YouTube動画が404エラーと表示されて見れない原因と対処法

今回は「404エラーと表示されYouTube動画が見れない原因と対処法」についてご紹介をしていきます。

動画を見ようとしたら404ページが出てきて利用できませんと表示されました。

前まで見れていたのに、急に見れなくなるという現象が起きているそうです。

404エラーとは、ページが存在しません、という意味になります。

けど、一時的な不具合が発生して、ページは存在しているのに404エラーが表示されたりすることもあります。

その原因を調べました。

 
目次

なぜ404エラーが表示されるのか?

404エラーというのはYouTubeだけでなく、他のページやサイトでも表示されるもので、インターネット共通の話なんです。

404というエラー番号は「ページが存在しない」という意味となっており、

ネット上に存在していないことを404というエラー番号で伝えています。

なので、あなたが開こうとしているサイトはもう既にネット上に存在しなくなってるんです。

404エラーの原因と対処法

原因はいくつか考えられます。

  • ページや動画を作った人が既に削除をしているのか。
  • それとも、URLの入力が間違っているのか。
  • YouTubeチャンネルに登録しようとしてアクセスすると404エラーが表示されるのは、YouTubeチャンネルを削除したか運営側に強制削除されたか、
  • もYouTubeチャンネルのURLを管理者が変更したのか

というのが原因として考えられます。

もしページがちゃんと存在してるならURLの入力が間違えている可能性が高いので、

もう一度確認をしてURLの入力をしてみましょう。

それでも404エラーが出る場合はページが既に存在していません。

でも、URLが違うだけでページはちゃんと存在している場合も考えられます。

つまり、ページの引っ越しですね。URLは違うけど同じ人が作ってる状態。

もう一度、Google検索してみよう

  • チャンネル名
  • 動画を作ってる人の名前
  • 動画のタイトル
  • URL

これらをそれぞれ直接GoogleやYahoo!に入力して検索をしてみましょう。

もしかすると何か手がかりが見つかるかもしれません

いつもありがとうございます!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事のコメントを書く

コメントする

目次
閉じる