近年はYouTuberになって大きく稼ぎたいという夢を持っている人も多くいます。

YouTubeの動画自体は、Googleアカウントさえ所有していれば誰でもできますが、全員が全員稼げるというわけではありません。

YouTubeの動画投稿を通じて収益を稼いでいくためには、色々な条件があります。

この記事ではYouTube動画の収益化の条件やそのためのステップ、さらに注意点について詳しく解説しました。

YouTubeでの収益化を検討している方は、是非参考にしてください。



YouTube収益化のための6つの条件

YouTubeの動画から収益を発生させるには、動画に広告を付ける必要があります。

広告は誰もが付けられるわけではなく、以下で説明する6つの条件をすべてクリアしていなければなりません。

チャンネルの運営主が18歳以上

大前提として、チャンネルの運営者が18歳以上である必要があります。

18歳未満の場合には、YouTubeの支払いのシステムにあたる「Googleアドセンス」に参加することができないためです。

もし18歳未満の動画投稿者が収益化をしたい場合には、保護者など18歳以上の人が保有しているアドセンスアカウントを借用する必要があります。

YouTubeパートナープログラムに加入している

続いての条件がYouTubeパートナープログラムに加入していることです。

このプログラムに加入してないと、動画に広告を付けることができず、収益化機能を利用できません。

YouTubeパートナープログラムに加入するためには、後述する再生時間やチャンネル登録者などの条件を満たす必要があります。

直近1年間の総再生時間が4000時間以上

直近1年間(12か月間)のチャンネル内の動画の総再生時間が4000時間を超えていることも必要です。

動画の本数やそれぞれの尺などは関係ありません。

累計の実績が4000時間以上であればOKです。

条件は若干厳しく感じられるかもしれませんが、計算してみると意外とそこまでもありません。

例えば尺が10分の動画を1本投稿した場合、それが2万4000回視聴されれば条件クリアとなります。

ただし動画1本だけだと実際にはなかなか視聴者が集まらないので、まずはコンスタントに動画を投稿して薄く広く視聴者を集めていき、総再生時間を稼いでいくのがおすすめです。

