iPhone/Apple

【iPhoneを探す】オフにしないで!絶対に設定しておくべき理由とは?

iPhoneを紛失してしまったら、悪用されたり犯罪に使われたりしないか、心配になりますよね。

iPhoneを失くしてしまった場合のために、『iPhoneを探す』機能を設定しておくことがおすすめです。

『iPhoneを探す』機能をオンにしていれば、iPhoneの現在位置を把握することができ、iPhoneを拾われた際にデータを見られないようにする対策もできます。

今回は『iPhoneを探す』機能の詳細や、どう設定するのかなど解説していきます。



設定する前に:『iPhoneを探す』とは一体なに?

iPhone

iPhoneについている基本的機能に含まれているもので、iPhoneが現在どの場所にあるか探知することが可能です。

『iPhoneを探す』は購入時のiPhoneにすでにアプリとしてインストールされているので、自分でインターネットから探してダウンロードするなどの面倒な作業はありません。

また、アプリ名はiPhoneのバージョンによって呼び方が違い、iOS13になってから『iPhoneを探す』ではなく『探す』というアプリ名になっています。

うっかりiPhoneを落としてしまったときや家の中でどこに置いたか忘れてしまったときに、『iPhoneを探す』機能で他の人からiPhoneを借りて自分のiPhoneを探すことができます。

『iPhoneを探す』でできる機能とは?

二つのiPhone

『iPhoneを探す』でできる機能は、iPhoneがいまいる位置を調べられる以外のことです。

主に以下の3つのものになります。

  • 大きな音が出るアラートを鳴らすことができる『サウンドを再生』
  • 失くしたiPhoneをロックして開けないようにする、受信メールを表示させない、クレジットカードを使えないようにできる『紛失モード』
  • iPhoneの設定全体を初期化して保存しているデータを分からないようにできる『iPhoneを消去』

iPhoneを家の中で失くしたら大きな音が出せる『サウンドを再生』を利用して、アラートが鳴っている場所を探せばiPhoneを見つけられるでしょう。

『紛失モード』で画面を開けないようにして『iPhoneを消去』でデータが消去されれば、iPhoneの紛失で最も不安な他人に悪用されるリスクを減少できます。

『iPhoneを探す』の機能を設定しておくと万が一iPhoneを失くしてしまった場合に、個人データを誰かに見られないようにできるでしょう。



『iPhoneを探す』の設定方法はこれで完璧!

『iPhoneを探す』を設定するための手順を解説していきます。

どの作業も手間はかからないので、すぐに設定することが可能です。

アナログでiPhone操作に慣れていない人でも、簡単に『iPhoneを探す』の設定を行えます。

iCloudにサインイン

iPhoneの画面にある設定アプリをタップして、アプリの中にある『iPhoneにサインイン』をタップします。

Apple IDとパスワードを入力すれば、iCloudにサインインができます。

Apple IDを持っていない場合は、次の方法でIDが作れます。

  1. iPhoneで『Safari』から、Appleアカウントの管理サイトを開く
  2. 『IDの作成』をタップして、指示通りに必要事項を入力する
  3. 『次に進む』の表示をタップして、確認コードのメールが届いているか見る
  4. 確認コードのメールが来たら、コードを入力して手続きを完了させる

Apple IDは『iPhoneを探す』の設定に必要となるので、持っていない人は作成しましょう。

『設定』より『iPhoneを探す』をオン

『iPhoneを探す』を有効にするには、この機能をオンにしなければなりません。

  1. iCloudにサインインをしたら、設定アプリでユーザー名をタップして『iCloud』を選択
  2. 次に『iPhoneを探す』を選び、右横にあるスイッチをタップ

スイッチが緑色に変わると『iPhoneを探す』がオンになっています。

『位置情報システム』よりオン

iPhoneがどこにあるか探知するためには、『位置情報システム』が許可されるように設定しましょう。

  1. iPhoneの設定アプリをタップして、プライバシーを選びタップ。プライバシーの中にある『位置情報をサービス』を選択
  2. 『iPhoneを探す』をタップして『常に許可』を選び『位置情報システム』が使えるに設定する

