DM(ダイレクトメッセージ)とは、フォローしている人同士の非公開の会話方法です。以下《DM》と表記します。

以前はフォロー関係を結んでいないと使えなかったDMですが。

制限が解除され、誰からでもDMを受け取ると設定している人には、誰でもDMを送れますし、届いたDMに返信することで、フォローしていない人とも繋がることができるようになりました。

仕様が変更されたことで様々なことが変わりましたので、ご紹介します。

1. 知り合いのTwitterアカウントへのDM(ダイレクトメール)の送り方

DMの送信方法

相手のアカウントページに行きます。

《メッセージ》マークをタップします。

PCの場合は、自己紹介文の下にあります。

iPhone/Androidの場合は、ツイートボタンの並びに《メッセージ》ボタンがあります。

メッセージボックスに入力して《送信》をタップすれば送信され、履歴が残ります。

他にもDMを送る方法がありますのでご説明いたします。

Twitterを開き《メッセージ》タブをタップします。

《新しいメッセージ アイコン》をタップします。

 

メッセージを送りたい知り合いの《ユーザー名》 を入力します。

対応するユーザーさんが下に一覧で表示されますので、送りたい相手をタップすると、チェックが付きますので、確認し《次へ》をタップします。

《メッセージ》 を入力して 《送信》 をタップします。

《メッセージ》が送信され、履歴が残ります。

また、《メッセージ》を押しますと下に一覧が表示されますので、その中からメッセージを送りたい相手をタップして《次へ》をタップすることでもメッセージを送ることができます。

DMを完全に消去する方法

以前のTwitterでは、自分のアカウント上でDMを削除すれば、送った相手の(自分が消した)メッセージも消えました。

ですが、現在のTwitterでは、自分のDMを消した場合、自分のアカウント内ではメッセージは消すことができますが、やり取りをした相手のアカウント内には、ばっちり消したはずのメッセージが残っています。

相手のアカウント内の(自分が)消したいメッセージを、削除することは現段階ではできません。

Twitterでは過去に、非公開リストが公開される不具合もありましたので、いくら非公開といえども、口から出たことは戻りませんので(書いたことは消せませんので)、慎重な発言をすることをおすすめいたします。

2. TwitterのDMで既読つく?相手が読んだかどうかわかる?どこで既読確認できるのか?

以前までは、既読履歴が残らなかったTwitterですが、2016年6月よりDMに限り、既読機能が追加されました。

送ったメッセージを見ると、コメントの下に灰色のチェックマークがあります。

送った相手が既読すると、灰色のチェックマークが青くなります。

これで確認ができます。

3. 相手に既読をつけずにDMを読む方法

既読をつけたくないと思われた方は、《設定》の《既読通知の送信/受信》で機能をオフにすることで、既読しても、相手に通知が行かないように設定できますので、設定方法をご説明いたします。

iPhoneの場合

マイページのプロフィール画像の横にある《歯車マーク》をタップします。

設定から《プライバシーとセキュリティ》へ進みます。

《既読通知の送信/受信》のオン/オフボックスをタップしてオフにします。

これで既読マークがずっと灰色の状態になります。

Androidの場合

プロフィール画像をタップし《設定》をタップします。

《プライバシーとコンテンツ》をタップし、有効にしたい場合は《既読通知の送信/受信》のチェックボックスをオフに切り替えます。

これで既読マークがずっと灰色の状態になります。

PCの場合

ホーム画面の右上にあるプロフィール画像をクリックします。

《設定》をクリックし《プライバシーとセキュリティ》をクリックします。

下にスクロールさせますと《ダイレクトメッセージ》の項目に《既読通知の送信/受信》がありますので、チェックを外せばオフにできます。

以上が設定の方法になります。

メッセージを送りあってる相手に既読を気にされるのを防ぎたい方は、設定をオフにすることをおすすめいたします。

注意点としては、ダイレクトメッセージを受信してから設定しても、未読のまま読むことはできません。

4. DM送れない不具合発生?画像やURLも送信できないのか?DM送信の規制とは?

DMを送るときに気をつけなくてはいけないことに《規制》があります。

直近で、同じ内容のDMを多数の方に送信している場合は、Twitterに不正行為をしていると判断され、DMを規制される可能性があります。Twitterの判断によりアカウントを凍結(一時停止)される場合もあります。