チャンネル登録者数が1000人以上

総再生時間が4000時間を超えるだけではなく、1000人以上のチャンネル登録者を集めることも必要条件です。

総再生時間と比べると、このチャンネル登録者の条件をクリアするのは、かなり高いハードルとなっています。

チャンネル登録は、「この動画が面白い」「継続的に動画を視聴したい」と思ってもらえなければならないためです。

そのため、単に見られる動画を投稿するだけではなく、ファンになってもらえるようなコンテンツを投稿する必要があります。

内容だけではなく、サムネイルやBGM、編集の仕方なども、チャンネル登録者数を増やす上では重要なポイントです。

広告掲載に適したコンテンツである

広告主としては、不適切な動画に広告が掲載されることを良しとしていません。

そのためチャンネル全体を通して、投稿する動画はYouTubeのポリシーやガイドラインを遵守した内容である必要があります。

著作権違反の動画や倫理的に問題がある動画の投稿はNGです。

せっかく時間をかけて撮影、編集した動画が不適切なコンテンツと判断されないようにするためにも、健全な動画を投稿することを心がけてください。

Googleアドセンスの審査を通過している

YouTubeからの支払いは、Googleアドセンスを経由して行われます。

既にアドセンスアカウントを所有している場合にはそれをYouTubeアカウントに紐づければOKです。

しかしまだアドセンスアカウントを所有していない場合には、まずアカウントを作成する必要があります。

なお、Webサイトで使えるGoogleの審査は非常に厳しいことで有名ですが、YouTube限定のアドセンスアカウントは特に厳しい条件がありません。

簡単な動画を2、3本投稿した上でアドセンスアカウントの審査を申し込めば、意外と簡単に通過することができます。

YouTube収益化に向けた具体的なステップ

続いてYouTube収益化に向けた具体的なステップを解説していきます。

STEP①Googleアカウントで2段階認証を有効にする

まずはGoogleアカウントの2段階認証を有効にしましょう。

この機能を有効にすることで、パスワードとデバイスで二重にアカウントを保護できるようになります。

逆にこの機能が有効になっていないと、通常よりもYouTubeパートナープログラムの審査に時間がかかってしまう可能性もあります。

セキュリティ面でも審査のスピードの面でも、二段階認証を設定して損はありません。

STEP②YouTubeパートナープログラムの利用規約に同意する

1年間の総再生時間4000時間とチャンネル登録者数1000人をクリアしたら、YouTubeパートナープログラムの利用規約に同意します。

まずYouTubeにログインしたら、右上のプロフィール写真をクリックしてください。

表示されるメニューから「YouTube Studio」を選択します。

左側のメニューから「収益受け取り」を選択します。

条件を満たしていない場合には「参加条件を満たしてから通知する」をクリックします。

すると、再生時間とチャンネル登録者数の条件を満たした時に通知が来るようになります。

条件を満たしている場合には「パートナープログラム利用規約を確認する」カードの「開始」をクリックしてください。

利用規約に同意した時点で、「パートナープログラム利用規約を確認する」カードに緑色で「完了」と表示されます。

STEP③YoutubeチャンネルにGoogle アドセンスを接続する

続いて支払いを受けるためのアドセンスアカウントをYouTubeチャンネルに接続します。

まずは「Google Adsenseに申し込む」カードの「開始」をクリックしてください。

すでにアドセンスアカウントを所有している場合は、そのアカウントを利用すればOKです。

まだアドセンスアカウントを所有していない場合には、画面に表示される指示に従って、まずはアカウントを作成します。

YouTubeチャンネルとアドセンスアカウントの接続が完了すると、「Google Adsenseに申し込む」カードに緑色で「完了」と表示されます。

STEP④審査を受ける

上記の手続きを完了した時点で、あなたのチャンネルは自動的に審査待ちの状態となります。

その後はYouTubeの自動システム及び審査担当者により、チャンネルがガイドラインを遵守しているかの確認を行い、問題なく承認されれば、それ以降の動画投稿に際して広告の掲載が可能です。

YouTubeパートナープログラムへの参加が承認されなかった場合には、再度審査に申し込まなければならなくなります。



Youtube収益化を目指す上での注意点

最後にYouTube動画の収益化を目指す上で注意したいポイントをいくつか解説します。

非公開動画や削除された動画は条件に加算されない

総再生時間の4000時間には、非公開動画や削除された動画の再生時間は加味されません

全体に公開されている動画のみが、再生時間条件に寄与します。

審査には1か月程度の時間がかかる

YouTubeパートナープログラムの審査はすぐに完了するものではありません。

通常は1か月程度の時間を要するものとされています。

場合によってはそれ以上の時間を要することもあるので、注意してください。

また急ぎの事情があっても、審査は受け付け順に行われるため、審査を早めてもらうこともできません。

審査が不承認になると30日間は審査を受けられなくなる

残念ながら審査が不承認になった場合、次の審査を受けるまでには30日間の待機日数が必要です。

その30日間の間に、何が原因でYouTubeのポリシーとガイドラインに引っかかったのかを振り返り、既に投稿した動画を整理したり、新たな動画をアップロードしたりするなどして、対応をしましょう。

特に改善がないまま次の審査に申し込んでも、同じ結果になるだけです。

6か月以降動画のアップロードがないと収益化が無効になることもある

YouTubeパートナープログラムの審査が承認され、晴れて収益化ができるようになったとしても、6か月以上新規動画のアップロードがない場合には、収益化が無効となることもあります。

無効化された後、再度収益化をしたいという場合には、また審査を受けなければなりません。

継続的にYouTubeからの収益を受け取りたいならば、できるだけ定期的に動画をアップロードすることを心がけましょう。

Youtube収益化ポリシーに違反した場合、収益化の資格を失う

審査に通過した後でも、YouTube収益化ポリシーに違反した場合には、その資格を失うこともあります。

悪質と判断された場合には、その後の再度の収益化もできなくなる可能性があるので注意してください。