LINE LABO

超人気スマホアプリ「LINE」の取扱説明書。使い慣れてない初心者のために作られました

絶妙なLINE返信のタイミング5パターン&最悪なタイミング5パターン


スポンサードリンク


   

LINEを使って気になる異性にいい印象を与えたい。LINEをいい関係で続けるために気をつけることは?

LINEはリアルの会話に近いコミュニケーションツールです。相手の気持ちを気遣って、心地いいトークを心がけましょう。

気になる異性と仲良くなるために、使えるLINEの返信タイミングと相手を気遣うためのポイントをご紹介していきます。

スポンサードリンク

1. 異性に好印象を持たせるためのLINE返信のベストタイミング

相手に合わせたペースを考える

LINEは対面で行う会話と似ています。ゆっくり話す人にはゆっくりと、早く話す人には短い文章でテンポ良く、相手に合わせてLINEを送りましょう。

出来る範囲でかまいません。会ってする会話と同じように、相手に合わせたLINE返信速度を保ちましょう。

長くLINEをしたときは感謝の一言を添える

長く続いたLINEの最後に、感謝の気持ちを一言そえて送信すると、あなたの印象がさらにアップします。

休みの前の日など、いつもより長くLINEをしたときは、《今日はたくさん話せてよかった》《楽しかった》《ありがとう》という言葉をつけましょう。楽しい記憶が、その最後の一言を見るだけでよみがえります。

普段のLINEにまでつける必要はありません。あくまでも、長く会話した特別な会話の後につけるようにしましょう。

デートの後のお礼《また行きたい》《次は探しておく》《また誘って》

LINEなど形として残るものに、《また誘って》《楽しかった》《また行きたい》と言葉を残すと、いつまでも形としてうれしさを取って置けます。

デートの後やちょっとしたときでも、気になる人にはうれしかった気持ちをLINEで形として残しておきましょう。会っているときに直接伝えたことでも、LINEで形としてプレゼントしてあげましょう。

相手が落ち込んでいるときには《元気出して》《話し聞くよ》

相手が落ち込んでいそうなときは、《元気出して》《話を聞くよ》《会って話しでもする?》など、相手を気遣かった一言を送ると相手は喜びます。

普段から気にかけていないと、ついついスタンプ、一言で終わらせてしまいがちなLINEメッセージ。相手が元気がないときは、ちょっと不自然でも相手を気遣う言葉をかけましょう。気にされてイヤな人はいません。

気になる相手には、5分以内もしくは3時間以内にLINEを送る

男女ともに、気になる相手からのLINEは心待ちにしています。スマホを握り締めて、次のメッセージを待っています。

あせる必要はありません。LINEは会っているときの会話に良く似ています。場の空気を感じて、待っている相手の気持ちに答えましょう。

返信は短い文章で、心地いいテンポを心がけましょう。長くなる文章は、何回かに分けて返信してもいいかもしれません。

2. 逆に異性のテンションを下げる最悪な返信のタイミング

《今なにしてる?》《遊びたい》《ねぇ》など、相手の返信をあおるLINE

短時間で何度も相手に呼びかけるようなLINEは、見ている側からするとテンションがダダ下がりになります。最初は返す気でも、LINE画面を見た瞬間にドン引きすることもあります。

送る側のテンションが高いときに起きやすい問題です。

相手のテンションを考えてLINEしましょう。追いかけるのがすきでも、追われると一瞬でさめることがあります。LINEを送る前に少し考えてから送信しましょう。

かけひきテクニックなどで返信を遅らせすぎ

相手の気を引くための遅延テクニックは、多くても日に2,3回にしてください。それ以上繰り返すと、相手があなたの返信を気にかけなくなる可能性があります。

恋愛テクニックで、LINEの返信を遅らせて相手の気を引くというものがあります。確かに効果はありますが、テクニックには頻度があります。何回も遅らせすぎますと、相手はだんだんとどうでも良くなってきます。

いままでテンポ良くLINEしてたのに、急に返信が止まった。《何かあったのかな?》《心配だな》など、相手に自分のことを考えさせることがこのテクニックの目的です。

1日に3度も4度も心配をかけるのはやめましょう。

一連の流れが終わったのにメッセージを送る

LINEのやり取りは、必ずどちらか一方が終わらせます。一度終わったやり取りをさらに続けるのは、マナー違反ですので気をつけましょう。

長く相手とLINEをしていたい気持ちはわかります。ですが、LINEの会話終了は、お互いの合意で出来ています。どちらか一方の都合を押し付けないようにしましょう。

会話が終わった後のスタンプも、場合によっては嫌がられます。なるべく使わないようにしましょう。

仕事中や深夜早朝にLINEを送る

仕事中や深夜早朝など相手にやる事がある時間に、LINEを送るのはやめましょう。返信しなければいけないプレッシャーを相手に与えます。

早朝や深夜にLINEの着信で目が覚めてしまったら、相手はどう思うでしょうか?

