今回は「年齢制限を解除してYouTube動画を見る設定方法」についてご紹介をしていきます。

「この動画は一部のユーザーに適さない可能性があります」と表示されて動画が再生できず

「年齢確認のためログインしてください」と表示されました。

この場合、どうすれば動画を再生できるんでしょうか?その方法をご紹介していきましょう。

 

年齢制限を解除してYouTube動画を見る設定方法

1.ログインをしなければ再生できない

つまり、あなたが18歳以上であるかどうかをYouTubeは確認を取りたいわけです。でも、18歳かどうかの確認ができないためログインをする必要があります。

ログインとは、YouTubeアカウントのことでYouTubeアカウントを作成しないとログインすることができません。

YouTubeアカウントを持ってない人はGoogleアカウントを取得しましょう。GoogleアカウントはYouTubeアカウントと同じでログインはGoogleアカウントでします。

YouTubeにログインするためのGoogleアカウントはこちらのページを見ながら作成をしてみてください。

⇒ YouTubeにログインをするためのアカウントを作成する方法

2.アカウント作成時の注意

アカウント作成するときに生年月日を入力する項目があります。それが18歳未満であれば年齢制限の動画は再生できません。

なので、18歳以上になるように生年月日の西暦を登録するように設定をしておけば大丈夫です。

その設定さえしておけばあとはログインするだけで年齢制限の動画は再生できます。

3.ログインしなくても再生できる?!

年齢制限のかかっている動画のURLを変更します。

URL内の【watch?v=】の部分を【v/】に変えます。

【https://www.youtube.com/watch?v=W1wUTJa6UHA】

【https://www.youtube.com/v/W1wUTJa6UHA】

このようにすれば年齢制限があっても、埋め込みコードで動画を見ることができます。

とても簡単な方法なのですが、この方法は動画への埋め込みが許可されている動画でしか使えません。

引用:http://xn--zdkzaz08uo02a.com/nenrei-seigen-677

URLを変更するだけで、ログインをしなくても年齢制限を無視して動画を再生することができます。

埋め込み許可されている動画のみとなりますが、基本的には埋め込み許可されている動画がほとんどなので、たいていの動画であれば、この方法で見ることができます。



まとめ:Googleアカウントの設定

最初のGoogleアカウントを作成するときの設定によって年齢制限の動画が見れるかどうか決まってくるので要注意です。

でも、特に年齢確認はされないので18歳以上となるように西暦を変更するだけで動画を見ることは可能となります。