無料、有料問わず、App Storeには多くのアプリがあります。

人気だから、魅力的だと思ったから、友達に勧められたから等々、色々な理由でアプリをインストールしますよね。

しかし、使い勝手が悪い、飽きた、容量を空けたいなどの理由から、アプリを削除したいと思われることもあるでしょう。

そんなときの対処法をご紹介します。

通常のアプリ削除の手順

ホーム画面に表示されているアプリをどれでも良いので、「長押し」します。
するとアプリのアイコンがぶるぶる震えて、左上に×マークが表示されます。その×マークをタップすると、「”○○(アプリ名)”を削除しますか」と聞かれますので、「削除」をタップします。
これで、削除完了です。

長押ししても全部のアプリが×マークでない!iPhoneアプリ削除できないのはなぜ?

最初からインストールされているアプリ(電話やメッセージ、カメラ等)は、削除できません。
それ以外のアプリは、機能制限でアプリの削除がロックされている可能性があります。
「機能」→「一般」→「機能制限」を確認して下さい。ONになっている場合は、「機能制限」をタップします。そうすると、「機能制限パスワード」を聞かれますので、入力して下さい。「ロック解除パスワード」ではないので、注意して下さい。入力後、「Appの削除」をオン(写真の状態)にして下さい。
「機能制限パスワード」を忘れた場合、iPhoneの初期化しか方法はないので、注意して下さい。

 一部のアプリだけ長押ししても×マークがでない!消せないアプリあるの?

はい、あります。それは、上記で述べている電話やメッセージ、カメラ等、最初からインストールされているアプリです。これに該当するアプリは長押ししても削除できません。その代わり、先ほどの「機能制限」でオフにすれば、一部のアプリはホーム画面から非表示にすることは可能です。

長押し以外の方法でアプリを削除する方法

iTunesを使った方法もあります。まずiTunesとiPhoneを接続して下さい。そして「App」をクリックすると、
インストールしたことのあるアプリ一覧と、現在お使いのiPhoneのホーム画面が表示されます。
消したいアプリの横にある「削除」をクリックし「削除する」に変わったことと、パソコン上のホーム画面からアプリが消えたことを確認して下さい。
後はiPhoneの容量領域横にある「適用」ボタンをクリックし、同期を完了させれば終了です。

 

いかがでしたでしょうか。上記の方法でほぼ、最初からインストールされているアプリを削除可能です。
できない場合は1度iPhoneを再起動させて、再度上記の方法をお試し下さい。
また、「機能制限」ですが、カメラやApp Storeの表示(アプリのインストール、削除、アプリ内課金)をホーム画面から非表示にすることは可能ですが、電話やメッセージ等、項目に上がっていないアプリは非表示にできません。
やっぱりもう1度削除したアプリをインストールしたい場合は、App Storeの「購入済み」から再ダウンロードできますが、データは最初からになります。前に使っていたデータは使えません。ゲーム等で課金していた場合は残念ながら引き継げません。ご注意下さい。

あるいは1つのアプリを指で押さえたまま、もう1つのアプリの上へ持っていくことで、フォルダができます。
これを利用して、使わないアプリをまとめて端に置いておくか、または、フォルダを指で押さえたまま、右下の方へ持っていくと違うページへ飛ぶことが出来るので、使っていないページへ置いておくことで、疑似的ではありますが、使わないアプリを見えないようにすることができます。

App Storeには豊富なアプリがあります。積極的に、興味を持ったアプリをダウンロードして、快適なiPhoneライフをお送り下さい。