LINE LABO

超人気スマホアプリ「LINE」の取扱説明書。使い慣れてない初心者のために作られました

格安スマホだとLINEの年齢認証できないって本当?


スポンサードリンク


   

どうも。「LINE LABO」管理人です。

最近では随分と格安SIMのスマホを使っている方も増えてきましたよね。以前は、詳しい人でないと良く分からないイメージの強かった格安SIMスマホですが、種類も増えて大分身近なものになってきたような気がします。月々の支払額がグッと抑えられる格安SIMスマホはやはり魅力的ですよね。

しかし、格安SIMにも欠点があります。その中の1つがLINEの年齢認証ができないということ。

そこで今回は、格安SIMスマホだと本当にLINEの年齢認証ができないのか?その理由とは何か?などについて解説します。

スポンサードリンク

本当に格安SIMスマホだとLINEの年齢認証できない?具体的な理由

本当に格安SIMスマホだとLINEの年齢認証はできないの?と3大キャリアのスマホを使っていた方は不思議に思うかもしれませんね。それもそのはず、LINEの年齢認証は非常に簡単な作業です。まずは、LINEで行われる年齢認証の仕組みと、格安SIMスマホだとそれができない具体的な理由を解説します。

格安SIMスマホで年齢認証ができない理由

LINEの年齢確認ですが、実は3大キャリアの契約情報で年齢確認を行っています。使っているスマホとLINEとのやり取りに見えますが、年齢確認作業に入るとキャリアのログイン画面へと移る仕組みになっているんです。

キャリアのログイン画面に切り替わったらIDやパスワードを入力し、SMS経由で認証番号が送信されてLINEの年齢認証が完了します。しかし、格安SIMスマホだと3大キャリアとの契約ではないのでこの作業が進められず、年齢確認が取れません。

因みにdocomoでは、docomoと契約していなくてもdocomo IDを持つことができます。それでも格安SIMスマホからキャリアのログイン画面に移ってdocomo IDを入れられたとしても、docomoとスマホの契約をしているわけではないので情報がなく、年齢確認を取ることはできないので注意しましょう。

年齢認証できないとどうなるの?

LINEで年齢認証ができなくても、メッセージやトークなど基本的な部分は通常と同じように使用できます。ただし、LINEのID検索が利用できないので気を付けてください。

LINE IDと言えば、離れた場所にいる友達とも簡単に繋がれたり、掲示板を利用して友達を増やしたりなど様々な場面で役立つ機能です。それが使えないのは少し不便ですよね。

LINE ID検索が使えない時はどうする?

LINE ID検索が使えない時に便利な方法をご紹介します。確かに年齢認証を行わないとLINE IDを検索して友達と繋がることができませんが、他の方法を代用することも可能です。格安SIMスマホを使っている方は次の方法を試してみてください。

方法1:PC版のLINEを併用する

PC版のLINEは年齢確認をしなくてもLINEのID検索機能を使えます。そのため、どうしてもLINEのID検索をしたい方はスマホとパソコンのLINEを連携しておき、ID検索をする時はパソコン、普段はスマホ、という風にパソコンと併用して使いましょう。

方法2:LINEのURLを発行して連絡先交換をする

格安SIMスマホだとLINEのID検索を使えないだけでなく、自分もLINE IDの設定ができないため、友達に検索で追加してもらうこともできません。そのような時に使えるのが招待URLの発行です。パソコンを使わずにどこでもできる方法なので覚えておくと便利だと思います。手順は以下の通りです。

  1. LINEを起動する
  2. 画面右下の「その他」をタップ
  3. 「友達追加」をタップ
  4. 「招待」をタップ
  5. 「SMS」か「Email」を選択
  6. 招待したい友達を選ぶ

この方法を使えばLINE IDが使えなくても友達と繋がれるので便利です。ただし、事前にアドレスに友達の情報を登録しておく必要があることを覚えておきましょう。

また、アドレスに登録している友達なら、友達追加機能を使えば一人一人検索しなくてもまとめて追加できるので便利です。その他にも、同じ場所にいるのであれば「ふるふる」機能「QRコード」で繋がることもできます。

友達とLINEで繋がるには必ずLINE IDを交換しないといけないというわけではないので、その場の状況に合わせて上手に連絡先を交換しましょう。

格安SIMスマホを使っているけどLINE ID検索をする方法

格安SIMスマホを使っているけど、それでもLINE IDを使いたい方もいらっしゃいますよね。格安SIMスマホで年齢確認をする方法もないことはありません。ただ、裏技的な方法になってしまうので、あくまで自己責任で行ってくださいね。

3大キャリアのSIMを利用する

格安SIMスマホでも3大キャリアSIMを準備すれば年齢確認ができます。キャリアのSIMでLINEの設定をして年齢確認を済ませます。ID検索が有効になったことを確認したら、格安SIMに戻してスマホを再起動しましょう。こうすると、格安SIMに戻した後も年齢確認が取れており、ID検索ができます。

年齢確認用のSIMはわざわざ新しいものを用意しなくても、家族などに少し借りて設定が終わったら返すだけでも問題はありません。

まとめ

今回のテーマは格安SIMスマホを使った時に、LINEの年齢確認ができないという問題についてでした。

LINEの年齢確認ができていないとLINE ID検索が使えないので少し不便ですが、PC版LINEを併用したり、URL発行を使ったりすれば友達と連絡先を交換することが可能です。そのため、無理に年齢確認をしなくてもその他の方法を上手く使い分ければ問題はなさそうですね。

それでも年齢確認を済ませておきたい方は、三大キャリアを使っている友達や家族にSIMカードを借りるという方法もあります。年齢認証時にSIMカードを入れるだけで良いので、あくまで裏技となってしまいますが、気になる方はこの方法を試してみても良いかもしれません。

スポンサードリンク



 - LINE エラー不具合