2017年9月22日に発売されたiPhone8シリーズと、話題沸騰の中ついに2017年11月3日に販売がスタートしたiPhoneX。

誰もが欲しがっているのは間違いなくiPhoneXの方でしょう。

スマホは一度購入すれば2年〜4年は利用するものです。

「iPhoneXは高いしな〜…」と妥協して8シリーズを購入すると、2年後や4年後に新しい機種に買い替える時もまた同じことになりかねません。

少し値が張っても最新機種を購入すべきでしょう。

しかし…

「最新!」や「新機能!」などという触込みで発売されているものって何故か「ちょっと今回は様子見…」と先延ばしにしてしまいますよね。

今回の記事ではそんな迷いを吹き飛ばすくらいに

  • iPhoneX
  • iPhone8Plus
  • iPhone8

の3つについてご紹介していきます。

予約開始時から爆発的に売れている色や、それぞれの見た目、使いやすさの違いに関して徹底的に比較します!

1.iPhoneX、8、8Plusのカラー種類、人気はどれ?

iPhoneXは2色、8シリーズは3色

これまで機種によって様々なカラーバリエーションを展開してきたiPhoneシリーズですが、今回発売されたiPhoneXでのカラーは2種類、iPhone8シリーズではそれぞれ3種類のカラーバリエーションのスタートとなりました。(2017年11月現在)

iPhoneX シルバー
スペースグレイ
iPhone8 Plus シルバー
スペースグレイ
ゴールド
iPhone8 シルバー
スペースグレイ
ゴールド

今作のiPhoneを一言で表現するのであれば「高級感がスゴい!」です。

今までのiPhoneも様々な色が発売されてきましたが、若者にウケそうな真っ黒なブラックや、真っ白なホワイトが発売され、iPhone5cではブルー、グリーン、ピンク、イエローのカラーバリエーションが話題になりました。

過去のカラーを比べると、今回発売された完全に進化しています!

ブラックもゴテゴテのブラックではなく、シルバーもギンギンのシルバーではありません。

どちらともエリートサラリーマンや上品な大人の女性が持っていても恥ずかしくないようなシックなカラーになっています。

スーツ、ブランド品のバッグ、アクセサリー、洋服にスッと馴染むような協調性のある色合いが一つのオシャレアイテムとして使えそうなくらいの高級感を醸し出しています。

シルバー

iPhoneX

iPhoneXは全面の画面がフルディスプレイになっているため、ベゼル(額縁)部分があまり目立たないですが、シルバーのベゼル部分はブラックになっています。

つまり、表は黒縁、裏は光沢のある上品なシルバーというモノトーンカラーです。

背面も従来のアルミ製のモノからステンレス製の高級感溢れる仕様となったため、シルバーでありながらクリスタルホワイトのような高級感漂う作りになっています。

iPhone8Plus

iPhone8Plusのシルバーでは前面の画面に従来通りホームボタンがあり、ベゼル部分も従来のように上下と両端にスペースがあり、シルバーの場合はホワイト色となっています。

iPhoneXの場合は背面がシルバー、ベゼル部分がブラックのモノトーンカラーになっていますが、iPhone8Plusでは背面はシルバー、前面はホワイトとなっており、清潔感漂うクリーンなイメージになっています。

iPhone8

iPhone8は8Plus同様に背面はシルバー、前面のベゼル部分はホワイトになっており、ブラックの部分はありません。

全てのiPhoneを並べるとiPhoneXだけシルバーはベゼル部分がブラックになっているので、パッと見分けがつくようになっています。

(左:iPhoneX 中央:iPhone8Plus 右:iPhone8)

スペースグレイ

iPhoneX

スペースグレイは完全なブラックではなく上品でエレガントな漆黒をイメージさせる色で人気のあるカラーにも関わらずiPhone7シリーズでは発売されなかったカラーです。

