iPhone/Apple

iPhoneのシャッタースピードは変更できる?夜景や花火を美しく撮影する方法

一眼レフで撮影したような美しい写真がiPhoneでも撮影できたなら――。iPhoneの標準カメラではシャッタースピードを変更したりはできません

iPhoneでも夜景や花火を美しく撮影する方法はあるってご存じでしょうか?「長時間露光」と呼ばれる撮影方法なのですが、長時間露光はシャッタースピードを遅くして動きがあるものの軌跡(辿った跡)が丸ごと撮影されるというもの。

たとえば動いている車のヘッドライトや流れ落ちる滝などをより美しく撮影できちゃうんです。プロのカメラマンだけが使える技術であった長時間露光。今回は、iPhoneで実現可能なプロの技・長時間露光の撮影方法について詳しく解説します。



iPhone標準のカメラで長時間露光撮影ができる!

「長時間露光って何?」という人でも、iPhoneの標準カメラがあれば気軽に美しい写真撮影が実現できます。専用の機材を用意する必要もなく、iPhoneがあればどこでも撮影できるので非常におすすめ。ただ、どのバージョンのiPhoneでも使用可能というわけではありません。iPhoneの標準カメラで長時間露光写真を撮る条件についは、後述する「iPhone標準のカメラで長時間露光撮影をする条件」をご覧ください。

長時間露光撮影向きの被写体

長時間露光撮影をする前に、撮影するのに向いている被写体・向いていない被写体について確認しておきましょう。

長時間露光撮影に向いている被写体:常に動き続けるもの

走行中の電車や車のヘッドライト、ライトアップされたメリーゴーランドなど常に動き続けるものは長時間露光撮影するのにぴったりな被写体といえるでしょう。滝や波、渓流なども撮影に最適です。線香花火や打ち上げ花火での撮影も試してみると良いでしょう。

長時間露光に向いていない被写体:静止しているもの・ブレるもの

銅像や建物など、ずっと静止しているものを撮影しても長時間露光の良さは発揮されません。動物や子供などもブレてしまうことが多く、撮影しても美しい写真にはならない場合が多いです。ただ、銅像の周りに動く人々がいるなど、静止しているものを際立たせて効果的な写真を撮影できることもあります。



iPhone標準のカメラで長時間露光撮影をする条件

長時間露光撮影をiPhoneでおこなうためには、一定の条件をクリアしなければなりません。

  1. Live Photosが使える
  2. Live Photosのエフェクト機能が使える

上記2つがiPhoneで長時間露光撮影をするための絶対条件です。

Live PhotosとはiPhone6Sから標準で搭載されているカメラ機能のこと。この機能を使うと、撮影前後の1.5秒(合計3秒)を動画ファイルとして撮影できます。このLive Photosで長時間露光撮影が可能です。

Live Photosだけがあっても長時間露光撮影はできません。iOS11以降に新しく追加された機能である「エフェクト機能」が使えなければ、仮にLive Photosが使えたとしても長時間露光撮影はおこなえないので注意しましょう。

これら2つの条件をクリアしていれば、iPhoneで長時間露光撮影をおこなうことはそんなに難しくありません。カメラを起動してから長時間露光写真を保存するまでにかかる時間は1分もかからないでしょう。

長時間露光撮影のやり方

この項目では、iPhoneで長時間露光撮影をおこなう際の方法について説明します。

1.iPhone標準の「カメラ」アプリを起動させる

ロック画面からでもホーム画面からでも良いので、iPhoneに標準搭載されている「カメラ」アプリを開きましょう。

2.画面上部分の中央にある「Live Photos」ボタンを押す

「Live Photos」ボタンが黄色くなったらONになった証拠です。黄色くならず斜め線が入った状態であれば、OFFになったということなのでもう一度「Live Photos」ボタンをタップしましょう。

3.下部分の「撮影」ボタンを押す

「撮影」ボタンを押してシャッターを切ると、その前後の1.5秒の撮影が自動的におこなわれます

4.「カメラ」アプリを閉じて「写真」アプリを開く

写真」アプリを開いたら、Live Photosで撮影した写真をタップしましょう。

5.写真を上方向にスワイプする

Live Photosで撮影した写真を表示させたら、画面下から上に向かってスワイプしましょう。すると、「エフェクト」が出現します。

6.「長時間露光」を選択する

エフェクトの項目には「Live」「ループ」「バウンス」「長時間露光」の4つが表示されています。一番右端にある「長時間露光」を選びましょう。

これでiPhoneで撮った写真が長時間露光写真として保存されました。

三脚を使ってもっと美しく!

長時間露光撮影を成功させるためには「ブレない」ようにすることが大切。しかし、iPhoneで撮影するとどうしてもぶれてしまいますよね。そんな時に役立つのが三脚です。三脚は100均でも購入できます。その三脚を安定した場所に置いてiPhoneの位置を固定し、美しい長時間露光写真を撮影してみましょう。

クランプでの固定やテーブルの上に置くなどして固定する方法も

ブレないための工夫として、三脚を使う以外に「クランプを使用する」「テーブルの上に置く」といった方法もおすすめです。とにかく「固定する」ということを意識してみてください。

アプリを使っての撮影も可能

ここまで、iPhoneに標準で搭載されている「カメラ」アプリを使った長時間露光撮影のやり方をご紹介しましたが、「カメラ」アプリを使う以外にもiPhoneで長時間露光写真を撮る方法はあります。その方法とは「専用アプリ」をインストールすることです。

Slow Shutter Cam

App Storeには「Slow Shutter Cam」という長時間露光撮影を実現するカメラアプリが販売されています。シャッターのスピードを調整できるのはもちろん、セルフタイマーを設定することで手ブレを抑制したりといったことも可能です。

  • モーションブラー:デジタル一眼レフカメラでいうところの「シャッタースピード優先モード」。ゴースト写真・滝など流れ落ちるものを撮影する際などに使える。
  • ライトトレイル:走っている車や電車のライト、花火など動く光を撮影するのに適している。軌跡をオリジナルの方法で写真に流し込む。
  • ローライト:暗い場所でも撮影をおこなえる。露出補正スライダーがあるので写真の調整も思いのまま。

上記の3つのモードが搭載されており、撮影するものに合わせてモード変更が可能です。また、フル解像度であることも嬉しいところ。

価格は250円とリーズナブルなので、気になる人はインストールしてみると良いでしょう。

Spectreカメラ

AIを使って長時間露光撮影ができるアプリです。価格は490円と上記で紹介した「Slow Shutter Cam」よりも高いですが、その分AIを駆使した魅力的な機能が搭載されています。注目すべきポイントは「人や車を消せる」ということ。人混みなど「これは消したい」と思う部分を消すことができます。美しくてやわらかな印象を与える水の写真を撮影したり、ライトトレイルモードで高速道路を走る車のライトを光の川に変えたり――と、iPhone一つで様々な写真撮影をおこなえます。