の事項をとりあえず試してみたり、原因にあった対処法を参考にして試してみてください。

Youtubeが観れないときの対処法
  • Youtubeのページを更新してみる
  • Youtube以外のページやアプリを閉じる
  • Youtubeアプリのバージョンをアップする
  • Youtubeの画質を落としてみる
  • ネット回線の設定を変えてみる
  • 他の人はエラーになっていないかTwitterで検索してみる
  • WEBブラウザのプラグインをOFFにしてみる
  • デバイスを再起動してみる

 

 

Youtubeのページを更新してみる

「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と表示されたときは、とりあえずYoutubeのページを更新(再読込み)してみましょう。

方法は簡単で、パソコンのブラウザの場合は画面上のURLの横にある読込みマークをクリックするだけです。

スマホアプリの場合は、一度動画を閉じて再度開いてみましょう。

Youtube以外のページやアプリを閉じる

Youtube以外のWEBページやアプリを開いている場合は、一旦すべて閉じてからYoutubeを再生してみましょう。

複数のWEBページやアプリを開いている場合、データ通信が重くなってYoutubeのエラーの原因になることがあります。そのため、一旦すべて閉じてからYoutubeを再生してみましょう。

Youtubeアプリをバージョンアップする

Youtubeのアプリやスマホのバージョンが古いと、Youtube視聴のときにシステムエラーの原因になることがあります。

iPhoneなどのスマホアプリでYoutubeを再生している場合、iPhoneのバージョンやアプリのバージョンを最新にしてみましょう。

iPhoneのバージョンは「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「ダウンロードしてインストール」でアップデートすることができます。

アプリはApp Storeでアップデートすることができます。

Youtubeの画質を落としてみる

Youtubeの画質を上げすぎると、データ通信量が重くなるので通信エラーの原因となる場合があります。

Youtubeヘルプで推奨されている通信速度は下記のとおりです。

動画の解像度推奨される持続的な速度
4K20 Mbps
HD 1080p5 Mbps
HD 720p2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps

上記の推奨通信速度を参考にして、自分のデバイスで利用しているネット回線の通信速度で視聴しましょう。

ネットの通信速度は、スマホアプリやWEB上のサイトで簡単に計測することができます。下記はNetflixが提供するネット回線の速度を測るサイトです。

スマホアプリでもありますし、ネット上のサイトとしてもアクセスすることができ、開くと同時に計測が開始されるのですぐに自分が利用しているネット回線の速度をテストすることができます。

引用元:インターネット回線の速度テスト | Fast.com

他の人はエラーになってないかTwitterで検索してみる

もし自分のデバイスやネット環境に原因が見当たらない場合、Youtube側のトラブルの可能性があります。

その場合は、他に同じような症状の方がいるか、Twitterを使って調べてみましょう。Twitterの検索機能を使って「Youtube 重い」などと検索すると下記のようなつぶやきがヒットします。

https://twitter.com/X_ROOTKUN_X/status/1250747326961815552

https://twitter.com/meron_0624_0529/status/1251778656856272898

https://twitter.com/saotomepanda25/status/1252960826413047810

もし同じような症状を、同じ日時で発生している人が多い場合は自分が原因で発生しているエラーではなく、Youtube側のエラーの可能性があります。

もしYoutube側のサーバーエラーの場合、Youtube側の対応を待つしかありません。しかし、こういった原因がわかるだけでも安心すると思います。

WEBブラウザのプラグインをOFFにしてみる

GoogleChromeやSafariなどのWEBブラウザでYoutubeを視聴している方は、ブラウザの拡張機能をOFFにしてみましょう。

ブラウザでは、WEB上でいろんな機能が使えるように「プラグイン」という拡張機能を提供しています。このプラグインがYoutubeのシステムとバッティングしてエラーを引き起こしている可能性があります。

たとえば、GoogleChromeの場合は右上にある3つの点マークをタップするとメニューが開きます。メニューから「設定」→「拡張機能」をタップすることで、現在機能しているプラグインが表示されます。

一度各プラグインをすべてOFFにしてからYoutubeを再生してみてください。ON・OFFはプラグインの左下のスイッチによって切り替えることができます。

デバイスを再起動してみる

原因が特にわからない場合は、一度スマホやパソコンのデバイスを再起動してみましょう。

デバイスのシステム処理にエラーが出ていて、その結果Youtubeの視聴のエラーにつながっている可能性があります。

再起動は単純に電源を一度OFFにして、再度ONにするだけです。再起動を行うことによって、デバイス内部のデータ処理が一旦整理されてエラーが解消する可能性があります。

まとめ:”エラーが発生しました”の原因と対処法まとめ

Youtubeでエラーが発生した時に考えられる原因をまとめると、大まかに分けて下記の原因に分けられます。

エラーが起こる原因
  • Youtube側に問題がある
  • 利用者側のネット回線の環境に問題がある
  • 利用者側のデバイスに問題がある
  • アクセス集中などの避けられない一時的な問題

「エラーが発生しました。しばらくしてからもう一度お試しください。」と繰り返し表示される場合にまずやるべきことは、何が原因となっているかを特定することです!

たとえば、Youtube側の問題なのに自分のネット回線をいくら調べても原因を特定することはできません。

そのため、まずやってみるべきことは、Twitterなどで同じ症状の人がいないか調べ、自分だけエラーが発生しているようであれば、自分のネット回線やデバイスの設定などを見直してみましょう。

それでも解決しない場合は、契約しているネット回線のキャリアに問い合わせみたり、相談してみることで原因が特定できると思います。