iPhone/Apple

iPhoneの標準カメラの撮影モード変更!live Photosをオフにする方法

「写真撮影をしたはずなのに動画ファイルになっている」

「撮影した写真を見返すと、左上に“LIVE”っていうマークがある」

「写真がいきなり動き出した」

「iPhoneのカメラを立ち上げる度にlive Photosが起動して鬱陶しい」

iPhoneに標準でついてるカメラアプリには、通常撮影モードの他に「live Photoモード」という撮影モードがあります。この撮影モードになっていると、普通の写真ではなくlive Photos写真という動く写真が撮影されます。

live Photosモードで撮影した写真は、撮影ボタンを押す前後1.5秒ずつの映像と音声が入ります。しかも、撮影ボタンを押して1.5秒してから「ピコン」という動画を撮った時のような音が鳴るので「あれ?」と思ってしまう人もいるのではないでしょうか。このlive Photosを標準で搭載しているのはiPhone6S以降の3D Touch機能がある機種です。

  • live Photosとは何なのか
  • live Photosをオフにする方法

この記事では、上記のことを詳しく解説しています。写真を撮る度にlive Photosが起動してしまい困っている人・live Photosをずっとオフにしておきたい人はぜひご一読ください。



iPhoneのカメラが動画ファイルになる問題!撮影モードが原因

iPhoneを両手で持つ

iPhoneのカメラアプリを使って撮影した写真をパソコンに保存したりSNSへ投稿したりした時、JPG(静止画)ファイルではなくMOV(動画)ファイルになっていた……ということ、ありませんか?

これはiPhoneのカメラアプリにある機能「live Photos」が一枚噛んでいます。live Photosという機能は静止画ファイルと動画ファイルをかけ合わせたもの……「動く写真」です。もし撮影した写真が動画ファイルになっているようなら、「写真」アプリで該当写真を見てみましょう。左上に「LIVE」マークがついていれば、それはlive Photos写真として保存されています。

live Photosとは

カメラの撮影(シャッター)ボタンを押す前後3秒の動き・音声を拾ってくれる面白い機能・live Photos。通常の写真では伝わりづらい臨場感や雰囲気を詰め込めるので家族や友達にiMessageやLINEトークなどを通して送ったり、SNSでシェアしたりといった使い方ができます。

iOS11以降であれば、live Photosのエフェクト機能も使用可能です。常に動きを繰り返し再生する「ループ」、通常再生したら逆再生することができる「バウンス」、花火や川の流れなどの軌跡を撮影できる「長時間露光」などのエフェクトを駆使し、面白い・美しい写真を撮影することが可能です。

ここまでメリットを挙げましたが、live Photosにはデメリットも存在します。そのもっともたるは「iPhoneストレージ容量が大きくなる」ことです。通常の写真よりもlive Photosモードで撮影した写真のほうが容量が大きくなります。何故かというと、live Photosには映像と音声が含まれているため、静止画ファイルの他に動画ファイルも保存されています。

ですから、通常モードで撮影した写真よりもlive Photosを使って撮影した写真ファイルのほうがサイズが大きくなってしまうのです。



live Photosが邪魔な時はオフにしよう

イヤホンしてスマホを眺める女性

live Photosはデフォルトでオン状態となっています。先にご紹介したとおり、live Photosモードは通常のカメラモードでは保存できないその場の雰囲気や臨場感をたっぷり詰め込めます。エフェクト機能を使って一眼レフカメラのように「長時間露光撮影」がおこなえるという魅力もありますよね。

しかしながら、ファイル容量が大きくなってiPhoneストレージを圧迫してしまう原因となることはもちろん、他の人に写真を送りたいのに動画を送ってしまった……などといったことが起きる可能性もあるでしょう。

live Photosを使わない・邪魔だなと思った時は、live Photo機能はオフにしてしまいましょう。

live Photosをオフにする方法①その場だけオフ

iPhoneを指差す人

この項目では、live Photosを「カメラ」アプリ画面でオフにする方法についてご紹介します。30秒ほどで簡単におこなえる設定です。

1.「カメラ」アプリを起動させる

「カメラ」アプリの起動のさせ方に指定はありません。ロック画面から起動させてもホーム画面の「カメラ」アプリをタップして起動させても良いでしょう。

2.「◎」ボタンに注目する

「カメラ」アプリを起動させると、画面上部に左から「フラッシュ」「HDR」「◎(live Photos)」「タイマー」「フィルター」という項目が並んでいます。このうち「◎」ボタンをチェックします。白色に斜線がある状態ならlive Photosはオフになっているでしょう。黄色ならオンになっています。

3.「◎」ボタンが黄色ならタップ

live Photosボタンが黄色なら、「◎」ボタンをタップしてlive Photosをオフにします。

これでlive Photos状態は解消しました。通常モードの写真撮影を楽しんでください。しかし、この方法でlive Photosをオフにしても設定によっては次回「カメラ」アプリを起動したら「live Photosがオン」になった状態に戻ってしまうことも……。

「カメラ」アプリを起動時、常にlive Photosをオフにしておきたいと思っているなら、「設定」アプリにてlive Photosを常にオフしておくよう設定する必要があります。「live Photosはあまり使わないから常にオフで良い」という人は次の項目で、live Photosをずっとオフのままにしておく方法を確認しましょう。

live Photosをオフにする方法②ずっとオフ

先の項目で述べたとおり、「カメラ」アプリの中でlive Photosをオフにしたとしても、肝心の設定が変更していなければ意味がありません。「1回だけ、live Photosではない写真を撮りたい」という人ならまだしも、「ずっとlive Photosモードをオフにしておきたい」と願っている人の場合、「カメラ」アプリを起動させる度にlive Photosがオンになっている状態は苦痛でしかありませんよね。

この項目では、iPhoneのlive Photos機能を常にオフ状態にしておく方法について説明します。

1.ホーム画面から「設定」アプリを開く

まずは「設定」アプリを起動させてください。

2.「カメラ」をタップする

「設定」アプリの中に入って下にスクロールしていくと「カメラ」の項目があります。それをタップしましょう。

3.「設定を保持」を選ぶ

「カメラ」の項目の中で一番上にある「設定を保持」を選びます。

4.「Live Photos」をオンにする

「カメラモード」「フィルタ」「Live Photos」とありますが、「Live Photos」をオンにしましょう(「カメラモード」と「フィルタ」の設定を保持するかどうかはお好みで)。live Photosの「設定を保持」をオンにしておけば、「カメラ」アプリを起動する度に自動でlive Photosがオン状態になってしまうことは起こらないでしょう。