今回からスペースグレイが復活し、注目を集めています。

iPhoneXのスペースグレイは背面はスペースグレイ、ベゼル部分はブラックとなっており、大人なイメージを醸し出すカラーとなっています。

iPhone8Plus

iPhone8PlusもiPhoneXと同様に背面スペースグレイ、ベゼル部分はブラックとなっています。

iPhone7シリーズのブラックと比べると、本体の質感も相まって格段に高級感溢れるカラーになっています。

※iPhone7シリーズ カラー:ブラック

やっぱりブラックを比べると今回から復活したスペースグレイの方が落ち着きが感じれられるカラーですね。

iPhone8

iPhone8もiPhoneX、iPhone8Plusと同様に背面がスペースグレイ、ベゼル部分がブラックとなっています。

iPhone8Plusと見分けるには大きさとカメラの形状を確認すればOKです。

ただし、iPhone8シリーズとiPhone7シリーズはかなり酷似しています。

※左:iPhone8 右:iPhone7

スペックは格段にiPhone8シリーズの方が優れているのに、「iPhone7の色違い?」と思われるのは少し悲しいですね。

iPhone8シリーズでブラックカラーがないのも、ブラックを発売してしまうと、余計にiPhone7シリーズと見分けがつかなくなる可能性を器具したという背景があるかもしれません。

だた、iPhone7シリーズではアルミ製のボディで、iPhone8シリーズからはステンレス製のボディなので、質感や触った感触は全く違います。

従来のアルミ製のボディはサラサラとした肌触りで操作中に落として画面を割ってしまう人が続出でしたが、iPhoneXや8シリーズのガラスのようなボディはキュッと指に引っ掛かって手の中にしっかりと収まります。

見た目だけでは伝わり辛いですが、分かる人には分かる仕様ですね。

iPhoneX、8Plus、8の3機種を並べても下記のように統一感があるカラーです。

ですがやはりiPhoneXはカラーでの差というより前面がフルディスプレイになっていることに目がいってしまい、それだけで独自性を発揮しています。

ゴールド

iPhone8シリーズのみで発売

ゴールドカラーはiPhone8シリーズ限定のカラーでiPhoneXでは現在発売されていません。

これまでiPhoneシリーズで登場したゴールドカラーはシャンパンゴールドのような色合いでしたが、今回はローズゴールドのような大人の女性に人気が出そうなカラーです。

※iPhone5シリーズのゴールド

これまでのiPhoneはアルミ製だったので電波を通すために上下部分に樹脂の白いラインを入れる必要がありました。

しかしiPhone8シリーズでは、ボディがステンレスになったこともあり、従来のiPhoneのデザイン性を損ねていた樹脂ラインが排除され、ゴールドのような上品なカラーに水を差すような白いラインは一切ありません。※もちろんiPhoneX、8シリーズ全てのカラー共通で樹脂ラインはありません!

全てが統一感に優れた綺麗なゴールドカラーでブランド品のバッグに入れていても完全に違和感が無い色になっています。

従来のゴールドカラーはどっちつかずの男性にも女性にも60点という感じの色でしたが、今回のゴールドは完全に女性をターゲットにした色合いになっており、「女性にとっては100点!」というイメージの色です。

人気のカラーはスペースグレイ!

発売直後の都心部の電化製品店の販売状況を見ると、スペースグレイが人気なことがハッキリと分かります。

※ヨドバシカメラ 新宿東口店

※ヤマダ電機 渋谷店

前作のiPhone7シリーズではシルバーとローズゴールドは発売されていましたが、スペースグレーは今作からの復活です。

ちなみに歴代のiPhoneカラーは下記の通りです。

機種 シルバー スペースグレイ ゴールド ローズゴールド その他
iPhone X × ×
iPhone
8 / 8 Plus
×
iPhone
7 / 7 Plus
× レッド
ブラック
ジェットブラック
iPhone
6s / 6s Plus
iPhone SE
iPhone
6 / 6 Plus
×
iPhone 5s × ブルー
グリーン
ピンク
イエロー
ホワイト
iPhone 5c × × × × ホワイト
ブラック
iPhone 5 × × × × ホワイト
ブラック
iPhone 4s × × × × ホワイト
ブラック
iPhone 4 × × × × ホワイト
ブラック
iPhone 3GS × × × × ホワイト
ブラック
iPhone 3G × × × × ホワイト
ブラック
iPhone(初代) × × × × シルバー
ブラック

