iPhone/Apple

iPhoneのシャッター音を消す方法!アプリや静止画撮影を駆使しよう

iPhoneに標準で搭載されているカメラアプリの性能はどんどん向上していますよね。解像度も機能も上昇中の標準カメラアプリ。そんなカメラアプリの気になる点は「シャッター音」です。

「iPhoneのカメラで眠っている子供の写真を撮りたいけど、シャッター音で起きてしまう」

「シャッター音でペットが驚いてしまう」

そんな理由から、iPhoneのシャッター音を消す方法について調べている人は多いです。しかし、残念ながらiPhoneの標準カメラのシャッター音を完全に消す方法は存在しません

  • シャッター音を消せない理由
  • シャッター音を消す方法

この記事では上記の2点に重きを置いて解説します。iPhoneカメラのシャッター音を消す方法を探している人はぜひご一読ください。



日本製iPhoneのシャッター音は消せない

着信音や通知音、操作音などiPhoneには様々な「」が溢れています。それらの音は全て音量を小さくすることができ、消音も可能です。しかし、シャッター音だけは別。他の音量のように音を消したりすることは不可能です。

なお、iPhoneのシャッター音が消せないのは世界でも一部地域(日本や韓国など)のiPhoneのみ。その他の海外製iPhoneはシャッター音を消すことができます(iPhone側面にあるスイッチでシャッター音をオフすることが可能)。海外製iPhoneならシャッター音は消せるといっても、ここは日本。日本国内で販売されているのはシャッター音を消せないiPhoneです。

日本や韓国などの一部地域で販売されているiPhoneにシャッター音を消す機能が備わっていないのは盗撮防止のため。そのため、シャッター音は音量をいくら小さくしようがマナーモードにしようが鳴ってしまうのです。

iPhoneのシャッター音を小さくする方法

iPhoneのシャッター音を100%消す方法はありませんが、その音を小さくする方法というのは存在します。

スピーカーを塞いでしまう(iPhone6S以前の端末)

iPhoneの機種によりますが、古い機種の場合は端末の下部分にスピーカーが備わっています。それを指で塞いでしまえばシャッター音の大きさを少しは軽減できるでしょう。ただし、指を使ってスピーカーを塞ぐことになるため写真撮影時にブレてしまったり撮影しにくくなってしまう恐れがあります。

音量を絞る(iPhone7以降の端末)

シャッター音にかかわる音量は「オーディオ音量」です。

  1. 「設定」アプリから「アクセシビリティ」に進む
  2. 「オーディオ/ビジュアル」を選択する

「バランス」のつまみを右(上のスピーカー)か左(下のスピーカー)かどちらかに音量を絞ってみてください。シャッター音が半分くらいのボリュームになりますよ。



シャッター音を消す方法①動画

シャッター音は「写真を撮影する時」にのみ鳴ります。動画を使って制止画撮影をおこなう分にはシャッター音が鳴る心配は要りません。しかも、iPhoneの標準カメラには動画撮影をしている最中のみ現れる「静止画撮影ボタン」が存在します。

  1. 「カメラ」アプリを起動する
  2. 「ビデオ」を選択する
  3. 赤い丸ボタンをタップする
  4. 左下に出てくる白いボタンをタップする

白いボタンをタップしたタイミングで制止画を撮影できます。この方法の注意点は以下の3点です。

  • 動画ファイルも保存される
  • 最大解像度が写真撮影時よりも低下する
  • 動画撮影スタート時と終了時に「ピコン」という音がする

不要な動画ファイルも保存されるのは一々消す手間が必要だから面倒くさいかもしれません。また、動画を撮影→スクリーンショットするという手間はないものの最大解像度が落ちてしまうのはちょっと……と使うかどうか判断に迷いますよね。しかも、シャッター音とは比較にならないほど小さいとはいっても音も鳴ってしまうというデメリットも。

シャッター音を消す方法②Live Photos

シャッター音を消す方法としてiPhone標準カメラの機能・Live Photosを使う方法も有効といえるでしょう。前項目の「動画」と同じく、撮影終了の時に「ピコン」という音はするものの、シャッター音よりはマシだと思われるLive Photos。Live PhotosとはiOSカメラで使える機能の一つです。Live Photosで写真を撮ると撮影前後の1.5秒間の動きを撮影できちゃいます。

「写真」アプリからLive Photosで撮った写真をタップして長押しすると動きます。Live Photosの撮影方法は以下をご覧ください。

  1. 「カメラ」アプリを起動する
  2. 画面上のLive Photosアイコンをタップする
  3. アイコンが黄色になったのを確認して撮影する

「LIVE」という文字が一瞬表示されたらLive Photosになったという合図です。なお、Live Photosは通常の写真よりもiPhoneストレージの必要容量が大きくなってしまうのには気をつけておきましょう。

シャッター音を消す方法③カメラアプリ

標準のカメラアプリを使った場合、完全にシャッター音を消す方法はありません。しかし、iPhoneに最初から搭載されている標準カメラアプリ以外の「カメラアプリ」であれば、シャッター音を消せるでしょう。この項目では、iPhoneにインストールできるカメラアプリをいくつかご紹介します。

CAMERA0

シャッター音がしないカメラアプリ。iPhoneカメラと同じく画質が美しい写真の撮影が可能です。手ぶれ補正やタイマー機能、望遠レンズ設定などほしい機能が詰まっています。また、写真撮影機能のみならずQRコードの読み込みもできるなど痒いところに手が届くアプリです。

OneCam

古くからある有料のカメラアプリです。シャッター音がならないようにするためにはマナーモードにしておく必要があります。マナーモードにし忘れるとシャッター音が鳴ってしまうので注意しましょう。解像度は16パターンから選択可能です。解像度の最大ピクセルは4032×2268となっています。3D Touch対応です。

消音カメラ

シャッター音がならないのは外側カメラのみというアプリもありますが、「消音カメラ」は内側カメラのシャッター音も鳴らさずに撮影できるという心強いカメラアプリです。無料で入手できるのも嬉しいですね。高い画質の写真を撮影dけいます。フラッシュ機能もついているから暗い場所での撮影に最適です。

Microsoft Pix

無料で使えるカメラアプリ。iPhoneの標準カメラと同じくらいの解像度を誇ります。無料カメラアプリの場合、広告が表示されることが多いですが「Microsoft Pix」は広告が表示されません。アプリの設定でシャッター音をオフにしておくだけでマナーモードでなくてもシャッター音が無音になりますよ。なお、マナーモードの場合はシャッター音がONになっていたとしても無音で撮影できます。

自動補正によって撮影した写真を美しく仕上げることができます。パノラマ撮影も可能です。

今回ご紹介した以外にも、シャッター音を鳴らさず写真撮影ができるカメラアプリはたくさんあります。自分にとって使いやすいカメラアプリを探すと良いでしょう。無料カメラアプリに優秀なものが存在しますから、色々試してみることをおすすめします。大きなシャッター音が鳴らすことなく、赤ちゃんの寝顔やペットのベストショットをゲットしちゃいましょう。