私は外に出かけた時やiPhoneやパソコンを使っていて、見たかったテレビ番組を見逃すことが多いです。

皆さんはそんな経験はありませんでしょうか?

パソコンのモニタ画面と同時に、テレビを視界内に写したいとき、外に出かけているとき、iPhoneでテレビが見たいと思うことがあります。

様々な方法で、iPhoneでテレビを見ることは可能ですので、iPhoneでテレビを見る方法をご紹介していきたいと思います。

1. チューナー無しでiPhoneから無料でテレビを見る方法

iPhoneでテレビを見る方法

世界基準の機体であるiPhoneには、日本特有の《ワンセグ》《フルセグ》といった機能はついていません。

ですので、専用の機械をiPhoneに接続したり持ち歩くことで、テレビ(地上波・BS/CS)を見ることが可能になります。

専用の機械のことを《チューナー》といいます。

iPhoneの場合、チューナーを別途買うことにより、テレビ(地上波・BS/CS)が見られるようになります。

持ち運びが出来る物、iPhoneに接続して使う物、据え置きで使う物、様々なチューナーがありますが、それぞれに特徴があります。

チューナーすべてに言える事は、チューナーを別途買うことになりますので、無料というわけにはいかないということです。

チューナーを使わずにiPhoneで、テレビを無料で見る方法としては、インターネットを使ってサイト上で見る方法、無料アプリを使う方法があります。

データ通信を使って、テレビを見る方法になりますので、Wi-Fi環境下またはLTE・3G回線を使った方法になります。

スマホ《ワンセグ》は、テレビ(地上波・BS/CS)を見ること自体は無料でできますが、CM、付随した文字広告先へのアクセスや番組表の取得などのサービス(無料通信で番組表を取得できるものもあります)、テレビ以外のアクセスには通信料が掛かりますので、Wi-Fi環境化でなかった場合、高額な通信料を請求されることがあります。

上記の点はiPhoneでも同じことが言えますのでご注意ください。

また、テレビ(地上波・BS/CS)をチューナーを使わず、無料で見ようとする際には、何かしらの制限が掛かっていることが多いのですが、専門チャンネルなど代わりになるチャンネルが多いですので、一度はお試しください。

初めに無料でテレビを見る方法からご紹介していきたいと思います。

iPhoneを使って無料でテレビを見るためには、インターネットを使った方法と無料アプリを使った方法があります。

メリット・デメリットがありますので、ご紹介していきたいと思います。

インターネットを使って無料でテレビを見る方法

始めに、言っておきたいことがあります。

この方法は、かなり黒に近いグレーなゾーンであり、私が知る範囲の情報では、あまりおすすめできません。

だったら初めから紹介するなよ・・と思われると思いますが、(iPhone テレビ 無料)などで検索いたしますとこの情報は出てきますので、参考までにといった形で、ご紹介させていただければと思います。

海外のサイトを利用することで、日本のテレビをインターネット上でみることが出来ます。ですが・・・

これは、著作権的に、サイトの運営者がコンテンツの著作権の保持者に、許可を取ってあるのかを確認するすべが視聴者にはありません。

著作者から許可を得ていないコンテンツの配信は、違法性がありますので、自己責任という形になります。

ですので、テレビを見られるサイトをご紹介することは、ここでは致しませんが、ウィルスの感染や情報を抜き取られる可能性を考えますと、もし現段階で危険性がないとしても、使用することは、私はおすすめできません。

インターネット上で、日本のテレビが見られるサイトは、現れては消えていっている現状ですので、いつまで使えるかも分かりませんし、ご使用になられる際は、これらのことを踏まえて自己責任となります。

無料アプリを使って、テレビを見る方法もありますので、私はそちらをおすすめしたいと思います。

無料アプリを使ってテレビを見る方法

Apple Storeを使って無料アプリをダウンロードし、テレビを見る方法があります。

日本・海外のテレビを見ることが出来るアプリ

これはボックスのタイトルです。
日本テレビ、テレビ朝日、TBS、テレビ東京、民放5社が放送中の一部テレビ番組が無料配信されています。
見られるテレビ番組は限られますが、見逃した番組などを時間を気にせず見ることが出来ます。
挿入されるCMが多いことがデメリットになります。
これはボックスのタイトルです。
完全無料でネットTVを視聴できるアプリ。会員登録不要で手軽に多くのチャンネルを見ることが可能です。
特にアニメとドラマに力を入れています。専用チャンネルが多く、趣味に生きている方におすすめできます。
地上波などは人気番組を見ることが出来ます。
無料では録画などの機能は使えませんので、リアルタイムで見る必要があります。海外では使えませんし、CMをスキップすることも出来ません。

