LINEの企業は韓国だから使わない?個人情報流出するから危険?

2015-05-26_120821

スポンサードリンク

どうも。「LINE LABO」管理人です。

今回は「LINEの企業は韓国だから使わない?個人情報流出するから危険?」についてご紹介をします。

LINE利用者は10代20代を筆頭にほとんどの世代の人が使っていますよね。スマホを使ってるならLINEは当たり前レベルに。

でも、その反面でLINEを絶対に使いたくない人もいます。LINEの裏事情を知ってしまった人ですね。

LINEって安全なの?危険なの?韓国ってどういうこと?まとめて調査してみました。

スポンサードリンク

この記事もよく読まれています

LINEが危険だと言われる理由

LINEを運営しているのは日本の企業ですが、LINEに投資をしてバックボーンで動いている管理会社は韓国の大手企業らしいんです。

2015-05-26_114737

LINEの企業サイトを見てみると、特に違和感は無し。住所は日本だし、代表も日本人だと思う。

2015-05-26_114822

wikiで調べてみると韓国という文字がでてきた。

LINE株式会社は日本で運営されてはいるけど、その上の会社は韓国最大のインターネット会社「ネイバー」だということがわかりました。

ネイバーっていうと、あのネイバーですね。「naverまとめ」の。

もともとはネイバーでLINEもやっていたけど、LINEが成長してきたので分社した。

日本を中心に活動してるけど、お金を出してるのは基本的に韓国の企業。

情報管理やLINEのシステムはもともと韓国が起点となっていたので、おそらく今も韓国側で作ったシステムを使っていると思われる。

LINEは個人情報が流出する可能性がある?

2015-05-26_115012

とある知恵袋のページを抜粋したものですが、個人情報が抜き取られている可能性があると見られているそうです。

LINEが完全無料で電話もできるしメッセージもできる。無料でできるということはお金の代わりに何か別のメリットがあるということですよね。

じゃないと、本当に無料だと会社として成り立たないので。無料の裏には必ず何かあるわけです。

その何かというのが、個人情報と言われています。アドレス帳に登録しただけで、LINEの友達かも?に表示されるのがそれですね。

LINEは僕たちの個人情報を抜き取って、アドレス帳から辿っていき、LINEで見ず知らずの人を繋げていると。

ということは、

自分のLINEの情報が全然知らない誰かに知れ渡っているということですね。

それを危険視している人がLINEを使わないのではないかと思っています。

でも実際は・・・

201301_17

参照:http://rocketnews24.com/2013/01/29/289231/

この4コマ漫画のような流れが現実ですよね。

LINEを使ってる人が多すぎて、多数決みたいになり、LINEを使うことが正当化されてる状況。

LINEって本当に危険なの?

僕が思うに、LINEを使う人が問題なければ危険なリスクを負うことも少ないと思うんです。

クレジットカードの番号とか、銀行の暗証番号とかが抜き取られるわけじゃないし、住所とか電話番号が流出して迷惑電話や迷惑広告が大量に届くわけでもない。

だからLINEを使うことに危険性を感じない人も多いと思います。それはLINEを正しく使うことができているから。

LINEをきっかけとした事件が相次ぐ

ニュース報道でもLINEという言葉はよく聞きますよね。

LINEでやりとりでむかついたからとか、LINEで出会った人にだまされたとか。

LINEを活用して出会う人をだまそうという悪徳業者や詐欺師がいることが怖いし、出会いツールとしてLINEを使ってる人はリスクが高いでしょう。

インターネットもそうですが、生活と密着する人便利でなくてはならない存在ですが、一歩間違えれば危険であることは間違いないです。

危険だからといってインターネットを絶対に使わないということも、今の時代では難しくなってきています。

使い方と使う人によって、便利になるし凶器にもなる

火とかナイフとか包丁とかと同じ理屈になるのかなと思うんです。

火も包丁も、料理をするためには必要だし、あるとめちゃくちゃ便利なツールですよね。

でも、間違った使い方をすると、命を落とすツールとして使うこともできてしまいます。

それが危険だということですよね。

かといって、火も包丁も絶対に使わない!ということはできません。正しい使い方であれば安全だし便利なツールなんですから。

LINEも同じだと思うんです。

普通に使う分であれば、無料で通話もメッセージのやり取りもできるし、既読機能で相手の安否確認として使うこともできるわけです。

便利なツールだけど、使い方と使う人によっては危険なツールになってしまう。それを理解したうえでLINEを正しく使ったり、正しく使う方法を教えなければいけませんよね。

結論:結局は使う人次第。便利でもあるし危険でもある

だから、便利だから使う人も正解だし、危険だから使わない人も正解なんです。正しいか間違ってるかなんてものは存在しないので。

リスクを回避するために、正しくLINEを使うこなそう!

▲TOPに戻る▲


スポンサードリンク


はてなブックマーク

LINEブロック確認する5つの裏技


LINEブロックをバレずに確認する方法まとめ


既読をつけずにLINEトークを確認する方法

LINEアカウントでお困りですか?

LINE IDでお困りですか?

あなたにぜひ読んでほしいオススメ記事

LINEのセキュリティは大丈夫?

LINEの既読をつけずに読みたい

LINEプリペイドカードについて

▲クリックして一番上まで一気に戻る

2 Responses to “LINEの企業は韓国だから使わない?個人情報流出するから危険?”

  1. 通りすがり より:

    ラインも含め全てのsnsはユーザー数を一定数以上抱えて初めて商売になるので、電話帳データの抜き取りは単純にユーザーのライン利用率を上げる為です。
    悪用するつもりならとっくに被害者が出ています。(架空請求とか営業電話、登録の覚えのないメルマガ等)
    電話帳レベルの個人情報は悪用の幅も狭くNeverクラスの企業がする事ではありません。
    ラインは並行して稼働しているline@で企業からの広告宣伝費で稼ぐ為に自社ソーシャル内の人口を増やしているだけです。
    一般ユーザーが、日々増していく情報の中でラインから得るもの割合を増やす。
    それから得られる利益はただの個人情報悪用では考えられないレベルの収益になります。
    facebookがいい例ですね。

    • ・・・ より:

      >架空請求とか営業電話、登録の覚えのないメルマガ等

      このような類の被害が出なくても、日本人の通話通信内容や全体的な傾向(いわゆるビッグデータ)を、日本を敵対視してやまない韓国に渡ってしまうこと自体がおぞましいです。

      軍事(必ずしも「武力戦争」だけにとどまらず広範囲な意味です)は情報が大事であることは古今東西言えることですし。

      利用料無料の対価は日本全体にとってあまりにも高すぎると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

クリックでページ先頭へ移動