iPhone/Apple

iPhoneの液晶画面が反応しない?原因と対処法まとめ

「iPhoneの液晶画面を何度タップしても反応しない」

「iPhoneの操作していたら、いきなり固まってそのままの状態になってしまった」

そういう経験、ありませんか?

iPhoneの液晶画面……タッチパネルをタップしても動かないというのは、非常に困ります。連絡手段として普及しているスマートフォン。それが使えなくなるというのは避けたい事態ですよね。

iPhoneの液晶が反応しなくなった原因は何なのか、どう対応すれば良いのか知りたい人も多いはず。

  • たまに画面が反応しなくなる
  • 現在進行形で画面が反応しない
  • 対応の仕方を知っておきたい

この記事では、上記に当てはまる人向けの内容を解説しています。原因が知りたい人も、解決方法が知りたい人もぜひご一読ください。



iPhoneの液晶が反応しない状況って?

iPhoneの液晶画面が反応しないといっても、どういう状況で反応しないのかはケースバイケースです。

  • 真っ暗なまま動かない
  • 画面の一部だけ反応しない
  • タッチパネルの一部だけしか反応しない
  • キーボードの一部分が反応しない

状況によって、iPhone内・外で起こっていることは異なりますので原因も対策方法も違います。

次の項目からは、具体的な原因とその解決方法について述べていきます。

液晶が反応しない原因①保護シート

iPhoneの液晶画面に保護シート(保護フィルム)を貼り付けている場合は、これが原因でタッチパネルが反応しない場合があります。保護シートを最近貼り替えた、何らかの事情で一度保護シートを剥がした覚えはありませんか?

心当たりがあるなら、保護シートを貼っている液晶をよく見てみましょう。保護シート内に気泡が発生していたり、ホコリが入っていたり。フィルムにキズが入ってしまっている場合も要注意です。他にも保護シートの種類によってはiPhoneの液晶との相性が悪くてタッチ感度が悪くなってしまっている可能性があります。

次項の「iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法」にて紹介している「保護シートを剥がす・貼り替える」とおこなってみましょう。

液晶が反応しない原因②汚れ

iPhoneの液晶画面の汚れがひどいと、タッチの反応が鈍くなったり反応しないことがあります。指紋や手の汚れで画面全体が汚れてしまっていませんか?iPhoneの画面は指でタップしたり通話する際に顔に当てたりと汚れやすい部分ですから、汚れが原因でiPhoneのタッチパネルが反応しなくなっている可能性は十分に考えられます。

「iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法」で解説している「画面を拭く」の項目をチェックしましょう。

液晶が反応しない原因③静電気

iPhoneやその他多くのスマートフォンのタッチパネルは静電容量方式です。これは画面の上に電界(電場)を作り、タッチした時に生じる電荷(物体が帯びている電気の量のこと)の変化を感知して反応するというものです。

そのため、画面をタッチする指が極度に乾燥している・湿っている、手袋をしている場合などは、液晶画面が反応しないことがあります。

「自分は指ではなくタッチペンを使っているから関係ない」と考える人もいますが、静電式のタッチペンを使用しているなら要注意。手袋をしている状態で静電式タッチペンを使うと、電流が遮られてしまいます。手袋をはめて指で液晶画面をタッチしているのと同じ状態ですよ。

他の人に操作できるかタッチしてもらうと原因の切り分けがしやすいです。

次項の「iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法」にある「指先の乾燥や湿り気に注意する・手袋を外す」を試してみましょう。

液晶が反応しない原因④タッチのクセ

タッチの仕方によっては液晶画面が反応しないことがあります。

次の項目「iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法」で「タッチ調整をおこなう」方法について解説しています。やり方を確認し、試してみてください。

液晶が反応しない原因⑤システムエラー

iPhoneのソフトウェアの不具合――システムエラー、処理落ちによって画面が反応しないこともあるでしょう。

「iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法」にシステムエラー時に試してほしいことを述べています。

  • 充電してみる
  • 再起動する
  • iOSアップデート
  • リカバリーモード
  • ロック解除ができないなら専用ソフトを

これらの方法を試してみましょう。

液晶が反応しない原因⑥アプリ

画面が反応しないのが、特定のアプリを起動した時のみという場合はiPhone側ではなくアプリ側に問題があることも。

次項目の「iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法」にある下記の方法を試してみましょう。

  • 再起動する
  • アプリの再インストール

液晶が反応しない原因⑦バッテリーが膨張している

iPhoneを横から見ると、湾曲していませんか?そのせいで接触不良となり、液晶画面にタッチしても反応しないということも。これはバッテリーが膨張しているせいで起こる場合もあります。

