iPhone/Apple

iPhoneのiOS10.2バッテリー減りが早い・表示がおかしい不具合の対処法

投稿日:

2016年12月13日にiPhoneでのアップデートが可能となったiOS10.2ですが、iOS10以降問題とされていたバッテリー関係の不具合については、依然改善されていない様子です。

そこで今回は、iOS10.2にアップデート後、バッテリーの減りが早い・表示がおかしいといった不具合が生じた方のために、有効だと思われる対処法をご紹介します。

あらかじめ断っておきますが、ご紹介した対処法で必ず改善されるわけではありません。ご自分で出来る対処法として、参考程度に考えて下さい。

⇒モッピーで貯めたポイントをLINEポイントに交換できるって知ってた?10万円分のポイントを貯める方法について

iPhoneのiOS10.2でバッテリーの減りが早い・表示がおかしい不具合の対処法まとめ

まず、対処法をご紹介する前に確認してほしいことが、アップデートしてからの日数です。アップデートしてから数日は、iPhone本体が新しいiOSを適用するために、内部で色々と機能を働かせています。

そのため、バッテリーの消耗が一時的に増加するので、数日しか経っていない方は、少し様子を見て下さい。

アップデートしてから1週間以上経ったのにバッテリーの減りが早い・表示がおかしいという方は、対処法を参考にしてみて下さい。

また、対処法と言っても機種によっても方法は異なりますし、対処法自体も数多くあります。

「自分の持っているiPhoneの対処法はどこで調べれば良いのか?」「どの対処法が良いのか?」と悩んでしまう方も多いはずです。

ここでは、比較的どの機種でも共通して出来る対処法の中で、有効であると考えられる対処法をまとめてあります。

  • 対処法1~4は、バッテリーの減りが早い・表示がおかし、両方の場合に対応している方法です。
  • 対処法5、6は、バッテリーの消耗を抑える方法です。

出来るだけわかりやすくご説明するつもりですが、自分で出来る・理解できると思った方法を試してください。

対処法1 再起動をしてみる

対処法として1番初めに試して頂きたい方法です。最も簡単で、ポピュラーな方法です。手間も掛かりませんし、データが消失する等のリスクが低いです。

手順は下記の通りです。

  • ①電源ボタンを長押しする(スリープボタンのことです)
  • ②電源オフのスライドが表示されるので、スライドさせる。(これが出れば成功です)
  • ③再度電源ボタンを長押しする
  • ④4ケタのパスコードを入力する

再起動0
イメージとしてはパソコンを想像してください。パソコンはインストールやアップデートした場合、再起動して適応させます。iPhoneは電話機能の付いたパソコンだと思って良いです。

そのためか、意外とこの方法で改善されることが多いです。

※機種によって電源ボタンの場所が違いますが、本体上部か右側に付いています。

電源ボタン

対処法2 強制終了をしてみる

対処法1で改善されなかった場合に試して下さい。こちらもポピュラーな方法です。手間はかかりませんし、リスクが低いです。

再起動と違う点は、作業中のデータが消えてしまう可能性があるので、作業中の場合は完了してから行うように注意してください。

手順は下記の通りです。

  • ①電源ボタン(スリープボタン)とホームボタンを同時に長押しする※10秒程で電源が落ちます
  • ②自動的に立ち上がり、アップルのロゴが出ます
  • ③4ケタのパスコードを入力する

基本的に考え方は再起動と同じですが、再起動で改善されなくても、なぜか強制終了で改善されるという場合があります。

こちらの場合は強制終了ですので、頻繁に使うのはあまりおススメ出来ません。

※iPhone7の場合は電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しで、出来ます。

再起動2

対処法3 設定をリセットしてみる

こちらの対処法は、今お使いのiPhoneの設定を初期化する方法です。設定のみを初期化するので、データ自体に影響はありません。

手順は下記の通りです。

  • ①ホーム画面の「設定」アイコンをタップする
  • ②設定画面の「一般」をタップする
  • ③一般画面の一番下「リセット」をタップする
  • ④リセット画面一番上の「すべての設定をリセット」をタップする
  • ⑤4ケタのパスコードを入力する
  • ⑥メッセージが出てくるので、リセットを選択

設定リセット
アップデートすると殆どの場合、新機能が追加されます。機能を使わないとしても、アップデートした瞬間から設定がONになっていることが多いですし、それが原因で不具合を起こしている可能性もあります。そのような設定もリセットされますので、改善される場合があります。

こちらの対処法は、設定関係が初期化されます。必要なモノは再度設定し直さなくてはいけませんので、操作後に少々手間がかかることを予め覚えておいて下さい。

※リセットによって消えるのは、主に下記の設定です。

  • ・画面の明るさ
  • ・位置情報
  • ・Wi-Fiの設定
  • ・アラームの設定
  • ・パスコードロック
  • ・アクセシビリティ

対処法4 初期化して新しいiPhoneとして復元する

こちらの対処法は、データと設定の全てをリセットしてしまいます。予めiCloudかiTunesでバックアップを取って置いて下さい。これを忘れてしまうと電話帳、写真、音楽、メールなどの大切なモノが消失してしまいます

手順は下記の通りです。

  • ①バックアップを取る
  • ②~④は対処法3と同じ手順です
  • ⑤リセット画面の上から二番目の「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップする
  • ⑥4ケタのパスコードを入力する
  • ⑦メッセージが出てくるので、消去を選択
  • ⑧取って置いたバックアップから復元を行う

完全リセット
iPhoneを購入時の状態に戻しますので、改善される可能性が高いです。

最初に書いた通り、絶対にバックアップを忘れないでください。また、初期化後に復元することも忘れないでください。この方法はやることも多いですし、リスクもありますので、あまり使用したくない対処法です。最終手段だと思って頂いて構いません。

