LINEを使用していると様々な不具合に遭遇しますよね。エラーメッセージを見たことがある方も多いかと思います。そのような時みなさんはどのように対処していますか?

表示されるエラーメッセージには不具合を解消するためのヒントが書かれています。意味を知ることはとても大切です。

そこで今回は、LINEでよく見かける「An error has occurred」のエラーメッセージが出た時の対処法をまとめました。

対処法をいくつかご紹介しますので、順番に試して早期解決を目指しましょう。

「An error has occurred. Please wait a moment and try again.」ってどういう意味?何が原因?

2017年になってから「An error has occurred. Please wait a moment and try again.」というエラーメッセージが表示される不具合が発生しているようです。酷い時にはLINEを開くと毎回メッセージが表示されます。

エラーメッセージの意味自体は「エラーが発生しました。しばらく待ってから、再度お試しください。」というものです。何もしていないのに表示されることも多いため、ネットワーク系のエラーだと言われていますが、はっきりとした原因はまだわかっていません。

因みに、唐突に表示されることが多いため、アカウントの乗っ取りを心配している方もいるようですが、不正ログインなどとは関係がないようです。

この英語が表示された時の対処法

それではこのエラーメッセージが表示された時はどのような対処をすれば良いのでしょうか?原因がわからないのでは正しい対処もできませんよね。

今回は実際にこのエラーが起こった時に行って効果があったとされる対処法をご紹介しますので参考にしてください。

対処法1:通信状態を見直す

ネットワーク系のトラブルが予想されるため、通信状態を見直すことは効果がありそうです。電波が不安定なところではWi-Fiをオフにするなど、状態を改善することで不具合を解消できます。特に外出先で公衆無線LANを使っていると不具合が起きることもあるので、一度Wi-Fiを切って様子をみてください。以下の方法で試してみましょう。

  1. スマホホーム画面の「設定」を開く
  2. 「Wi-Fi」をタップ
  3. 一番上の「Wi-Fi」からオン・オフを切り替え

またWi-FiルーターやポケットWi-Fiを使っている方は、それらを再起動することで改善することもあるのでそちらも確認してみましょう。ただし、再起動をすることで個別設定が消えてしまうこともあるので、説明書等をよく読みながら行ってくださいね。

対処法2:アプリの再インストール

少し面倒ですが、LINEアプリの不具合全般はアプリを一度アンインストールしてから再びインストールすると改善することがあります。今回のエラーもずっと直らない場合には一度試してみても良いかもしれませんね。

ただし、LINEアプリはアンインストールするとトーク履歴が消えてしまうので、残しておきたい方は事前にバックアップを取っておいてください。

対策法3:LINEアプリのアップデート

LINEアプリを最新のものにアップデートすると改善することがあります。iPhoneユーザーの方は「App Store」、Androidユーザーの方は「Google Playストア」からアップデートしましょう。

対策法4:ソフトウェアをアップデートする

スマホのソフトウェアをアップデートすることで改善することがあります。ソフトウェアを古いバージョンのまま使い続けている方は以下の手順でアップデートしてみてください。

iPhoneの場合

  1. ホーム画面の「設定」を開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」を選択し最新バージョンにアップデートする

Androidの場合

  1. ホーム画面の「設定」を開く
  2. 「端末情報」をタップ
  3. 「端末管理」をタップ
  4. 「システム・アップデート」を選択し最新バージョンにアップデートする

対策法5:スマホを再起動する

スマホを再起動することでLINEアプリに限らず不具合が解消されることがあります。iPhoneの場合は「電源ボタン」と「ホームボタン」を、Androidの場合は「電源ボタン」と「音量ボタン」を同時に長押しして再起動をしましょう。