過去にスペースグレイが発売されている機種はiPhone6シリーズとiPhoneSEのみとなっており、iPhoneシリーズの中では珍しい色として認識されていることが人気の理由の一つと言えるでしょう。

また漆黒のカラーはどんなファッションにも合わせやすいという利点もあります。

白に黒、黒に黒、赤に黒、青に黒、全てマッチングしますし、特に今回のスペースグレイはゴテゴテのブラックではなく高級感溢れる質感なのでさらに日常に馴染んでくれます。

また、iPhone8シリーズではiPhone7シリーズに酷似しているデザインですが、iPhoneXは本体のデザインがこれまでにない独特なモノなので、iPhoneXでスペースグレイ選べばiPhoneシリーズの中でも目立って独特なカラーとして周りの視線を集めます。

iPhoneXでゴールド発売の噂も!

カラーを見て誰しもが思うことのひとつは「iPhoneXではゴールドは発売されないの?」という疑問です。

「iPhone8と同じ素材を利用しているのに何でiPhoneXにはゴールドがないの?」と思う人も多いのではないでしょうか。

確かにその通りで、今後iPhoneXでもゴールドカラーの発売が行なわれる可能性があります。

下記の画像は「ブラッシュゴールド」というカラーでiPhoneXでの発売が噂されているカラーです。

今作からiPhoneのボディは従来のボディとは違い、Apple社が特許を取得した方法で作られています。

Apple社が“電子機器の外装ボディパーツを合金で作る技術を開発した”ということで、金属を混ぜ合わせる時に特殊な加工を施して金属を結晶化させるというものです。

つまり、従来のメッキ塗装ではなく、金属の組み合わせ次第で高級感溢れる、今までにない独特な光沢を放つカラーが発売される可能性があります。

現段階ではまだ噂程度なので何とも言えませんが、iPhoneXの売れ行き次第では今後カラーが増える可能性は十分感がえられます。

2.iPhoneX、8、8Plusでは見た目はどう違う?

前面、背面の独自性はiPhoneXが一強!

機種 iPhoneX iPhone8Plus iPhone8
見た目

前面と背面のパッと見の印象は絶対的にiPhoneXに独自性があります。

iPhoneXでは前面が全てディスプレイなので、それだけで独特であり話題性があり、意外性があります。

背面で見分けるにはカメラの形を確認することでどの機種かを確認することができます。

iPhoneXは縦のデュアルカメラ(レンズ二つ)

iPhone8Plusは横のデュアルカメラ

iPhone8はシングルのカメラがそれぞれ付いています。

iPhone8シリーズの見た目はiPhone7シリーズと全く同じです。

一方でiPhoneXのカメラは縦に配置されていて、これまでのシリーズのデザインとは一線を画す見た目となっており、前面も背面も「新機種」の何相応しい仕様です。

iPhone人口が爆発的に多い日本で、独自性の高いスマホを持ちたいのであれば選ぶべきはiPhoneX一択でしょう。

大きさ、重さもiPhoneXがシリーズ初のスペック

それぞれのスペックは下記の通りです。

機種 iPhone8
iPhone8Plus
iPhoneX
高さ 138.4 mm 158.4 mm 143.6 mm
67.3 mm 78.1 mm 70.9 mm
厚さ 7.3 mm 7.5 mm 7.7 mm
重さ 148 g 202 g 174 g

