iPhoneが発売されて数日経ちましたが、2017年11月9日現在iPhoneXの在庫状況を公開している店舗を見ると、どこも品薄です。

しかし、その中でも在庫があったり、受け渡し状況がスムーズな店舗もあります。

この記事ではiPhoneXの

  • 簡単に予約できる店舗はどこか?
  • 早く手に入れるためにはどうするのが一番良いのか?
  • カラーや容量(GB)によって手に入りやすさは違うのか?
  • 妥協してiPhone8シリーズにするのはアリなのか?

などについてまとめています。

最新機種はスピードが勝負!もたもたしているとiPhoneXが手に入るのが1ヶ月後…2ヶ月後…と、どんどん遅れてしまいます!

記事を参考にして即断即決して予約しましょう。

1.iPhoneXはどこで予約すればいい?どこで早く手に入る?

AppleがiPhoneXの発売を許可しているのは

  • docomo
  • au
  • SoftBank

の3社です。

その3社のケータイキャリアの代理店と提携している家電量販店などでは、ケータイキャリア同様にiPhoneXの予約を行なっています。

つまり、iPhoneXの販売を行なっているのは

  • ①家電量販店(ケータイキャリアと提携している店舗)
  • ②大手ケータイキャリア3社
  • ③Apple公式ストア

という大まかに分けて3つの店がiPhoneXの予約・販売を行なっています。

一見すると発売元のAppleや、Apple直属の販売店であるケータイキャリア3社での予約が一番手に入りそうな感じがしますが、実はそうではありません。

一番頑張ってiPhoneXの売上げを競っているのは家電量販店です!

つまり、家電量販店の動向をしることがiPhoneXを素早く手に入れるコツとなります。

①家電量販店

家電量販店と一言で言っても沢山ありますが、有名な店舗では

  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • ビッグカメラ
  • エディオン
  • K’s ケーズデンキ
  • コジマネット
  • カメラのキタムラ

などの店舗でiPhoneXの予約が開始されています。

この中でiPhoneXの販売に特に注力している店舗は

  • ヨドバシカメラ
  • ヤマダ電機
  • ビッグカメラ

上記の3店では、公式ホームページで特設ページを開設して、毎日iPhoneXの在庫情報を更新しています。

予約に関して透明性があるので、自分の自宅近くに上記の3店のいずれかがあるのであれば、ネット上で検索してみてください。

ヨドバシカメラ

ヨドバシカメラのiPhoneXのページはヨドバシカメラの公式ページからアクセスすることができます。

iPhoneXの特設ページにアクセスすると、注文フォームへ行くリンクと、全国のヨドバシカメラの在庫状況を確認できるフォームへ行くリンクの2つが表示されます。

在庫が確認できる店舗は下記の通りです。

エリア 店舗名
東京 新宿西口本店
マルチメディア新宿東口
マルチメディアAkiba
マルチメディア錦糸町
マルチメディア上野
マルチメディア町田
八王子店
マルチメディア吉祥寺
埼玉 さいたま新都心駅前店
マルチメディア宇都宮
神奈川 マルチメディア横浜
横浜駅前スマートフォン・携帯売場
アウトレット京急川崎
マルチメディア川崎ルフロン
マルチメディア京急上大岡
千葉 千葉店
新潟 マルチメディア新潟駅前店
福島 マルチメディア郡山
宮城 マルチメディア仙台
札幌 マルチメディア札幌
大阪 マルチメディア梅田
京都 マルチメディア京都
愛知 マルチメディア名古屋松坂屋店
福岡 マルチメディア博多

店舗を選ぶと、それぞれの店舗のiPhoneXの在庫状況を確認することができます。

2017年11月9日の段階でヨドバシカメラが公開している店舗でiPhoneXは全て品切れです。

しかし毎日こまめに更新しているので、自分の自宅近くの店舗を検索してみるのもいいでしょう。

ヤマダ電機

ヤマダ電機も公式サイトに特設ページを開設してiPhoneXに関する予約・在庫情報を毎日更新しています。

ただ、ヤマダ電機の場合は通常のサイトから入るとiPhoneXの特設ページへ入るバナーを見つけるのに苦労します。

上記の通常サイトの画面からiPhoneXのページを探すと時間がかかるのでオススメしません!

