iTunesのアップデートの基本はiTunesのメニューから「ヘルプ」→「更新プログラムを確認」と選択します。画面の指示に従い、最新バージョンをインストールすれば、iTunesのアップデートは完了です。

その方法で最新バージョンのiTunesをインストール出来ない場合は、下記の方法を取ってみることをおすすめします。

【パソコン】iTunesのアップデートできない時の対処法まとめ

1)iTunesからでなくApple公式ページからインストールする

Apple公式ページから最新バージョンのiTunesをダウンロードし、ダウンロードしたiTunesを起動させます。

後は自動的に最新バージョンのiTunes になります。iTunesの更新が終了したらパソコンを再起動させてください。

2

 

 

2)管理者としてログインする

パソコンに「管理者」としてログインします。

まず自分が「管理者」であるかどうかを知りたい場合には、「スタート(シャットダウンする時等にクリックするボタン)」→「コントロールパネル」→「ユーザー アカウント」の順にクリックして、ユーザー アカウントを開きます。

管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、「はい」をクリックします。

自分のユーザーアカウントに「Administrator」と書かれていればあなたは「管理者」です。

4-2

3-2

後は、1)の通り、最新バージョンのiTunesをダウンロードします。そして、ダウンロードしたiTunesを「右クリック」し「管理者として実行」をクリックします。

そうすると管理者の確認を求められますので先ほどと同じように「はい」をクリックします。

iTunes を以前にインストールしたことがある場合は、iTunesを修復するオプションが表示されます。

修復が終わったら、パソコンを再起動してiTunesを起動してください。

3)windowsの最新のアップデートをインストールする

お使いのパソコンがwindowsの場合、最新のアップデートをインストールする必要があります。

インストールするには

 

「スタート」

→「コントロール パネル」

→「WindowsUpdate」

 

ここからインストールします。

インストール後、「今すぐ再起動」をクリックします。

7

6

後は、1)または2)の方法で最新バージョンのiTunesをインストールします。

4)一度iTunesをアンインストールする

1)、2)、3)の方法でもiTunesがアップデートできない場合は、一度iTunesをアンインストールしてみます。

iTunesをアンインストールしてもiTunesに入っていた音楽・ビデオ等は消えないので安心してください。

アンインストールの方法ですが、

 

「スタート」

→「コントロール パネル」

→「プログラムと機能」から「iTunes」

→「Apple Software Update」

→「Apple Mobile Device Support」

→「Bonjou」

→「Apple Application Support(32ビット)」

→「Apple Application Support(64ビット)」

 

この順番でアンインストールする→パソコンを再起動する、の順番で行ってください。

8-1

この順番は必ず守ってください。

また、ソフトを 1 つアンインストールした後、パソコンを再起動するように案内される場合がありますが、ソフトをすべて削除し終わるまで、パソコンの再起動はしないでください。

再起動後、「ローカルディスク (C:)」または「プログラムがインストールされているハードディスク」、「Program Files」フォルダを開きます。

中に「iTunes」・「Bonjour」・「iPod」が残っている場合は削除します。

9

 

次に、「Common Files」→「Apple」フォルダを開きます。

「Mobile Device Support」

「Apple Application Support」

「CoreFP」

これらが残っている場合は削除します。

 

後は1)または2)の方法で最新バージョンのiTunesをインストールします。

10

【iPhone】iTunesのアップデートできない時の対処法まとめ

iTunesのアップデートは完了したのにiPhoneが認識されない場合は下記の方法を試してみてください。

1)iPhoneの再起動を行う

iPhoneの電源を切らずに放置している場合、パソコンの場合と同じく、シャットダウン時に削除されるはずのデータのごみが削除されないことが原因で、iTunesに認識されない場合があります。

その場合は、一度iPhoneの再起動を行うことでデータのごみを削除してください。

再起動後iPhoneをパソコンに接続し、iTunesを起動させてください。

2)Apple純正品(購入時の付属品)または認証品の接続ケーブルを使用する

100円ショップやネットショップ等で購入できる安価な接続ケーブルを使用している場合は、iTunesにiPhoneが認識されないことがあります。

iPhoneをパソコンに接続する場合は、必ずApple純正品または認証品のケーブルを使用してください。

また、純正品または認証品のケーブルなのにiPhoneが認識しない場合、他のUSB機器を外し、iPhoneのみ接続している状態にしてみてください。

3)iPhoneのアップデートを行う

iTunesと同じくiPhoneにもソフトアップデートがあります。古いバージョンの場合、iPhoneが認識されない場合があります。

その場合は、iPhoneの「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で最新のアップデートがあるかを確認してください。

11-2

まとめ

以上の方法でiTunesのアップデートはほぼ可能です。

自動的にパソコンOSシステムアップデートを行っている方であれば、ほとんどのエラー不都合はパソコンやiPhoneの再起動でアップデート成功する場合が多いです。

もし以上の方法でアップデート出来ない場合はパソコンまたはiPhoneの故障も考えられますので、一度メーカー窓口に相談してみてください。

iTunesやiOSは定期的に更新があり、更新による新機能の追加で、使用方法が変わる場合もありますが、ネットワークセキュリティ的にも、新機能をフル活用するためにも、常に最新バージョンのiTunes、最新バージョンiOSのiPhoneを利用してください。