iPhoneXは他の2つの中間くらいのサイズになっています。

iPhone8シリーズはiPhone7シリーズとサイズはほぼ変わりません。

重さに関しては缶コーヒー1本が190gと考えると分かりやすいでしょう。

iPhone8Plusでは缶コーヒーより重く、iPhoneXでは缶コーヒーより軽い!というイメージでOKです。

歴代のiPhoneシリーズと比べてみると、下記のようになっています。

iPhone X、iPhone8~iPhone6
iPhone X 高さ 厚さ 重さ
iPhone8 143.6mm 70.9mm 7.7mm 174g
iPhone7 138.4mm 67.3mm 7.3mm 148g
iPhone6S 138.3mm 67.1mm 7.1mm 138g
iPhone6 138.3mm 67.1mm 7.1mm 143g
iPhone Plusシリーズ
iPhone8 Plus 158.4mm 78.1mm 7.5mm 202g
iPhone7 Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 188g
iPhone6S Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 192g
iPhone6 Plus 158.1mm 77.8mm 7.1mm 172g
iPhone SE、iPhone5~iPhone4S
iPhone SE 123.8mm 58.6mm 7.6mm 113g
iPhone5S 123.8mm 58.6mm 7.6mm 112g
iPhone5C 124.4mm 59.2mm 8.9mm 132g
iPhone5 123.8mm 58.6mm 7.6mm 112g
iPhone4s 115.2mm 58.6mm 9.3mm 140g

それぞれのシリーズは似通った数字ですが、iPhoneXではデザインが一新されたかのような新しい規格の数字になっています。

これまで発売されていたケースが利用できないというデメリットはありますが、裏を返せば新しいケースが発売され、多くの人が真似できない独自のデコレーションや見た目のスマホを持つことができるというメリットもあります。

iPhoneXのボディは小さいけどディスプレイはiPhone史上最大の大きさ!

iPhonePlusシリーズの本体が大きいメリットとして画面の大きさがあります。

しかし、デメリットとしては、

  • 片手で操作し辛い
  • ポケットに入り辛い
  • 片手でもっていると落としやすい

など強烈なデメリットがありました。

しかし、iPhoneXでは前面が全てディスプレイなので、本体は片手で操作できる大きさにも関わらずこれまで発売されたiPhoneシリーズの中でも最も大きいサイズ、5.8インチのディスプレイになっています。

それぞれのディスプレイのサイズは

  • iPhoneX
    =5.8インチ
  • iPhone8Plus
    =5.5インチ
  • iPhone8
    =4.7インチ

となっています。

しかもディスプレイ性能はiPhone8シリーズに比べ、iPhoneXが圧倒的に凌駕していて、画面のコントラスト(明るい場所と暗い場所の度合い)を表す「コントラスト比」は

  • iPhoneX
    =100万:1
  • iPhone8Plus、8
    =1,300:1

約770倍の差があります!

シリーズ史上最高の画面の大きさ、最高画質で楽しむ映画、カメラ、ゲームも他の機種とは比べ物にならないほど迫力があり、リアリティがあるものになります。

外部ボタン、Lightningコネクタ部分は全ては同じ、iPhoneXはホームボタン無し!

それぞれのiPhone本体外側に付いているボタンやLightningコネクタの位置は同じです。

iPhoneX

iPhone8シリーズ

iPhoneXではシリーズ初、ホームボタン無しという仕様です。

「ホームボタンが無いことで不便があるんじゃないの…?」という心配があるかもしれませんが、その心配は要りません。

従来ホームボタンでできていた操作は、iPhoneXでは下記のような操作に変わっています。

操作 従来のiPhone iPhoneX
ホーム画面に戻るには? ホームボタンを1クリック 下から上へスワイプ
開いているアプリを全部閲覧するには? ホームボタンをダブルクリック 下からスワイプ中に止める
コントロールセンターを呼び出すには? 下から上にスワイプ  上から下へスワイプ
Siriを呼び出すには? ホームボタンを長押し サイドボタンを長押し
ApplePayを利用するには? ロック中にホームボタンをダブルクリック→指紋認証 サイドボタンをダブルクリック→顏認証

全てがディスプレイなので、ディスプレイ操作になっていますが、iPhoneX自体がご紹介した通り片手で操作できる大きさなので、使い慣れればホームボタンがなくてもスムーズに利用することができます。

3.まとめ

外見のスペックまとめ

機種 iPhoneX iPhone8Plus iPhone8
カラー ・シルバー
・スペースグレイ
・シルバー
・スペースグレイ
・ゴールド
サイズ
高さ:143.6  mm
幅: 70.9  mm
厚さ:7.7 mm