もしヤマダ電機が更新しているiPhoneXの予約・在庫状況のページを見たいと思ったら、検索エンジンで「ヤマダ電機 iPhoneX」と検索して一番上位に表示される下記のリンクをクリックしましょう。

すると一発で下記の画面がデカデカと表示されるので、在庫状況を調べたい場合は「予約・入荷状況のご確認」をクリックします。

もし予約したい場合は「オンライン予約はこちら」をクリックします。

在庫状況の確認はヤマダ電機の大型店舗の「LABI」に限定されているため、ネット上で在庫状況を確認できるのは下記の店舗です。

エリア 店舗名
宮城 LABI 仙台
東京 LABI1 日本総本店池袋
Concept LABI TOKYO
LABI LIFE SELECT 立川
LABI LIFE SELECT 自由が丘
LABI 品川大井町
LABI 吉祥寺
LABI 渋谷
LABI 新橋
LABI 秋葉原パソコン館
LABI 新宿東口館
LABI 新宿西口館
群馬 LABI1 高崎
千葉 LABI 津田沼
神奈川 LABI上大岡
愛知 LABI 名古屋
大阪 LABI1 なんば
LABI LIFE SELECT 千里
兵庫 LABI 三宮
広島 LABI 広島

2017年11月8日の時点で

  • Concept LABI TOKYO(東京都中央区 八重洲1丁目)
  • LABI LIFE SELECT 千里(大阪府豊中市 新千里東町1丁目)

2店舗にiPhoneXの在庫が確認できましたが、日付が変わった11月9日の時点ではiPhoneXはどの店舗でも予約待ちになっています。

ただしヤマダ電機が在庫状況を公開しているのはあくまでも大型店舗である「LABI」の店舗だけです。

予約自体はdocomoやau、SoftBankのキャリアのブースが店舗にあれば、その店舗を選んで予約することができます。

ビッグカメラ

ビッグカメラの在庫情報も特設ページで発信されています。

ビッグカメラの公式サイトに行くと、最初に表示される画面の一番上に、現在の特集記事が表示されます。

その中の一つにiPhoneXのバナーがあるのでそれをクリックするとiPhoneXの特設ページへ飛ぶことができます。

次に表示された画面の上部の「オンライン予約受付はこちら」をクリックすると

在庫確認ページやケータイ3キャリアの予約フォームなどに飛ぶことができます。

2017年11月8日時点では

  • ビッグカメラ天神1号店
  • ビッグカメラ天神2号店

2店舗のみにiPhoneXの在庫が確認できましたが、11月9日現在では在庫はなくなっています。

しかし一方で11月9日現在では「ビッグカメラ広島駅前店」でiPhoneXの在庫が確認できました!

在庫はiPhoneXのau機種、スペースグレイ、64GBです。

上記のようにiPhoneXの競争率はまだまだ高いので、前日あった在庫がなくなったり、突然入荷されたりということが繰り返し行なわれています。

一番確実なのは、一店舗に絞ってすぐに予約してしまうことでしょう。

家電量販店での予約方法

家電量販店の予約方法は概ね同じです。

Step1:公式サイトにアクセスする

Step2:受けとる店舗を選ぶ

Step3:docomo、au、SoftBankのキャリアから一つを選ぶ

Step4:キャリア毎の必要情報を入力して予約する

という方法です。

その際、docomo、au、SoftBankではそれぞれ下記のものが必要になります。

docomoで予約・契約時に必要なもの

【オンラインご予約時に必要なもの】
・契約者氏名と連絡先電話番号、メールアドレス
・ログイン時に「dアカウント」か「ネットワーク暗証番号」が必要。
※「dアカウント」をお持ちでない方は、簡単な入力で発行することができます。

auで予約・契約時に必要なもの
【オンラインご予約時に必要なもの】
・契約者氏名と住所、連絡先電話番号、生年月日、連絡先メールアドレス
※パスワードの設定が必要です。
SoftBankで予約・契約時に必要なもの

【オンラインご予約時に必要なもの】
・契約者氏名と生年月日、連絡先電話番号、メールアドレス
・機種交換の場合には契約携帯電話番号

【ご契約時に必要なもの】
・受付完了メール(または受付完了画面を印刷したもの/控え)
・ご本人様確認書類(原本をご持参ください)
・機種変更する場合には、現在ご使用中の端末(iPhone / スマートフォン / 3G携帯電話)

どの家電量販店から予約したとしても、最終的にはそれぞれのキャリアの予約フォームのページに行き着くので、入力することは変わりません。

機種変更の場合は約5分、新規契約の場合は10分〜15分程度の入力で予約を完了させることができます。

オンラインで予約する場合の注意点!予約はあくまでも『仮予約』

今回ご紹介したiPhoneXを予約できる店舗は沢山あって、目移りしてしまうかもしれません。

「あ!ここ早く届きそう!」といって予約した後に、「あ!こっちの方がもっと早く届きそう!」と重複予約してしまいたくなります。

しかし、予約は最終的にケータイキャリア会社へ情報が集められるので、重複予約したことは登録した本人情報で分かってしまいます。

そうするとどうなるかというと、予約をし直すともう一回最初から順番待ちをしなければいけない状態になります!

