年に1度は新作も登場しているiPhoneですが、画面サイズに迷って機種変更を躊躇していませんか?

同じタイミングで違う画面サイズのものが発売されているので、私に合ったサイズってあるの?という方も多いと思います。

ここでは、そんなあなたの使用方法に合わせた画面サイズの特徴をお教えします!機種変更の前に、それぞれの特徴を抑えておきましましょう!!

iPhoneの画面サイズは大きく分けて3種類!それぞれ画面の大きさを比較してみた

iPhone 5、5S、5CやiPhone SEは4インチ、iPhone 6、6S、7は4.7インチ、iPhone ○ Plusシリーズは5.5インチ、と、数字だけで見てもなんとなく大きくなっているんだなーといった感覚でしかありませんよね。

なので、画像で比較してみました。

やはりPlusシリーズはかなり大きくなっていますね。友人が初めてPlusシリーズを手にしていたときに驚いた記憶もあります。

私もつい先日まで5Sから7に変えたのですがそれでも少し大きく感じます

いずれは慣れるのでしょうが、まだ新鮮さが残っています。

iPhoneの画面サイズは何インチがおすすめ?

そろそろ機種変更しようかなと思っているあなたへ、それぞれの画面サイズの特徴をお教えいたします。ぜひご検討にお役立てくださいね。

≪4インチ≫

4インチの特徴はなにより、小さいおかげの操作性ではないでしょうか。手が小さい女性の方でも片手で画面の隅まで操作できますよ。

今や普及したスマホにとっては忘れがちな魅力ですよね。また、スーツのジャケットの胸ポケットに入れても全部すっぽり入ってしまいますし、ジーンズのポケットに入れても邪魔にならないのがこの4インチ。

しかしながら、一時期は「画面が大きいスマホが正義」と言わんばかりの時期もありましたので、文字の見にくさは否めません

あと、ゲームアプリなども、大きなサイズのスマホに合わせて制作しているものもありますので、横向きに両手で扱うゲームアプリなどはやりづらいですね。

≪4.7インチ≫

現行モデルのiPhone7でも採用されているこの4.7インチですが、一言で言えば丁度よいサイズ感です。両手で操作しても違和感はないですし、手の大きな男性の方などは片手での操作もできます。

手の小さい方でも、今はホームボタンを二度タップすれば画面上側が真ん中部分まで降りてきますよ。電車で片手は吊革につかまっていても手を放す必要はありません。便利な機能が増えましたね。

また、横向きにしたときのキーボードの表示が少し増えています。カーソルキーや「.(ドット)」など、使用頻度が多いものが、切り替えをせずとも表示されています。また、インターネットなどの表示領域も若干は増えますし、ゲームアプリもしっかりできます。

しかし、そのわずかなサイズアップですが、ジャケットの胸ポケットに入れると少し顔を出しますし、ジーンズのポケットに入れてみると、ちょっと主張が激しくなったような印象ですね。

≪5.5インチ≫

なにより「デカい」の一言に尽きるこのPlusシリーズ。手の大きな男性の方でも片手で操作するのは難しいかも。手の小さい方は潔く諦めて両手で操作することをおすすめします。

何よりのメリットは画面の見やすさです。4インチのiPhoneと比べると差は歴然、1ページに見ることができる情報量がかなり増えます。横向きのゲームも操作しやすく、たくさんゲームをする方にはもってこいのサイズ感です。

実は、5.5インチのPlusシリーズ、若干ながらバッテリー持ちもよくなっていますよ

しかし、携帯性の面では、ジャケットの胸ポケットからは完全にはみ出てしまい、ジーンズのポケットに入れようものなら折れてしまいそう。

なにより、画面が大きいため落としやすいという面が最大の弱点。今は、画面がバキバキになってしまったiPhoneユーザーもよく見かけますよね。Plusシリーズにはカバンが必需品になるでしょう。

それぞれどんな人におすすめ?

サイズも違って機種変更したいけど使いづらかったらいやだなというあなたに合わせた機種選びをお教えいたします。

≪4インチ≫

今までのサイズ感に慣れすぎて、iPhone自体のサイズ感を変えたくない方や、普段はカバンを使わないからポケットに収めて出かけたい方、常に手荷物を持って出かけるため、電車内などで、片手だけでしっかり操作したい方へおすすめです。

iPhone 6シリーズが出た後にiPhone SEが出たのでケースの種類もまだ豊富にありますよ

しかし、容量が16GB or 64GBのため、たくさんの音楽や写真データなどを全部入れておきたい方には容量が少ないでしょう。

≪4.7インチ≫

iPhone 6、6S、7のこのサイズは、ポケットにも収まりますし、画面も大きくなっているので、両手打ちや横向きでもしっかり使えます

あまりこだわった使い方がない方などにはおすすめの、いわゆる万能型です。

ケースも現行サイズということだけあってたくさんありますし、最近増えてきた、キャラクターや動物などをかたどった、かなり大きめのiPhoneケースに入れても問題はありません。

男女ともに使い勝手の良いサイズ感です。

≪5.5インチ≫

iPhone Plusシリーズのこのサイズは、基本的に両手で打つ方や、ゲームや動画をよく見る方におすすめです。小さめのiPadとしてとらえてもよいですね。

しかし、ポケット収納は厳しいので、カバンを常に持ち歩くようにしないと使い勝手が悪くなりそうです。動画を見る機会が多い方はスタンド機能付きのスマホケースと組み合わせると、なお使いやすくなるでしょう。

まとめ

この記事を見ておけば、機種変更して持って帰った後に、やっぱりこっちのほうが良かった!とならずに済みますね。

それぞれのサイズによっていろんな特徴があるので、ここで情報を得た後に、実際にショップや知人や家族に触らせてもらえたら、なお良いですね!

それでも決めきれないよ…という方は真ん中サイズのiPhone 7をおすすめします。機種変更して最初は慣れないかもしれませんが、毎日肌身離さず持ち歩くものなので、徐々に慣れてきますよ。