陸マイラーというワードを知っていますか?これは飛行機に乗らずにマイルをためる人のことをいいます。中には年間30万ほども貯める陸マイラーも存在するようです。

実は、ハピタスを使えば誰でも陸マイラーになることができます。ハピタスの直接の交換先としてはANAマイルもJALマイルもありませんが、複数の他社ポイントを経由することで交換することが可能です。

今回は、ANAマイルとJALマイルへの交換方法やどちらがお得なのかについて説明していきます。また、東京−大阪、大阪−札幌、東京−沖縄の3区間の往復するための特典航空券に必要マイル、また、飛行機に乗った時に貯まるフライトマイルについても記載しています。

ハピタスで貯めたポイントはANAとJALどちらに交換するのがお得?

航空券の購入などにも使えるANAマイルやJALマイル。どちらに交換するのがお得なのでしょうか?

交換レートと交換に日数の2つのポイントから評価していきます。

交換レートが高いのはANAマイル!

交換レートはANAマイルの方が高いため、お得だと言えます。

交換レートとは、1ポイントが何円(何マイル)で交換できるかのレートです。
例えば、交換レートが100%であれば、1ポイント=1円(1マイル)となります。交換レートが50%だと、1ポイント=0.5円(0.5マイル)と交換時に半分の価値になってしまいます。

ANAマイルは、交換レート90%で交換することができます!
JALマイルは50%なので、1.8倍も換金率がいいんですよね。貯めたポイントはできるだけ効率よく交換したいとみなさん思うはずです。
そういった点では、JALマイルよりもANAマイルをおすすめします。

ANAマイルへの交換方法

交換レート90%(1ポイント=0.9マイル)で交換できると紹介したANAマイル。
しかし、実はハピタス自体の交換先にはANAマイルは無いんです!つまりハピタスから直接ANAマイルへ交換することはできないということですね。
では、どのようにすればハピタスポイントをANAマイルへ交換することができるのでしょうか?

ANAマイルへの交換は、ドットマネーと東京メトロポイントを挟むことで可能となります。
まず、ハピタスポイントを直接交換できるドットマネーポイントに交換します。この時点では交換レート100%で交換できます。
次に、交換したドットマネーポイントを更に東京メトロポイントに交換します。この交換も交換レート100%です。
最後に、東京メトロポイントを「ソラチカカード」を使ってANAマイルへと交換します。このカードを使うことで交換レート90%で交換することが可能です。

ソラチカカードについて

ソラチカカードでは、ANAマイルとメトロポイントの相互交換が可能となります。
更に、ショッピングをしたり、飛行機に乗ったり、電車に乗ることでそれぞれOki Dokiポイント・ANAマイル・メトロポイントが貯まります。
Oki DokiポイントももちろんANAマイルやメトロポイントに移行可能です。

ソラチカカード
http://www.to-me-card.jp/campaign/tome_ana/

一点だけ注意することがあります。
実は、ソラチカカードでは1ヶ月に20,000メトロポイントまでしかANAマイルに交換することができないんです。交換レート90%なので、ANAマイルでいうと1ヶ月に18,000マイルまでしか交換できないんですね。
ハピタスの1ヶ月の交換ポイント上限は30,000ポイントなので、上限まですべてANAマイルへ交換するということはできません。

しかし、上限があるとはいえ、毎月18,000マイル貯めていけば1年間で216,000マイルとなります。これだけあれば家族で旅行が行けてしまいますよね。

JALマイルは交換にかかる日数が少ない!

JALマイルは交換レートが50%だしあまり交換先として良くないのではないか?と思ってしまうかもしれません。
しかし、JALマイルへ交換するメリットもあるんです。

JALマイルへの交換はANAマイルへの交換と比べて、交換日数が少ないという特徴があります。
具体的には、ANAマイルの交換期間が約123日なのに対して、JALマイルの交換期間は約23日となっています。

これは、JALマイルへの交換はドットマネーポイントをJALマイルへ交換できるため経由するポイントが少ないのが理由となります。

ANAマイルの場合
ハピタス→ドットマネー→東京メトロ→ANAマイル

JALマイルの場合
ハピタス→ドットマネー→JALマイル

たしかにJALマイルでは貯めたハピタスポイントが半分になってしまうという点がありますが、できるだけ早くマイルが欲しいという方にはJALマイルへの交換をおすすめしたいと思います。

東京−大阪、大阪−札幌、東京−沖縄の3区間の往復マイル数の違いについて

東京−大阪大阪−札幌東京−沖縄の3区間の往復するための特典航空券に必要マイル、また、飛行機に乗った時に貯まるフライトマイルについてANAとJALでそれぞれ比較してみました。
(ここではエコノミークラスでの正規運賃かつレギュラーシーズンで購入することを前提とします。)

ANAマイル

<東京−大阪>
貯まる:560マイル
必要:12,000マイル

<大阪−札幌>
貯まる:1,332マイル
必要:15,000マイル

<東京−沖縄>
貯まる:1,968マイル
必要:15,000マイル

JALマイル

<東京−大阪>
貯まる:560マイル
必要:12,000マイル

<大阪−札幌>
貯まる:1,332マイル
必要:15,000マイル

<東京−沖縄>
貯まる:1,968マイル
必要:15,000マイル

ここで気付いた方もいるかもしれませんが、ANAもJALもフライトマイル・特典航空券ともに同じマイル数となっています

実は「マイル」とは距離を表す単位で、1マイル約1.6kmとなっています。飛行機に乗った距離が何マイルかでフライトマイルが計算されていきます。
計算方法はANAもJALも同じなので、比較しても差がでないんですね。計算方法は以下の通りです。

  • フライトマイル=搭乗区間の区間マイル×利用運賃のマイル積算率

結論としては、ANAマイルもJALマイルもフライトマイルの貯めやすさは変わらないということになります。