つまり、せっかく行列にならんだのに、もう一回列の一番後ろに並んでしまうようなものです。

くれぐれも重複予約は避けましょう。

また、予約ができたからと言って「よかった〜予約できた〜」と安心するのも禁物です。

予約が完了したあと、iPhoneXが店舗に届くと、予約した人へ「入荷案内メール」が届きます。

家電量販店のほとんどは、そのメールが届いてから3日以内に契約や受け取りをしなければキャンセル扱いにされてしまいます!

例えばヨドバシカメラでは取り置き期間は「3日間」となっています。

予約した場合はメールがメールフォルダーに入っていないかなどをコマメにチェックして見逃さないようにしましょう。

運が悪ければ、すぐに手に入ったかもしれないチャンスを逃して、また2〜3週間待たなければいけなくなる可能性があります。

一番早く手に入るのはヨドバシカメラ!?

iPhoneXが欲しい人が一番気になるのは「どこで予約すれば一番早く手に入るの?」という疑問でしょう。

今回紹介した3つの家電量販店の同じ場所の在庫状況を比べると、下記のようになります。

※2017年11月9日現在

iPhoneX予約者への受け渡し完了状況
※ヨドバシカメラ:マルチメディア新宿東口の場合
カラー 容量 docomo au SoftBank
スペースグレイ 64GB 11/4(土)
までに予約した方
11/7(火)
までに予約した方
11/2(木)
までに予約した方
256GB 10/27(金)
までに予約した方
11/6(月)
までに予約した方
11/8(水)
までに予約した方
シルバー 64GB 10/29(日)
までに予約した方
11/7(火)
までに予約した方
11/4(土)
までに予約した方
256GB 10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
ヤマダ電機:LABI 新宿東口館
スペースグレイ 64GB 10/28(土)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
256GB 10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
シルバー 64GB 10/28(土)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
256GB 10/28(土)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
ビックカメラ:ビックロ ビックカメラ新宿東口店
スペースグレイ 64GB 10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
256GB 10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
シルバー 64GB 11/3(金)
までに予約した方
10/28(土)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
256GB 10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方
10/27(金)
までに予約した方

新宿東口だけに絞ってみて見ると、明らかにヨドバシカメラで予約した人たちはスムーズにiPhoneXを手に入れていることが分かります。

店舗によってばらつきはありますが、全体を通して受け渡し状況が良好なのはヨドバシカメラです!

しかし人によっては

  • このカラーが良い!
  • 容量は絶対256GB!
  • キャリアは絶対変えたくない!

という方もいるので中々想い通りにスムーズに手に入らないこともあるでしょう。

そんな方がiPhoneXを最速で手に入れる方法は『できるだけ早めに予約する!』という一点になります!

もちろんヤフオクなどで誰かが売り出しているものを購入する方法もありますが、正規の値段で正当に購入したいのであれば、一番手っ取り早いのはすぐに予約してしまうことです。

予約をしていればもしかしたらキャンセルが出てすぐに手に入る可能性があるし、レジに並ぶ感覚で、すぐに並んだ人が結局一番早く手に入れることができます。

②ケータイキャリア3社

Apple社からiPhoneXの販売を認められているdocomo、au、SoftBankの3社の予約や在庫状況に関してです。

家電量販店はこの3社と提携してiPhoneXを販売しているので、一見すると家電量販店で購入するよりもケータイキャリアのショップで購入する方がすぐに手に入る気がするかもしれません。

しかし、実際は下記のようになっています。

docomo au SoftBank
在庫状況の確認 できません できません できません
在庫無しの場合 要予約 要予約 要予約
受け渡しのおおよその日数 非公開 非公開 非公開

ケータイキャリア会社で予約する場合のデメリットは、現在の受け渡し状況が確認できないことです。

例えば家電量販店であれば、過去や現在の在庫状況から「この店舗ならすぐに手に入りそうだな」というのが何となく分かりますが、ケータイキャリア会社は3社とも在庫状況、受け渡し状況を公開していません。