高さ:158.4 mm
幅:78.1 mm
厚さ:7.5 mm

高さ:138.4 mm
幅:67.3mm
厚さ:7.3 mm
重量 174g 202g 148g
画面サイズ 5.8インチ
5.5インチ
 4.7インチ

内面のスペックまとめ

機種 iPhoneX iPhone8Plus iPhone8
容量 64GB
or
256GB
ディスプレイ Super Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ Retina HDディスプレイ
ディスプレイ
スペック
2,436 x 1,125ピクセル
・OLED(有機EL)
1,000,000:1コントラスト比
・最大輝度625cd/m2
・広色域ディスプレイ(P3)
・True Toneディスプレイ
HDRディスプレイ
・耐指紋性撥油コーティング
・3D Touch
・1,920 x 1,080ピクセル
・1,300:1コントラスト比
・最大輝度625cd/m2
・広色域ディスプレイ(P3)
・True Toneディスプレイ
・耐指紋性撥油コーティング
・3D Touch
・1,334 x 750ピクセル
・1,300:1コントラスト比
・最大輝度625cd/m2
・広色域ディスプレイ(P3)
・True Toneディスプレイ
・耐指紋性撥油コーティング
・3D Touch
CPUプロセッサ ・A11 Bionicチップ 6コア(2+4)
・組み込み式M11モーションコプロセッサ
・ニューラルエンジン
RAM
※プログラム(アプリ)の一時作業領域
3GB 2GB
メインカメラ
(背面カメラ)
・1200万画素
・広角:ƒ/1.8のレンズ
・望遠:ƒ/2.4のレンズ
・デュアル光学式手ぶれ補正
・クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
・4Kビデオ撮影
(24fps、30fpsまたは60fps)
ポートレートモード
ポートレートライティング
・1200万画素
・広角:ƒ/1.8のレンズ
・望遠:ƒ/2.8のレンズ
・光学式手ぶれ補正
・クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
・4Kビデオ撮影
(24fps、30fpsまたは60fps)
ポートレートモード
ポートレートライティング
・1200万画素
・ƒ/1.8・6枚構成のレンズ
・光学式手ぶれ補正
・クアッドLED True Toneフラッシュとスローシンクロ
・4Kビデオ撮影
(24fps、30fpsまたは60fps)
インカメラ
(前面カメラ)
・700万画素
・ƒ/2.2のレンズ
・1080p HD動画撮影
ポートレートモード
ポートレートライティング
アニ文字
・700万画素
・ƒ/2.2のレン
・1080p HD動画撮影
ワイヤレス通信スペック ・4G LTE-Advanced(最大800Mbps)
・MIMO対応802.11a/b/g/n/ac Wi-Fi
・Bluetooth 5.0
・GPS、GLONASS、Galileo、QZSS
・VoLTE
・リーダーモード対応NFC
・FeliCa
認証システム Face ID
第2世代 Touch ID
ワイヤレス充電 Qi充電器に対応
防水防塵性能 IP67等級
※国際電気標準会議(IEC)の定める保護等級
バッテリー性能
連続通話 最大21時間 最大21時間 最大14時間
インターネット 最大12時間 最大13時間 最大12時間
ビデオ 最大13時間 最大14時間 最大13時間
オーディオ再生 最大60時間 最大60時間 最大40時間
高速充電 30分で最大50%充電

iPhone8シリーズは2017年9月22日に発売され、iPhoneXは2017年11月3日に発売されました。

iPhone8シリーズの予約状況はかなり落ち着いてきましたが、iPhoneXに関しては現在予約すると12月受け取りや、場所によってはさらに先になる店舗も続出しているようです。

今回ご紹介したように、iPhoneXは従来のiPhoneシリーズからまさに「革命的な進化」を遂げた機種になっているので誰もがiPhone8シリーズをスルーしてiPhoneXを欲しがっています。

スマホは一度購入すると2〜4年間は利用するので妥協せずに一番欲しいもの、一番新しいものにするべきです!