※iPhoneの初期設定時にiCloudのアカウントを同時に作成している方が多いので、iCloudでのバックアップのやり方だけ説明しておきます。参考にしてください。

  • ①Wi-Fiに接続する
  • ②「設定」をタップした後、設定画面の「iCloud」をタップする
  • ③iCloud画面の「バックアップ」をタップする
  • ④バックアップ画面の「iCloudバックアップ」がONのなっているのを確認
  • ⑤「今すぐバックアップを作成」をタップ(※バックアップには少々時間がかかります。)

対処法5 バッテリーの使用率が高いアプリの使用を抑える

こちらの対処法は、バッテリーの消耗を抑える方法です。

バッテリーを一番消耗させるのがアプリです。普段どのアプリでバッテリー消費が高いのか知ることが出来れば、そのアプリの使用を制限することで、バッテリーの消耗を抑えることが出来ます。

確認方法は下記の通りです。

  • ①ホーム画面の「設定」をタップする
  • ②設定画面の「バッテリー」をタップする

バッテリー消費量
バッテリー画面の下の方に、アプリ一覧とアプリの右に○○%と表示されます。

24時間と1週間の使用率を確認することが出来ますので、使用率が多いアプリの使用を抑えてみてください。

もし表示されない場合は「バッテリー残量(%)」が現在OFFに設定されているので、タップしてONに設定して下さい。1日経つと使用率が表示されるようになります。

対処法6 バックグラウンドの更新を見直す

バックグラウンドって何?と思う方のために、すごく簡単に説明しますが、見えていない部分のことを指す言葉です。

アプリによっては、自動的に通信を行って更新や通知をしています。更新や通知の時にバッテリーを消費してしまいますので、滅多に使用しないアプリのバックグラウンド更新をOFFにすることでバッテリーの消費を抑えることが出来ます。

手順は下記の通りです。

  • ①ホーム画面の「設定」をタップする
  • ②設定画面の「一般」をタップする
  • ③一般画面の「Appのバックグラウンド更新」をタップする

バックグラウンド1
Appのバックグラウンド更新の画面下にアプリの一覧が表示されます。

最初は、表示されたアプリ全てがONになっています。ここで更新の必要がないと判断したアプリをOFFにしましょう。

また、もう絶対に使わないと断言できるアプリに関しては、iPhoneの容量を確保することも出来るので、削除することをおススメします。

iPhoneのiOSをダウングレードできる?できない?

結論から言うと、ダウングレードする方法はありますが、残念なことに現在は、ダウングレードすることが出来ません。

ダウングレードには、ファームウェア(IPSW)ファイルというiOSのオペレーティングシステムが必要になります。

IPSWのダウンロードページから、ダウングレードしたい、現在使用しているデバイス(iPhoneのことだと思ってください)に対応するiOSを探し、ダウンロードします。この時、Appleが使用を許可しているiOSはIPWSファイルをダウンロードできますが、許可していないと出来ません。

IPSWのダウンロードページを確認したところ、現在iOS10.2より前のiOSは全て許可されていませんでした。どうやら、最新のiOSが配信されてから数か月で前回のiOSを許可しなくなると考えられます。

IPWSぺーじ
今後ダウングレードを考える方のために方法だけ説明しておきます。

流れとしては下記の通りです。

  • ①iCloudとiTunesでバックアップを取って置く
  • ②「iPhoneを探す」をONにしている場合はOFFにしておく
  • ③パソコンで、IPSWダウンロードページから使用しているiPhoneのiOSを選択し、ファイルをダウンロードする。(IPSWダウンロードページはネットで検索すればすぐ出て来ます)
  • ③iPhoneとパソコンをケーブルで接続し、iTunesを開く
  • ④iTunes上で該当するiPhoneを選択する
  • ⑤Macの場合は「Option」キー(Windowsの場合は「Shift」キー)を押しながら「iPhoneを復元」をクリックする
  • ⑥③でダウンロードしたファイルを選択する

以上の手順でダウングレード出来ます。ダウングレードすると不具合が発生する可能性がありますので、もしダウングレードするときは自己責任で行って下さい。

まとめ

対処法を見てもわかるように、アップロードによる不具合は、iOSが上手く適応していないことが原因と考えられます。個人でどうにも出来ない問題ですが、最新のiOSが配信されてもすぐにアップロードせずに、少し周りの反応を見ることで多少の予防と対策になります。

また、今回の対処法について個人的な意見ですが、対処法1~4で改善されない場合は、バッテリーの寿命か、iPhone本体の端末が不具合を起こしている可能性が考えられます。

2年以上使用している方はバッテリー交換を考えてみて下さい。

1年未満の方は、普通に購入していれば1年保証が付いているので、Appleに連絡して症状を伝えれば無料で交換してもらえる可能性があります。早めに連絡して下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

⇒モッピーで貯めたポイントをLINEポイントに交換できるって知ってた?10万円分のポイントを貯める方法について


⇒LINEブロックされた??絶対バレずに確認する8つの方法[2017年最新]


⇒LINE通話は無料でもパケット通信料はかかる?何分で何円?


⇒LINEで嫁に浮気をバレないようにトークをすべて隠す方法


⇒LINEトーク[退出しました][メンバーがいません]理由と対処法まとめ


⇒LINEトーク通知がこない・遅い・メッセージが表示されない不具合の原因と対処法


⇒友達ウケ最高のおもしろいLINEひとことを102個まとめてみた


スポンサードリンク

スポンサードリンク

-iPhone/Apple

スポンサードリンク


⇒モッピーで貯めたポイントをLINEポイントに交換できるって知ってた?10万円分のポイントを貯める方法について