なので、予約した場合は入荷案内メールをひたすら待つしかありません。

それもそのはず、ケータイキャリアの店舗数は下記のようになっています。

  • docomoショップ
    =2,445店舗
  • auショップ
    =2,518店舗
  • SoftBankショップ
    =2,601店舗

この莫大な店舗の在庫状況を全て掲載するのはかなりの労力になるため、それぞれのケータイキャリアは在庫状況やiPhoneXの入荷情報を一般的に公開していません。

ですので、コマメに情報をまとめて公開し、販売促進に繋げている家電量販店の方がiPhoneXを購入する際には情報の透明性と安心感があります。

例えば下記の画像はdocomoの公式サイトでiPhoneXを購入しようとした時の画像です。

購入しようとすると、「在庫なしのため、購入できません。」と赤字で表示されます。

「予約の場合はこちら」などの文字も見当たりません。

しかし、画面をよく見ると、小さな文字で「予約する」と書いている場所があります。

ここから予約することができますが、分かり辛くてあまり親切な設計ではないですよね。

ですので、キャリアのショップで購入したい場合は、一度自宅近くの店舗に電話で問い合わせて「iPhoneXを今予約すると、どのくらいで手に入りますか?」などと聞いてみると良いでしょう。

もし明確な答えを貰えなかった場合は、受け渡し状況がハッキリわかる家電量販店での予約をオススメします。

③Apple公式ストア

Apple公式ストアでは、在庫状況を常に更新しています。

ここまでご紹介した中で一番在庫状況の確認が簡単です。

iPhoneの公式サイトからiPhoneXのページを開き、「購入」をクリックします。

次に表示される下記のページで「選択」をクリックします。

それぞれの容量の下に「在庫状況を確認」というリンクがあるのでクリックします。

在庫状況確認のページで、在庫状況を確認したい地域の郵便番号を入力すると、入力した郵便番号の地域の近くにあるAppleストアの在庫が表示されます。

都内のAppleストアを検索してみましたが、在庫は見当たりませんでした。

Appleストアで購入する場合の注意点

Appleストアでの本体価格は各キャリアよりもやすくなっています。

例えば、iPhoneXの値段は

  • docomoはAppleより約3,000円高い
  • auはAppleよりも約6,000円高い
  • SoftBankはAppleよりも約9,000円高い

という値段設定になっています。

キャリア 64G 256G
Apple 12万1,824円 14万184円
docomo 12万5,064円 14万3,856円
au 12万8,160円 14万6,400円
SoftBank 13万1,040円 14万9,280円

価格差は各キャリアでも概ね同じです。

「え!じゃあAppleストアで購入した方がお得じゃん!」と思うかもしれませんが、ケータイキャリアにはそれぞれプラン選択によって本体代金の割引が適用されます。

例えば、それぞれのケータイキャリアの実質負担額はおおよそ下記のようになります。

キャリア
(機種変更の場合)
64GB 256GB
Apple(SIMフリー) 121,824円 140,184円
docomo 68,472円 86,832円
au 64,080円 82,320円
SoftBank 63,600円 81,840円

また、Appleで本体のみ購入した場合、各キャリアで別途契約が必要になってくるので時間や手間もかかります。

「SIMカードを差し替えるだけだから、本体だけ欲しい!」という人以外はAppleでの購入はオススメしません。

Appleストアの在庫状況では出荷日は「3~4週間」となっているので、Appleストアで予約すると、約1ヶ月後の到着となります。

家電量販店やケータイキャリアに比べて到着が遅いので早く手に入れたい場合もAppleストアでの購入はオススメ出来ません。

素早く手に入れたいなら家電量販店で早く予約!

ここまでの情報をまとめると、iPhoneを予約できるのは

  • 家電量販店
  • ケータイキャリア会社
  • Appleストア

と大まかに分けて3つで、在庫状況が細かくチェックできるのは家電量販店とAppleストアです。

特にヨドバシカメラでは全体的な受け渡し状況が良いので、一番早く手に入りやすくなっています。

何にせよ、iPhoneXをいち早く手に入れる唯一の方法は「素早く予約する」ということです。

レジに並ぶ感覚で、少しでも早く並んだ人から順番に手に入っていきます。

これからの時期クリスマスやお正月、冬のレジャーに向けて、過去最高スペックのカメラを搭載したiPhoneXはできるだけ早く手に入れておくことをオススメします。

2.iPhoneXは容量やカラーで手に入りやすさは変わる?