などがあります。また、専用番組であれば、どれも無料で見放題なアプリがあります。

これはボックスのタイトルです。
エクストリームスポーツ専門放送
これはボックスのタイトルです。
海外ドラマ専用チャンネル
これはボックスのタイトルです。
世界のニュース専用

 

などは専門チャンネルを放送しています。

データ通信を利用したサービスになりますので、Wi-Fi環境下であれば問題ありませんが、そうでない場合(LTE・3G回線)はデータ通信量に注意していただき、ご使用ください。

2. iPhoneでテレビを見るために必要なおすすめのチューナーとは?

チューナーはiPhoneに接続して使うタイプ。
据え置きでそこから専用アプリを介してiPhoneでテレビを見るチューナー。
持ち運びが出来るチューナーの3種類に分かれます。

その中で《フルセグ》対応のものと《ワンセグ》のみ対応のものの2つに分かれています。

iPhoneに接続できるタイプのチューナーのおすすめ

ピクセラ iOS対応テレビチューナー PIX-DT350-PL1

価格: ¥ 8,570(2017/2/9現在)

iPhone専用設計で、フルセグとワンセグを状況により自動で切り替えながら、地デジ放送を見られる機能があります。
本体に内蔵されたライトニングコネクタを、iPhoneにさしこめば受信できる仕組みになっています。
電波の強いところではフルセグに、電波の弱い屋外などではワンセグになります。
付属のアンテナ変換ケーブルでご自宅のアンテナにつなぐことで、フルセグ放送を安定してみることも可能です。

この製品は地上波のみBS/CSは見ることが出来ません。

専用アプリをインストールすることで操作します。

バッテリー充電式になりますので、1度の充電でフルセグ受信時は約4時間、ワンセグ使用時で約6.5時間使用できます。
充電にはUSB電源アダプターやパソコンにUSB接続することで充電でき、約2時間で充電が完了します。

屋外や、出先で少しだけテレビが見たいとき、何かをしながらテレビかみたいときに使用する使い方がコンセプトの製品です。

ポータブルチューナーのおすすめ

サンワダイレクト iPhone&Android ワンセグチューナー 無線 録画対応 高感度ロッドアンテナ&据え置きアンテナ付属 400-1SG003

¥ 8,880(2017/2/9現在)

ワイヤレスなのでケースをつけた状態でも問題無く使えますし、見ている間のiPhoneの取り扱いがとても楽です。

受信機を電波のよい窓際に設置することで、安定した放送受信が可能です。

録画ボタン一つで録画も可能です。放送中の番組を巻き戻して見ることが出来る機能が付いています。

こちらの製品は《ワンセグ》専用ですので《フルセグ》は見られません。

電波受信範囲は最大8Mまで電波を飛ばせます。

ご自宅のテレビ線に接続も出来ますし、電波を受信するアンテナをアタッチメントとして別に設置することも可能です。

視聴時間は1回の充電で3.5時間 充電時間は3.5時間(完全に充電がなくなった場合)になります。

据え置き型チューナーのおすすめ

ピクセラ テレビチューナー PIX-BR310W

¥ 12,198(2017/2/9現在)

専用のアプリを使って、テレビを操作します。録画時に裏番組の録画ができるWチューナー搭載です。

《モバイルTV(StationTV)》(価格:300円)を使えば、自宅Wi-Fi内だけでなく、外出先においても、iPhone/iPadを使ってのエリアフリー視聴に対応します。(Wi-Fi環境下、LTE・3G回線でも視聴可能)

ご自宅のパソコンでもテレビを見ることが可能になります。

(地上波・BS・CS)すべて見ることが可能です。別にハードディスクを用意することで、録画が可能になります。充電などは気にする必要はありません。

 

チューナーを使用すれば、Wi-Fi環境下でストレスなく、地上波・BS/CSが出先でも見れますし、パソコンの画面と一緒にiPhoneでテレビを見ることも可能です。

現段階では完全に無料で、すべての番組をiPhoneで見ることは難しいです。(もしくは危ういグレーゾーンで視聴)

ですので、iPhoneで(地上波・BS/CS)を楽しみたいと思われましたら、チューナーのご購入を検討されるのがよろしいかと思います。

私の場合、無料アプリの専門チャンネルのみで十分ですので、特にチューナーの必要性は感じませんが・・・あくまで一個人の意見ですので・・・

今回ご紹介した内容が、皆様の使用目的に合った方法をご紹介できていたなら、幸いです。