その他に、同じ相手とのDMは1日に250通までです。それ以上は規制が掛かってしまいDMできません。

規制がかけられた場合は、数時間から24時間の間DMが送れなくなります。

友人にサイトを紹介するため、調べごとを頼まれた際に、URLを連続でDMすることもあると思いますが、URLを連続で送信すると、規制に引っかかることがあります。この場合はURLが送れなくなります。

通常の文章(URLを含まないもの)は送信できます。

画像も同様に、送れるサイズに制限があり、一定の容量を超えると画像が送信できなくなります。

この場合も、通常の文章(画像を含まないもの)は送信できるようです。

URLの送りすぎ、画像サイズ容量の超過などは、15分ほど経ちますと規制が解除されます。

アカウントが凍結された場合、原因は不正行為を疑われたとは限りません。

長期間Twitterアカウントを放置していた場合(6ヶ月以上)、アカウントが凍結されている可能性があります。

もしも、アカウントを凍結された場合は、ご自分のアカウントの上部に、「あなたのアカウント(アカウント名)は現在、凍結されています。詳しくは凍結されたアカウントをご覧ください。」と表示されます。

《凍結されたアカウント》がリンクになっていますので、タップしたその先で、解除申請を出すことでしばらくすると凍結状態が解除されます。

DMが送れず、規制でもない場合は、Twitter側の問題の可能性もあります。

災害時や多くの人がDMを一度に利用するなど、TwitterサーバーがDMの処理ができなくなった場合などは、DMを拒否される可能性があります。

その他にも、システム的な問題がTwitterに起きている可能性も考えられます。

もし、Twitterに問題がある場合は、大騒ぎになっている可能性が大きいですし、少し時間を空ければDMが送れるようになる可能性が高いです。

現在Twitterやその他のSNSに送られている、不具合の数を知ることが出来る《ダウンディテクター》というサイトがあります。

Twitterの不具合を疑った際は、確認してみてください。

5. DMはフォローしてない人でも送信できるのか?フォローしてもらえないと送信できない?

以前はフォロー関係でないとDMは送れませんでしたが、2017年現在はDMを送る相手のアカウントが、誰からでもDMを受け取るという設定をしているときに限り、DMを送ることが可能になっています。

届いたDMには、たとえ送り先がフォローしていないアカウントであっても送信できます。

誰からでもDMを受け取る設定は・・・

PCの場合

ホーム画面の右上のツイートボタンの横にある、《プロフィール》をクリックして《設定》を開きます。

設定の《セキュリティとプライバシー》の中の《すべてのユーザーからDMを受け取る》をチェックします。

これでフォローしていない相手からでもDMを受け付けられるようになります。

iPhoneの場合

ホーム画面の下にあるメニューバーから《プロフィール》をタップし、プロフィール画像の横にある《歯車マーク》をタップします。

《全ユーザーからメッセージを受信》のオン/オフボックスをタップしてオンにします。

以上でフォローしていない相手からでもDMを受け付けられるようになります。

Androidの場合

設定のアイコンをタップします。

《設定》をタップします。

設定したいアカウントをタップします。

《プライバシー》を設定します。

 

《全ユーザからのDMを受信》の欄のチェックボックスをオンにします。

これで、フォローしていない相手からでもDMを受け付けられるようになります。

まとめ

DMは非公開でやり取りできて、条件次第で誰にでも送れる、大変便利な機能ですが、いくら非公開といえども、一度いったことは消去できませんし、万が一、公開されるような場合も考えられますので、あまり尖った言動は控えたほうが無難だと思います。

既読機能はLINEで有名ですが、コミュニケーションの速度を要求されているようで、私はあまり好きではないんです。

人それぞれですが、機能をオン/オフできるのは、本当にありがたいです。