LINE LABO

超人気スマホアプリ「LINE」の取扱説明書。使い慣れてない初心者のために作られました

iOS10.2アップデートで修正された不具合・新機能まとめ


スポンサードリンク


   

iOS10.2(2016年12月13日配信)ですが、アップデートしたことによる追加機能が何なのか気になりますよね。せっかくアップデートしたのに、追加機能を知らなくては、宝の持ち腐れです。

また、前回のバージョンからの修正点も気になる所です。今までの不具合は解消されているのでしょうか。

今回は、iOS10.2アップデートで修正された不具合・新機能について紹介していきます。

スポンサードリンク

1.iOS10.2にアップデートされたことで解決された不具合まとめ

初めに紹介するのは、iOS10.2にアップデートしたことによって改善された不具合です。大規模なアップデートでは、それ以前の不具合が改善されるケースが多々あります。iOS10.2へのアップデートでも、多くの不具合が改善されています。ここでは、頻繁に使う機能で、改善された不具合を中心に紹介します。

1.頻繁に使う機能の改善された不具合

  • 「iPhone7 Plus」だけの改善になりますが、カメラがズームインしたままになる不具合
    この問題は、iOS10.02以降に報告があった不具合です。iOS10.2でようやく修正されました。
  • ロック画面で、Touch IDやパスコードを入力せずに、写真や動画を見ることが出来る不具合
    iOS8以降の不具合ですが、プライバシーに関係する不具合だったので、修正されて安心です。
  • メッセージアプリでキーボードが起動しない不具合
    こちらもiOS8以降度々報告のあった不具合です。メッセージアプリで文字入力しようとすると、キーボードが表示されないことがありました。
  • メールアプリでコピー&ペーストが出来ない不具合
    この不具合は、iOS10.2以前のiOSで報告のあった不具合です。長押しでコピー&ペーストが出来ないことや、違う文字がコピーされるという不具合がありました。
  • Safariのリーディングリストを既読にするとクラッシュする不具合
    こちらもiOS10.2以前のiOSで度々報告のあった不具合です。Safariのリーディングリスト(後で読むためのストック機能です)が異常終了する不具合です。バッテリーの消耗にも関係していたので、修正は嬉しいですね。

2.その他、改善された不具合(一部)

  • ・「メモリー」でスクリーンショット、ホワイトボード、レシートなどの写真からメモリーを作成してしまう不具合
  • ・「移動」シートが、メッセージの移動後もそのまま残っている不具合
  • ・アクセシビリティを使用することによるセキュリティーの問題
  • ・FaceTime通話で、縦横比および画面の向きが間違って見える不具合

などです。

解消された不具合は、20個以上ありますので、大幅な修正が行われたアップデートと言って良いでしょう。

2.iOS10.2から追加された新機能まとめ

iOS10.2のアップデートでは、新機能も多数追加されています。ここでは、日常使う上で影響が大きそうな新機能を紹介していきます。

機能1.スクリーンショット使用時の音を調節出来るようになった

iOS10.2にアップデートして一番影響が大きいのが、スクリーンショットの音を無音にすることが可能になった機能です。

経験がある方もいると思いますが、公共の乗り物(バス、電車など)に乗っていて、気になる画像をスクリーンショットした時に、iOS10.2以前では「カシャッ」と大きな音が鳴って、周りの注目を集めるので、公共の場での使用を控えたはずです。

実は、iOS10.2以前では、スクリーンショットの音量は一切変更出来ませんでした。サイレントモードでも関係なく音が鳴る仕様だったのです。

iOS10.2では、このスクリーンショット時の音をサイレントモードと連動させ、無音にすることが可能になりました。

機能2.絵文字が100個以上追加された

メッセージアプリやLINEやメールで頻繁に使う絵文字の個数が100個以上追加されました。メッセージを伝えるのに活用出来るので、素晴らしい追加機能です。

加えて、絵文字のデザインも、以前より細部を美しく見えるように変更されています。
メールなどを頻繁に使うユーザーにとっては、嬉しいですね。

機能3.ミュージックアプリが使いやすくなった

iOS10.2以前では、アルバムのみの並べ替えしか出来なく、並び替えをする場合は、ホーム画面の「設定」から操作する仕様でした。

iOS10.2では、「アルバム」に加え「プレイリスト」「曲」の並び替えが可能となり、全てミュージックアプリ内で操作出来るように、機能が追加されています。

また、シャッフルやリピートの位置も変更され、以前に比べて、比較的使いやすくなっています。

機能4.メッセージアプリのスクリーンエフェクトが2個追加された

メッセージアプリには、スクリーンエフェクトといってアニメーションの様なモノを添付する機能があります。この機能に「ハート」「お祝い」という2つの種類が追加されました。メッセージを送る際のバリエーションが増えたのは、嬉しいですね。

※スクリーンエフェクトの送り方がわからない方のために、方法だけ紹介しておきます。

  • ①メッセージアプリで新規メッセージを作成する
  • ②送信ボタン(↑アイコン)を長押し
  • ③「吹き出し」と「スクリーン」が表示されます
  • ④「スクリーン」を選択する

スクリーンエフェクトが選択出来るようになるので、スライドさせて、送りたいものを選んで下さい。

3.逆にiOS10.2にアップデートしたことで発生した新しい不具合まとめ

ここまでは、iOS10.2にアップデートしたことで修正されたことや、新機能について紹介してきました。

しかし、大規模なiOSのアップデートといえば、付いて回るのが不具合です。過去の大規模なアップデートを遡ってみても、何かしらの不具合を生じています。では、今回のiOS10.2はどうなのか?気になる所です。

結果から言うと、新たに大きく目立った不具合は殆んどありません。

強いて挙げるなら、バッテリーの消耗が若干多くなったことです。この不具合については、iOS10.2以前から報告されていましたし、新機能も追加されているので、若干のバッテリー消費が増えるのは、仕方がないことです。

小さな不具合では、Safariで「かな入力」の一部に不具合があると報告があります。こちらに関しても、文字入力全体ではないので、不具合の内に入らないと考えます。

過去のiOSアップデートで生じた不具合の大きさから見ても、iOS10.2へのアップデートでは、不具合はほぼ無いと言えます。

まとめ

今回は、iOS10.2へのアップデートに関して紹介しました。iOS10.2へのアップデートは、修正箇所、追加の新機能の量が多く、全て紹介出来ませんでしたが、紹介した内容だけでも、十分アップデートするメリットはあると考えています。

また、新たに目立って大きな不具合が発生してないのも魅力的です。過去のアップデートと比較すると、その優秀さがわかります。

iOS10.2へのアップデートは、是非行ってみて下さい。

スポンサードリンク



 - iPhone/Apple