YouTubeは芸能人が参入してきてさらに盛り上がっていますよね。動画配信サイトとしては間違いなく世界トップレベルのプラットフォームでしょう。

しかしユーザー側としては、視聴しているとデータ通信量が膨大になってしまうという問題がありますよね。「できればダウンロードしてオフラインで視聴したい…」と思う方もいるでしょう。

結論からいうと、ネット上にはYouTube動画をMP4やMP3などに変換してくれるサイトがあります。便利ですが動画ダウンロードサイトには変な怪しい広告がたくさん貼っています。

今回の記事ではYouTube動画ダウンロードサイトを安心して利用する方法と、オススメのサイト5選を紹介します。



安心安全なサイトでYouTube動画のダウンロードすればウイルスの心配無し

YouTube動画がダウンロードできるサイトは多数存在しますが、ほとんどのサイトではウイルスの心配はありません。ただし、卑猥な広告が掲載されているサイトは要注意です!

広告のクリック先で怪しい誘導分などが表示され、従ってしまうと詐欺に遭ったり、情報を抜かれてしまう可能性があります。もしサイトを利用する場合は、広告をクリックしないように注意しましょう。

私自身が利用してみて、比較的安心して利用できたサイトを5つ紹介します。

Offliberty

1つ目は「Offliberty」というサイトです。

サイトを開くと表示される検索窓にYouTubeのURLを入力すると、リンクが作成され、ダウンロードができるというシンプルなサイトでした。

step1.YouTubeのURLを入力する

トップ画面は下記のような感じです。画像には写っていないですが、下の方に広告が表示されているので、クリックしないようにしましょう。

YouTube動画のURLを入力して「OFF」というボタンを押すと変換が開始されます。

step2.中央の黄色いボタンをクリックする

下記のページに移るので、黄色いボタンを押すとそのまま動画が表示されます。「Extract audio」をクリックすると音声のみのファイルに変換されます。

step3.ファイルをダウンロードする

黄色いボタンを押すと下記のような画像が表示され、「ダウンロード」をクリックするとファイルのダウンロードが開始されます。

Dirpy

2つ目は「Dirpy」というサイトです。

英語表記のサイトですが、かなりシンプルな作りで、広告も少なく健全なサイトです。ただし作業過程でダウンロードボタンにそっくりな紛らわしい広告があるので注意しましょう。

step1.YouTubeのURLを入力する

まずはYouTubeのURLを窓に入力し、「dirpy!」というボタンを押します。

step2.ファイルをダウンロードする

ファイルの細かい設定ができるので、ダウンロードした画質や音質などを選択して水色の「Recorde Audio」または「Recorde VIdeo」というボタンを押します。

うえにある青色の「DOWNLOAD」と「WATCH NOW」はダウンロードボタンに見せかけた広告なので注意しましょう。

ClipConverter.cc

3つ目は「ClipConverter.cc」というサイトです。

広告は見当たりませんでしたが、もしかすると何回か一度に広告が表示されたり、利用ユーザーが増えると広告掲載される可能性があります。

利用方法自体はかなりシンプルで使いやすいサイトです。

step1.YouTubeのURLを入力する

サイトは英語表記なので、使いづらい場合は左上の言語設定から「Japanese」を選択しておきましょう。サイトを開くと窓が表示されているので、YouTubeのURLを入力して「続行」をクリックします。

step2.ファイル形式を選択する

ダウンロードしたいファイル形式を選択して「開始!」をクリックすると、ファイルの変換が開始されます。

step3.ファイルをダウンロードする

ファイルの変換が完了すると下記の画面になるので、「ダウンロード」をクリックして完了です。

Thxyoutube

4つ目は「Thxyoutube」というサイトです。

日本語のサイトですし、使い方は簡単ですが、作業過程で卑猥な広告が表示されるのでクリックしないように注意しましょう!

step1.YouTubeのURLを入力する

トップ画面で表示される窓にYouTubeのURLを入力して「START」をタップします。「START」を押すと卑猥な広告が表示されると思うので、クリックしないようにしましょう。

step2.ファイルをダウンロードする

一時するとダウンロード画面になり、動画に右下の3つの点マークをクリックするとダウンロードメニューが表示されます。「ダウンロード」をクリックするとダウンロードが開始されます。

y2mate.com

5つ目は「y2mate.com」というサイトです。

ここまで紹介した5つの中でもっとも質の低い広告が多いサイトですので、クリックしないように注意しましょう。横からポップアップ広告で「Macを掃除してください!」という警告文のようなものがでるかもしれませんが無視でOKです。

