LINEトーク通知がこない・遅い・メッセージが表示されない不具合の原因と対処法

更新日:2017/02/02[LINE エラー不具合]




スポンサードリンク


もうLINE無しの生活なんて考えられない!なんて方もいるほど、生活に溶け込んできているLINE。便利な反面、まだまだ不具合、困ったことが多いのも事実ではないでしょうか。

今回はLINEトークの通知が来なくて、結果的に未読スルーをしてしまった。他の用事でLINEを開いたらたまっていた通知が遅れて来た、通知は来るのにトークが表示されないなんて時の原因と、対処法を見ていきましょう。

スポンサードリンク

LINEトークの通知が来ない・遅い原因と対処法

まずは通知が来ない、遅い場合の原因を見ていきましょう。LINE側に深刻な不具合が起きている…。なんてことが無い限り、その場で対処することができるようです。

LINEアプリ内の通知がオフになっている

特に設定を変更した覚えは無いのに、なぜかいきなり通知が来なくなった場合。覚えは無くともアプリ内の通知設定を確認してみましょう。いじっていないのにオフに切り替わっているという、不思議現象が起こっていることがたまにあるようです。

通知設定自体がオフになっていれば、通知は来なくて当たり前ですよね。通知が来なくて困っている、という場合はとりあえず一番に確認してみましょう。
その他→設定(歯車アイコン)→通知設定で確認できます。また、オンになっていた場合、一度オフに切り替えてまたオンにしてみてください。これだけで通知が来ない不具合が直ることがあるようです。

トークごとの通知設定がオフになっている

あまりこの設定をされている方を見たことが無いのですが、皆さんされているんですかね?LINEには全体的な通知設定のほかに、トーク、グループごとの通知設定があります。

普段頻繁にトークをしている相手から、いきなり通知が来なくなった場合、個別の通知設定がオフになっていないかも確認しておきましょう。個別のトーク画面を開き、画面上部をスライドしてメニューを開きます。開いた時に「通知オフ」となっていれば通知が来る設定です。

ややこしいのですが、この「通知オフ」はタップしたら通知オフに切り替わるよ。という表示なのだそう。間違えて本格的に通知が来ないように設定してしまわないよう気をつけましょう。

LINEアプリのアップデートをしていない

通知が来ない不具合以外でも、考えられる原因にあげられることが多いアップデートの問題。近頃ずっとアップデートしていなかったな。と思い当たるようならこまめにアップデートをするようにしましょう。もしかしたら今のバージョンが、通知が来ない不具合を直す前のバージョンなのかもしれません。

スマホ本体の通知設定がオフになっている

LINE側でいくら通知をオンにしても、スマホ本体から止められていれば、通知できませんよね。iPhone、Androidともに、アプリごとの通知設定ができるようになっているので、ここも確認しておきましょう。

  • ・iPhone:設定→通知→LINEの順に確認できます。
  • ・Android:設定→アプリ→LINEで通知設定を確認できます。

他のアプリ、エコモードの影響

電池消費が激しいから常にエコモードを使っている、同じくバッテリーのもちをよくするために、節電系のアプリを使っている。こんな場合、LINEの通知は無くてもいいんじゃない?とカットされている可能性があります。

上記までの対処をしてもなお、通知が来ない場合はアプリの可能性が高くなります。LINEの通知を対象外にする操作をするか、アンインストールして再起動してみましょう。通知が来るようになればアプリのせいなので、通知に影響しないアプリを選ぶ必要がありますね。

また、LINEの通知音を変更している場合、カットの対象になることが多いようです。

LINEトークのメッセージが表示されない原因と対処法

ここからはトーク画面は開くけれどメッセージが表示されない。メッセージは見えるけれど、画面を開いた途端にアプリが落ちる。という不具合の原因と対処法を見ていきましょう。

端末のメモリ不足によるもの

メモリが足りない。良く聞く言葉ですが、LINEのトーク画面でメッセージが表示されないことと、何の関係があるんだろう?と不思議に感じる方も多いと思います。簡単に言えばメモリとは作業をする際に使う、作業台のようなもの。

トークの中身を表示する、新たに送るメッセージを送信する。文章を打ち込む。これらの動作を圧迫された作業台でしていれば作業効率は落ちるというもの。うまく作動することができず、結果、メッセージが表示されない、アプリが落ちるなどの不具合につながってしまいます。

LINE内のトークが膨大にある。スマホ内に使っていないアプリがごろごろある。なんて場合はデータの整理をしてみましょう。

OS、LINEアプリのアップデート

どんなものでも古い情報と新しい情報が行きかっていれば、話がかみ合わない。なんてことがありますよね。トーク画面のメッセージが表示されない場合、アプリのアップデートを。と思いつく方は多いのですが、OSの方はほったらかしになっていることもまた多いようです。

LINEだけではなく、他のアプリにも影響が出ることがあるので、OSのアップデートも都度忘れないようにしておきましょう。

LINE側の不具合

LINE側の不具合、というよりも原因不明の場合もあるようです。しかしこれはLINEが対処法を公開してくれています。その方法とは以下の通り。

  • ・トーク画面を開きなおす

LINE公式サイトで紹介されている方法になります。メッセージが表示されていないのを発見したら、トークリストの画面に戻り、再度目的のトーク画面を開くだけ。とても簡単な方法ですが、これだけで改善した方が多くいるようです。

  • ・LINEアプリの再起動

メッセージが表示されていない不具合を見つけたら、マルチタスクからLINEをスライドさせましょう。これで簡単にLINEを終了させることができます。再びLINEのアイコンをタップしてLINEを立ち上げれば再起動の終了です。

_20170131_114650

iPhoneではホームボタンを2回続けて押せば、簡単にマルチタスクの画面になります。Androidの場合、機種によって違うようですが、ほとんどが端末の右下にあるアイコンをタップすることで表示されるようです。


この記事のURLとタイトルをコピーする
(タップで簡単コピー)

Twitter・はてブで共有してくれると嬉しいです!




スポンサードリンク


LINEブロック確認する5つの裏技


LINEブロックをバレずに確認する方法まとめ


既読をつけずにLINEトークを確認する方法

LINEアカウントでお困りですか?

LINE IDでお困りですか?

あなたにぜひ読んでほしいオススメ記事

LINEのセキュリティは大丈夫?

LINEの既読をつけずに読みたい

LINEプリペイドカードについて

▲クリックして一番上まで一気に戻る

コメントを残す

サブコンテンツ

クリックでページ先頭へ移動