飛行機に乗ったりショッピングをしたりして貯めていくマイル。必要なマイルが貯まれば、飛行機が無料で乗れる特典航空券と交換することができます。

マイルの貯め方として人気の方法のひとつが、ハピタスを使った貯め方です。ハピタスで貯めたポイントをANAマイルやJALマイルに交換することで高額のマイルを貯めて、マイルだけで飛行機に乗って旅行に行ってしまうという人もいます。

今回は貯めたハピタスポイントをどうやってANAマイルやJALマイルに交換するのか、どっちのマイルに交換したほうがいいのかなどをまとめました。

ハピタスのポイントを直接マイルに交換することはできない

ハピタスでは広告を利用して貯めたポイントを様々なものに交換することができます。
基本的に1ポイント=1円での交換となり、現金や電子マネー、ギフト券や本・CD・DVDなどが交換先となっています。
以下が交換先一覧です。

  • 各種銀行/信用金庫/ゆうちょ銀行
  • Amazonギフト券
  • iTunesギフト券
  • nanacoギフト
  • ドットマネーギフトコード
  • 楽天スーパーポイント
  • 楽天Edy
  • Web Money
  • Bit Cash
  • Pexポイント
  • NetMile
  • ちょコムポイント
  • Mobageモバコインカード
  • ハピタス堂書店(本・CD・DVD)
  • zoto(ゾートー)

これを見て気付く方もいると思いますが、ハピタスの交換先にはANAマイルやJALマイルは含まれていません。つまりハピタスポイントを直接ANAマイル/JALマイルに交換することはできないということになります。

ハピタスで貯めたポイントをANAマイルに交換する方法(ソラチカルート)

ハピタスポイントをANAマイルに交換するためには他のポイントを経由する必要があります。
最もお得で人気のある方法が「ソラチカルート」を使う方法です。この方法では、ハピタスポイントをドットマネーポイント、メトロポイントと変えていき、最終的にソラチカカードを使ってANAマイルに交換するという方法です。

ソラチカカードとは

ソラチカカードとはANAカードのひとつで、JCBブランドのクレジットカードです。特徴としては、1枚でOki Dokiポイント、フライトマイル、メトロポイントを貯めることができることに加え、これらのポイントを相互交換することができることが挙げられます。

ソラチカカードを使うことでメトロポイントからANAマイルへと交換することができます。

ソラチカカード
http://www.to-me-card.jp/campaign/tome_ana/

なぜメトロポイントを経由するの?

ドットマネーの交換先にANAマイルはあるのに、どうしてわざわざメトロポイントにしてからANAマイルに交換するんだろう?と疑問に思う方もいるかもしれませんね。
実は、メトロポイントを経由することには大きな理由が存在します。

メトロポイントからANAマイルへ交換する時の交換レートは90%ということです。
これはかなり高レートです。

メトロポイントを経由せずドットマネーからANAマイルへ交換すると300マネー=85マイルとなってしまいます。約28%ですね。

せっかく貯めたポイントはできるだけお得に交換したいと思うのが普通ですよね。ソラチカカードを使用するソラチカルートでは、とてもお得にハピタスポイントをANAマイルにすることが可能です。

ソラチカルートでの交換には制限がある

残念ながら、ソラチカルートでの高レート交換はいくらでもできるわけではありません。
1ヶ月にメトロポイント20,000ポイントまでの交換、つまり18,000マイルまでしか交換することができません。

もし、制限ポイントに達してしまった場合は、メトロポイントを経由せずにドットマネーから交換するなど他の方法を考える必要があります。

ハピタスで貯めたポイントをJALマイルに交換する方法(ドットマネールート)

JALマイルについてもハピタスの直接の交換先にはありません。
ハピタスポイントをJALマイルに交換するには、ドットマネーを経由する「ドットマネールート」を使います。

ハピタスでドットマネーにポイントを交換し、ドットマネーからJALマイルに交換します。ひとつのポイントを経由するだけでいいので手間はそれほどかかりません。

ドットマネーから交換する場合、ANAマイルは300マネー=85マイルですが、JALマイルは500マネー=260マイルとANAマイルよりも高いレートで交換できます。

ANAマイルとJALマイルはどちらに交換すべき?

おすすめはANAマイルです。
やはり90%の高レートで交換できるというのはかなりお得です。同じ額のポイントを交換してもJALマイルとは約1.8倍ほどもの差がついてしまいます。

さらに、ソラチカカードでもマイルを貯めることができる点も魅力的です。
ショッピングをしたり、飛行機や電車に乗るだけでマイルが貯まっていきます。

JALマイルにもメリットがある!

交換レートが高いというのが大きく、ANAマイルをおすすめしてきましたが、JALマイルにも大きなメリットがあります。以下で紹介します。

交換日数が少ない

JALマイルはANAマイルと比べて、ハピタスポイントからの交換日数が少ないです。
ANAマイル約123日かかるのに対し、JALマイルは約23日となっているため、早くマイルを手に入れたいという方には適していると言えます。

ハワイに行きたいのであればJALマイル

旅行と言えばハワイがやはり人気ですよね。
マイルで航空券を無料で手に入れてハワイに旅行が行きたい!という場合、JALマイルをおすすめします。

理由としては、ANAマイラーは数がとても多く、ハワイのような人気の場所に行きたいと思っても、席がすぐに満席になってしまう可能性が高いです。
せっかくポイントを貯めても、すぐ満席になって飛行機に乗れなかったら、どんなに貯めてもあまり意味はありませんよね。