対処方法としては、修理に出す一択になるでしょう。

液晶が反応しない原因⑧液晶が割れている

ひびが入っている・割れている場合は修理の相談をおこないましょう。

iPhoneの液晶が反応しない場合の対処法

Wi-Fiの平均回線速度を紹介

iPhoneの液晶画面が反応しない原因についてお伝えしたところで、次は具体的な対処方法について解説します。

保護シートを剥がす・貼り替える

保護シート起因の問題である場合、保護シートを剥がしてタッチしてみましょう。保護シートを剥がした状態で触ってみたら正常に反応するということであれば、間違いなく保護シートの問題です。

  1. ホコリや気泡が入らないように貼り直す
  2. 別のフィルムに貼り替える

まずは上記の1を試してみてください。綺麗に貼り直しても反応しないならフィルムがiPhoneとの相性が良くないということです。他の保護シートに貼り替えましょう。

画面を拭く

iPhoneのタッチパネル部分が汚れている場合は画面を拭くことで問題が解決するでしょう。

まず、保護シートやケースを外して電源をOFFにします。画面を傷つけないよう、クリーニングクロスなどの柔らかい布で拭くのがベストです。

再起動する

再起動のやり方は、iPhoneの種類によって異なります。

  1. iPhone 6S以前
  2. iPhone 7
  3. ホームボタンなし(iPhone8以降)

iPhone6S以前の機種は、ホームボタンとサイドボタンを同時に長押ししましょう。

iPhone7なら音量ボタンとサイドボタンを同時に長押し。

iPhone8以降は音量を上げるボタンを押したら放す→音量を下げるボタンを押して放す→サイドボタンを長押ししてみてください。

この方法でiPhoneの再起動ができます。

充電してみる

「真っ暗な画面から変化しない」「再起動したくてもできない」という場合は、充電してみてください。

もしかすると、バッテリーがないためiPhoneが起動していない可能性もありますよ。

指先の乾燥や湿り気に注意する・手袋を外す

指先がかなり乾燥している場合は保湿を、反対に湿っている場合は湿り気を拭き取りましょう。その上で再度タッチパネルを操作してみてください。

手袋をしている場合は外しましょう。

タッチ調整をおこなう

iPhoneには「タッチ感度」を調整できる機能が備わっています。タッチのクセによって画面が反応しない・反応が鈍い場合はタッチ調整をおこなってみましょう。

1.「設定」をタップします。

2.「アクセシビリティ」をタップ。

3.「タッチ」を押下して先に進みましょう。

4.「タッチ調整」を押します。

5.「タッチ調整」の右横にあるボタンを押し、ON状態にします。

「タッチ調整」をONにしたら、その下にある「保持継続時間」や「繰り返しを無視」、「タッチ開始位置を使用」「タッチ終了位置を使用」などの設定を自分に合うようにカスタマイズしましょう。

iOSアップデート

iOSのアップデートを怠っていると、動作が鈍くなってしまうことがあります。「設定」→「一般」をタップし、「ソフトウェア・アップデート」に通知がないかどうかをチェックしましょう。

リカバリーモード

パスコードを入力する段階からiPhoneが動かず、再起動をしても状況が改善しない場合はリカバリーモードを試してみましょう。

  1. iPhoneをパソコンに接続します。
  2. iTunesを起動してください。
  3. iPhoneの再起動をし、iPhoneを再起動しましょう。
  4. 画面にリカバリーモードが表示されるのでパソコン(iTunes)でiOSアップデートを選んでください。

このやり方はiPhone内のデータは消去されません。安心して試してみましょう。

アプリの再インストール

キーボード部分のみや特定のアプリを使用する場合のみ画面が反応しないという時は、アプリの不具合である可能性があります。アプリを一度消して、再インストールしてみましょう。



何をしても駄目な時は修理が必要

困った

ここまでiPhoneの液晶画面が反応しない時に試してほしい対策方法をご紹介しましたが、何をしても駄目という場合は潔くAppleのリペアセンターへ修理の相談をおこないましょう。

タッチパネルだけの交換になるのか、他の部位も交換が必要かによって費用も修理方法(タッチパネルのみ、本体丸ごと交換など)が異なります。

修理前にiPhoneのバックアップを

パソコンの前でiPhoneを見る人

修理をおこなう前には、必ずiPhoneのバックアップを取っておきましょう。ショップでバックアップはおこなってくれませんので注意が必要です。もしバックアップをおこなっていないと、大切なデータが全て消し飛んでしまいますよ。

なお、タッチパネルが完全に反応しなくてもデータのバックアップがおこなえるツールも存在します。

PhoneRescue for iOS」というツールなのですが、無料版もあるので「バックアップをしたいけど、液晶が全く反応しないからどうしようもない」という人は試してみると良いでしょう。