使い方自体はかなり簡単です。

step1.YouTubeのURLを入力する

まずはYouTubeのURLを窓に入力して「Start」をクリックします。下記の画像のように右側から広告が出てきますが、無視でOKです。

画像には写っていませんが、下の方には卑猥なゲームアプリの広告などもあるので無視しましょう。

step2.ファイルを形式を選択する

変換が完了するとダウンロードボタンが表示されるので、ダウンロードしたいファイル形式や画質などを選んでダウンロードボタンを押しましょう。

step3.ファイルをダウンロードする

選択したファイルに変換されるので、ダウンロードボタンを押すとダウンロードが開始されます。

注意!:ダウンロードと同時に別のサイトへリンクされます。これも一種の広告なので、別サイトはすぐに閉じましょう。

動画ダウンロードサイトの広告や外部ページURLは要注意

YouTubeの動画がダウンロードできるサイトは人気があります。

人気があるので人が集まりやすくなっており、今回紹介したサイトも無料で利用することができます。「なぜ無料で便利な機能が使えるのか?」というと広告収入で成り立っているために無料なのです。

中には大手企業の一般的な広告を掲載している有料サイトもありますが、多くのサイトでは高額課金をさせるような悪質なサイトへの広告リンクもあるのでクリックしないように注意しましょう。

「ウイルスを感知しました」という警告は嘘!無視でOK

広告をクリックしたり、サイトを利用している最中に下記のような警告が出ることがあります。

  • 「ウイルスを感知しました!」
  • 「ウイルスに感染しています!」
  • 「ウイルス対策のために今すぐこちらをクリックしてください!」

などなど、ドキッとするような文章が出てくることがありますが、結論からいうと嘘なので無視でOKです。

「ウイルスを感知しました!」などという警告で、ユーザーを不安にさせて広告をクリックさせたり、特定の悪質ソフトをダウンロードさせようとしてくることがほとんどです。

警告文に誘導されて、いうとおりの行動をしてしまうと本当にウイルスに感染してしまう可能性があるので、徹底的に無視しましょう。

動画ダウンロードサイト自体は問題ないので、今回紹介したサイトでは動画ダウンロード以外の動作はしないようにしましょう。

偽のダウンロードボタンにも注意しよう!

動画ダウンロードサイトの収入源は広告収入なので、あの手この手で広告をクリックさせようとしてきます。その中でも一番引っ掛かりやすいのがダウンロードボタンです。

ユーザーは動画のダウンロードがしたくてサイトを訪れているので、一番押しやすいのはダウンロードボタンですよね。そのため、サイト運営者はダウンロードボタンに似た広告を貼っていることがあります。

具体例を紹介すると下記のようなものがあります。

上記のようなボタンがあると「このボタンを押せばダウンロードできるのか!」と押したくなってしまいますよね。めちゃくちゃ紛らわしいですが、実はこれも広告です!

このサイトでは横に「(Ad)」と広告(英語でAdvertisement)を表す文字を表示していますが、この文字さえ表示していないサイトもあるので注意しましょう!



まとめ:確実に安全なのはYouTube Premium!

安全にYouTube動画をダウンロードするサイトを紹介しましたが、今回紹介したサイトが今後ずっと使えるとは限らないことは頭に入れておきましょう!

YouTubeでは基本的にYouTube動画をダウンロードすることを規約で禁止していますし、音楽やアニメなどの著作権があるものは法律違反になる可能性もあります。

そのためYouTube側が何か対策として、今後動画のダウンロードをブロックするシステムを導入することも考えられます。

もし「確実に安心安全な方法で動画をダウンロードしたい!」という場合は、YouTubeの月額有料会員である「YouTube Premium」に登録することをオススメします。月額680円〜で、広告なしで動画視聴ができ、YouTube Music Premiumという世界中の音楽聴き放題サービスも利用できるようになります。

動画もダウンロードしてネットに繋がっていないオフライン環境でも観れるようになるのでオススメです!