iPhoneXの人気カラーはスペースグレイ!

iPhoneXの人気カラーはスペースグレイです。

これまでのシリーズで「シルバー」というカラーはほぼ常連として毎回ありましたが、スペースグレイに関しては

  • iPhoneSE
  • iPhone6シリーズ
  • iPhone8シリーズ

でしか発売されていない色で、ほぼ同時期に発売されたiPhone8シリーズを除けば、過去は2シリーズでしか発売されていません。

ですので、いわゆる「レアカラー」として、iPhoneXではスペースグレイの売れ行きが良くなっています。

各サイトの在庫状況を見てみても、スペースグレイの予約状況は非常に混雑していることが分かります。

iPhoneXは2017年10月27日16時より予約がスタートしましたが、スペースグレイは予約開始直後に予約した人にしか行き渡っていない店舗がほとんどです。

 

ですので、比較的手に入りやすいカラーはシルバーの方が手に入りやすいです。

「う〜ん…早く手に入れるためにはカラーを妥協するか…」と悩む方もいるかもしれませんが、iPhoneXは前面がフルディスプレイです。

なので、スマホケースに入れてしまえばカラーはほとんど意味がなくなってしまいます。

シルバーもスペースグレイもベゼル(画面の縁)部分はどちらともブラックなので、ケースに入れてしまえば見た目はほぼ変わりません。

特にこだわりがないのであれば、素早く手に入れるためにシルバーを選ぶことをオススメします。

256GBより64GBの方が手に入りやすい!

iPhoneXを販売している店舗は全体的に容量の大きい256GBのiPhoneXの在庫が不足しています。

それもそのはず、iPhoneXはiPhone8シリーズより格段に画質やカメラのスペックが良くなっていたり、本体自体の処理速度が早くなっているので

  • 写真
  • 動画視聴
  • ゲーム
  • アプリ利用

全てがスムーズに且つ高性能な状態で利用することができます。動画では4Kの映像もとることができるので、並大抵の容量ではすぐいっぱいになってしまいます。

なので、64GBではいつか「足りない!」という状態になります。

容量とそれぞれの使用メモリの関係は下記のようになっています。

写真
(iPhone撮影)
1枚=約2~3MB 1000枚=約2~3GB
動画
(iPhone撮影)
4k:1分=約400MB
音楽
(iTunes)
1曲=約5MB 1000曲=約5GB
映画
(iTunes)
720p:2h=約3~5GB 1080p:2h=約4~6GB
アプリ 約1GB程度
ゲーム 約1~2GB

例えば、256GBのiPhoneXで4Kの動画を撮影する場合、10.7時間分の動画が記録できますが、64GBのiPhoneXでは2.7時間分の動画しか記録できません。

動画以外にも音楽やアプリなどを利用していると、すぐに64GBは空きがなくなってしまいます。

ですので、注文は256GBに殺到してます。

裏を返せば、そんなに動画を撮影しない人や、外付けのHDDを持っていて、コマメにデータを移動する人であれば64GBは狙い目です。

早く手に入れたいのであれば64GBを選ぶのも良いでしょう。

2017年11月9日現在で検索してみても、64GBであれば予約から3〜4日後には手に入れられる店舗もあります。

3.iPhoneXは予約のみ?在庫がある店舗はどこ?

大都市の店舗在庫あり!

ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ビックカメラの3店の在庫状況を調査したところ、2017年11月8〜9日の間で

  • 東京
  • 名古屋
  • 広島
  • 福岡(天神)

の店舗でiPhoneXの64GB、256GBの「在庫有り」を確認しました。

しかし、翌日にはその在庫もなくなっているので、毎日状況は刻々と変化しています。

ですが、統計的に、首都圏や大都市のショップでは比較的早く入手できる傾向にあります。

「iStockNow」で全国の在庫を確認できる!

在庫を探す方法として、英語サイトになりますが「iStockNow」という全世界のAppleストアの在庫を検索できるサイトがあります。

検索エンジンで「iStockNow」と検索して一番上に表示されるサイトをクリックします。

在庫を検索したいApple製品を選びます。今回は「iPhone」を選択します。

右手に世界地図が表示されているので、スクロールして日本に照準を合わせます。

機種と容量、カラーを選ぶと、在庫があるAppleストアにピンがドロップされます。

拡大してピンをクリックすると、その店舗の在庫状況が表示されます。

英語サイトですが、感覚的に簡単に検索できるので、一度利用してみることをオススメします。

注意点としては、Appleストアの在庫しか確認できないことと、表示では「在庫あり」となっていても、実際の店舗に行ってみると、実際は売り切れているというラグがあるので

  • 在庫のある店舗を調べる
    →「在庫あり」になった店舗に問い合わせて確認する

というステップを踏むのが確実です。

Appleストアでの購入を検討している人は是非利用しましょう。

4.iPhoneXを予約したらいつ届く?