相手の生活リズムを考えて、LINEを送るようにしましょう。相手の都合を考えない一方的なコミュニケーションは、嫌われる原因になりますのでご注意ください。

仕事中にどうしてもLINEを送るときは、出来るだけ簡単な質問、文章で終わらせましょう。LINEを送るベストな時間帯は《20:00~22:00》というアンケート結果が出ています。

返信は1日以内にしましょう

LINEの返信平均時間は、友達の場合《平均7時間》、職場、仕事関係の場合は《平均11時間》となっています。LINEの返信が途中で止まっていて、1日以上返信がないというのは、職場関係以上の距離が離れていることになります。

相手とのLINEに慣れてくると、既読しても返信しないことも増えてくると思います。ですが、平均時間は上記のようになっています。

大切な相手とは、職場関係以上でいてあげてください。

3.LINEで気になる異性に送ってはいけない言葉

〇〇くん、〇〇ちゃんならしてくれるのに

他の誰かと比較されて《〇〇くん(ちゃん)ならしてくれるのに》という意味のLINEを送ると、相手は急激にさめます。

文句があるなら相手のところに行けばいい、何で自分と相手が比べられなければいけないのか?と考えます。逆に自分に言われたらいやですよね?

ついつい言ってしまいがちな言葉ですが、気をつけましょう。LINEは後々まで形で残ります。

キモい

相手の容姿、服装など見た目に関して使ってしまうと、相手は思いのほか傷つきます。LINEを送られたときは、場の流れで気にしないかもしれません。ですが、《キモい》と書かれたLINEをいつまでも気にします。

時間がたってもそのラインを、何回も見返しながら悩んでしまう人もいます。

結構冗談で言ってしまう言葉です。軽い気持ちで《キモい》など普通に使ってしまいます。普段から《キモい》を使っている人は気をつけましょう。

だから〇〇を□□すればよかったのに(たられば)

楽しい会話になる未来が見えません。言い方が問題です。ここでは、相手の失敗を忠告する意味で《□□すればよかった》と言っています。

被害を受けた場合は、□□の方が良かったと言いたくなる気持ちはわかります。ですが、最初から否定で入る言葉からは、楽しい未来が想像できません。

まずは共感から入りましょう。〇〇だとダメだったんだね。(私、俺)も出来ると思ったのに。こんどは□□なんて方法はどうだろう?などまずは相手を理解することから入りましょう。

今日は何してた?相手を探る内容を頻繁に送る

《今日はなにしてたの?》《何食べた?》などたいした事ではない質問を繰り返すと、相手はストレスを感じます。

彼女ならたいした内容じゃないことでも、返事をすることが苦ではないかもしれません。ですが、通常の神経ではストレスを感じるだけですので、意味のない質問は慎みましょう。

多少は付き合えても、何回も繰り返すと相手は《何が言いたいんだ?》と不安になります。迷惑ですので、的を絞った質問をするようにしましょう。質問の意図をわかりやすくしてください。

テンプレ化したメッセージ

毎度毎度、同じ返事しか返ってこないのは嫌われる原因になります。《つまらないやつ》《ワンパターン》《何か話題がないのか?》など相手がウンザリする可能性があります。

毎回相手の反応を期待したメッセージを送るのは難しいです。ですが、LINEは会話に近いツールですので、たまにはこちらから話題を振りましょう。

バラエティ豊かな切り替えし方法。困ったときに振る話題を用意しておけば、メッセージのマンネリ化を防ぐ事が出来ます。

まとめ

LINEの絶妙な返信タイミング、最悪なタイミングでの返信についてご紹介しました。あわせて、気になる異性に送ってはいけないLINE内容もご紹介しました。

異性に好意を持ってもらえる絶好のLINE返信タイミングは

  1. 基本は相手のペースにあわせたLINE返信速度
  2. 長くLINEをした後に、感謝の一言を添える
  3. デートの後のお礼《また行きたい》《次は探しておく》《また誘って》
  4. 相手が落ち込んでいるときには、《元気出して》《話し聞くよ》
  5. 気になる相手には、5分以内もしくは3時間以内にLINEを送る

逆に気になる異性のテンションを下げてしまうLINEのタイミングは

  1. 連続で《今なにしてる?》《遊びたい》《ねぇ》など、相手の返信をあおる
  2. かけひきテクニックなどで返信を遅らせすぎ
  3. 一連の流れが終わったのにメッセージを送る。
  4. 仕事中や深夜早朝にLINEを送る
  5. 返信は1日以内にしましょう。

LINEは通常の会話に良く似ているツールです。常識的に考えて、相手の迷惑にならないことをしましょう。そして、相手の喜ぶことをしてあげましょう。

LINEで気になる異性に送ってはいけない言葉もあわせてご紹介しました。

  1. 〇〇くん、〇〇ちゃんならしてくれるのに
  2. キモい
  3. だから〇〇を□□すればよかったのに(たられば)
  4. 今日は何してた?相手を探る内容を頻繁に送る
  5. テンプレ化したメッセージ

上記に書きましたが、LINEは会話に良く似ています。ですが、LINEのメッセージは形が残ります。ちょっとした冗談で言ったことでも、形として残ったメッセージを相手は何度も見ることになります。

相手を喜ばせる内容も、相手を傷つける内容もトーク履歴に残ります。気になる相手からのメッセージは、何度も見返す人が多いです。相手に印象を残すならば、いい印象を残すようにしましょう。

 

LINEポイント貯めてる?完全無料でコツコツ貯める賢い貯め方

 

スポンサードリンク



 - LINEトーク・メッセージ