スムーズに『iPhoneを探す』の設定するために事前準備をしておこう

iPhoneのメニュー画面

『iPhoneを探す』の設定をスムーズに行うには、iCloudのアカウントがあるか調べて準備しておきましょう。

位置情報システムもあらかじめオンにしておく方が良いです。

iCloudのアカウントの確認

iCloud のアカウントはApple IDで作成されるので、Apple IDを持っているか確認しましょう。

Apple IDを持っていなければ、『iCloudにサインイン』の部分でご紹介した方法を見てApple IDを作成して下さい。

iPhone本体以外で『iPhoneを探す』の設定する際にも、Apple IDは必ず求められます。

Apple IDに事前に作成しておけば、『iPhoneを探す』の本番作業がスムーズに進めます。

位置情報システムをオンにしておく

位置情報システムはアプリごとに許可をするのではなく、全体的に使えるようオンにしておくと『iPhoneを探す』の設定がスムーズになります。

設定方法は下記の2STEPで簡単に行えます。

  1. iPhoneの設定アプリをタップしてプライバシーを選択
  2. 項目にある位置情報システムをタップしてスイッチをオンにする

位置情報システムをオンにして全体的に使用を許可しておけば、いちいち『iPhoneを探す』を選んで許可する必要はありません。

iPhone以外のデバイスでも『iPhoneを探す』機能を設定しておくと便利

Apple機器

『iPhoneを探す』の設定はiPhone本体でなくても行えるので、他のデバイスでも設定しておくと探しやすくなります。

デバイスごとの設定方法を解説するので、ぜひ参考にして下さい。

ただしApple製品に限る

iPhone以外のデバイスで『iPhoneを探す』機能を設定できるのは、Apple製品になり他のメーカーの製品では設定することができません。

どのデバイスの設定でも共通して、Apple IDが必要となるためです。

お手持ちのApple製品のデバイスで、『iPhoneを探す』の設定を行って下さい。

iPhone以外のデバイスがあってもApple製品でなければ『iPhoneを探す』の設定はできません。

Macの場合

  1. Mac画面のある『Appleアイコン』から『システム環境設定』を選択
  2. メニューの中にある『iCloud』を開く
  3. Apple IDとパスワードを入力してサインインを行い、iCloudのメニューリストに『iPhoneを探す』がないか探す
  4. 『iPhoneを探す』を見つけたらチェックを入れて、位置情報の許可を求める画面が出たら許可を選択

Mac以外のデバイスの場合

『iPhoneを探す』機能はApple製品に限りますが、例外としてMac以外のPCを使って行うこともできます。

PCのプラウザから『iCloud』にアクセスすると、Apple IDとパスワードがあれば入力してサインインできるのです。

サインインした後はMacと同じ流れで、『iPhoneを探す』機能を設定していきます。

実際に探したいときもiCloudにアクセスできればMac以外のPCを使えます。

AirPodsやApple watchの場合

AirPodsやApple watch はiPhoneとペアリングしておくことで、同じ機能が設定されるようになります。

AirPodsとiPhoneのペアリング方法

  1. iPhoneの設定アプリをタップして、『Bluetooth』をオンにする
  2. 2つを近づけてiPhoneに接続画面が表示されたら、『接続』を選んでタップ

完了後はAirPodsとiPhoneは自動的に連動するので、『iPhoneを探す』機能も設定されています。

Apple watchとiPhoneのペアリング方法

  1. Apple watchの電源を入れて、iPhoneに近づけて接続画面が出るのを待つ
  2. 画面が表示されて『続ける』の表示が出たら、タップしてApple Watchアプリのファインダー内にApple Watchが入るよう置く
  3. Apple WatchアプリでApple Watchが認識されるので終わったら『Apple Watchを設定』を選び指示通りに進めると接続完了

接続したApple WatcはAirPodsと同じく、iPhoneと自動的に連動しているので、『iPhoneを探す』機能を使用することができます。

居場所を知らせる機能として『iPhoneを探す」は設定しておくべし

パソコンの前でiPhoneを見る人

『iPhoneを探す』機能をiPhone本体と他のデバイスにも設定しておくと、失くしてしまっても居場所を特定することが可能です。

設定していないと失くしたiPhoneを見つけられず、諦めなければいけない結果になる恐れがあります。

『iPhoneを探す』の設定をしておけば紛失しても、手元に取り戻せるチャンスがあるのです。

保険のために『iPhoneを探す』機能を、ぜひ設定しておきましょう。