予約して届くハッキリした日数は店舗ごとによって異なります!

店舗によっては3〜4日で届く店舗もあれば、3〜4週間かかる店舗もあります。

各サイトでは「入荷日についてのお問い合わせにはお答えすることはできませんのでご了承ください」と記載している店舗がほとんどです。

ですので、1日でも早く手に入れたいのであれば、受けとる店舗を決めて素早く予約することです!

在庫状況が細かく検索できる家電量販店では、在庫を期待して探してしまいがちですが、最終的に早く手に入れる人は、早めに予約の列に並んだ人です。

迷っているうちに次々と列は長くなっているので早めに予約しましょう。

Appleはあえて品薄にして購買意欲を高める「品薄商法」を狙っている可能性があるので、今後もiPhoneXの在庫は少しずつしか入荷されないことが過去の事例から予測されます。

5.iPhone8/8Plusの予約状況は?iPhoneXとどちらがオススメ?

iPhoneXと8シリーズスペック違いまとめ

iPhoneXの予約ページと同じページに必ず記載されているのがiPhone8シリーズです。

「iPhoneXが予約できないからiPhone8シリーズでも良いかな…」と思ってしまう人もいるかもしれません。

そんな方のためにスペックをまとめました。

iPhoneX/8/8Plusのスペック比較

比較してみると分かりますが、iPhone8はiPhone7シリーズのマイナーチェンジという感じでそこまで変わった印象はうけません。

iPhone8PlusはiPhoneXの劣化版という感じでイマイチです。

iPhoneXはiPhone史上初の規格サイズで、顔認証システムやフルディスプレイなど、これまでのiPhoneシリーズにはない新機能が多くついており、Appleの掲げる「革命」の名にふさわしい機種となっています。

どうせ買うなら確実にiPhoneXをオススメします!

キャリア毎の利用料金まとめ

下記は各キャリアで

  • 機種変更
  • 通信料5GBのプラン
  • オプション、下取りサービスなどはなし

という内容で契約した場合のiPhoneXの月額料金シュミレーションです。

【iPhoneX】
キャリア docomo au SoftBank
容量 64G 256G 64G 256G 64G 256G
機種代金 2,853円 3,618円 5,340円 6,100円 5,460円 6,220円
通信料 7,560円 7,560円 5,918円 5,918円 5,400円 5,400円
合計 1万413円 1万1,178円 1万1,258円 1万2,018円 1万860円 1万1,620円

月額料金であれば、docomoが一番安いですが、それぞれのキャリアのiPhone8シリーズの月額料金の差額は

  • iPhone8PlusはiPhoneXより500円安い
  • iPhone8はiPhoneXより1,500円安い

という内容で、スペックに対して変化する値段が違うので、どうせこれから2年〜4年間持つのであれば、少し高くても現段階で最高スペックのiPhoneXを購入するべきです!

6.まとめ

iPhoneXが発売して1週間ほど経ちましたが、未だに販売スピードは衰えるところを知りません。

全国のiPhoneX販売店では予約が殺到して常に在庫不足の状況です。

「発売から少し時間がたったらすぐ手に入るようになるだろう」と思うかもしれませんが、Apple社が意図的に販売台数を抑えてくることが考えられます。

分かりやすい例えでいうと、ニンテンドーDSなどでもありましたが、意図的に販売台数を減らして「貴重なもの」「中々手に入らないレアなもの」というイメージを与えてさらに販売台数を延ばす方法です。

何かイヤな感じがしますが、そんなことは抜きにしてもiPhoneXは絶対に手に入れるべきスペックです!

今後発売されるiPhoneも恐らくiPhoneXのようにフルディスプレイになることが予想されます。

今のうちに慣れておくことも考えて、できるだけ早めに手に入れておきたい機種です。

予約は

  • 家電量販店
  • ケータイキャリア会社
  • Appleストア

で行なうことができます。

一番早く手に入れる方法はものすごくシンプルで、どれだけ早く予約するかがカギになってきます。

購入する店舗を決めて一気に予約してしまいましょう。